Top > ほっそり牧師


ほっそり牧師

Last-modified: 2019-10-22 (火) 21:05:20

「ちっちゃな機関車に会いに行くんだ。」
原作25巻のほっそり牧師(右)TV版長編第14作のほっそり牧師

名前ほっそり牧師/オードリー/ウィルバート・オードリー
英名The Thin Clergyman/Awdry/Wilbert Awdry
性別
原作:(ジャケット&シャツ&眼鏡の縁)+草色(ベスト)+薄灰色(ズボン)+(襟)
TV版:(ジャケット&シャツ&眼鏡の縁)+灰色(ベスト)+薄灰色(ズボン)+(襟)
所属鉄道イギリス国鉄
原作初登場巻第22巻『小さな機関車たち』※第5巻『やっかいな機関車』で正式初登場前にカメオ出演している。
原作初台詞「ありがとう。でもそれは後にして下さい。今は日が照っていて写真を撮るのに都合が良いんです。」
TV版初台詞「ふ~ん…。」樫井笙人さん初台詞
「タンク機関車の写真はもう沢山持ってるんだ。」※正式並びに江原正士さん初台詞
「どうも。」鈴木清信さん初台詞
「ん?」祐仙勇さん初台詞
「あぁぁぁぁ!!」酒巻光宏さん初台詞
一人称
説明・『汽車のえほん』の作者、ウィルバート・オードリー本人。
性格・趣味に熱中するタイプ*1
・慎重な所も有る。
原作での経歴・『汽車のえほん』は彼がソドー島に行って取材した話を絵本にした設定で、劇中では原作第22巻アールズデール鉄道を訪ね、原作第25巻デューク捜索隊に加わったが、この時にアールズデールの機関車達から絵本に出してくれと頼まれた。
TV版での経歴・TV版では第20シーズンで初登場する。
長編作品での経歴長編作品初出演となった長編第11作の序盤では、重機のオリバーに退くよう怒鳴ったバーティーに難色を示し、終盤では新しく開通した支線の式典に参加していた。
長編第12作では、ミスター・パーシバルと一緒に行動する場面が多く、「グレート・レイルウェイ・ショー」を観覧していた*2
長編第14作の序盤では、エースと衝突し掛けたり、の匂いに悶絶したりと散々な目に遭っていたが、終盤では帰島したトーマスを見て喜んでいた。
他キャラクターとの関係ヒューゴに乗った事がある。
トーマスに文句を言われた事がある。
太っちょ牧師と共にスカーロイジェームスを撮影した事がある。
・また、友人から「滅多に見られない・珍しい」と言われている路面機関車トビーの写真を撮った後、トーマスに文句を言われ、の写真も撮ってあげた事がある。
アールズデール鉄道ではバートの走行風景を写真に収める為にを追っている途中、誤って泥水をかけてしまう。その後、友人と謝罪をし、お詫びにを綺麗にしてあげた。
・原作ではパーシーと面識がある。
エースと危うく衝突しそうになった事がある。
ニアとは、トーマスを通じて知り合った。
人間関係太っちょ牧師は友人。
ウィリーに「スピードの出し過ぎだ」と注意した事がある。
トップハム・ハット卿トップハム・ハット卿のお母さんハット卿夫人ノランビー伯爵とスティーブンとブリジット会話はないが、面識はあり、共にハーウィック線の開通式に出席したりロッホ城の新年祝賀会に出席した事がある。
ミスター・パーシバルとはスカーロイ鉄道写真を撮って回っていた時に知り合ったらしく、一緒に「グレート・レイルウェイ・ショー」を観覧した事がある。
大きな帽子を被った女性と会話はないが、一緒に駅で列車が来るのを待っていた事がある。
関連項目ウィルバート・オードリー
英米版CVロブ・ラックストロー第20シーズン-長編第14作
日本版CV樫井笙人長編第11作
江原正士第20シーズン第21シーズン
鈴木清信長編第12作
祐仙勇長編第13作
酒巻光宏長編第14作
参照画像TV版長編第14作でトーマスの帰島を喜ぶほっそり牧師(ナップフォード駅の5番線)TV版長編第14作で帰島したトーマス手を振るほっそり牧師(ナップフォード駅の5番線)





*1 実際、バートが挨拶しても返事をしなかったが、悪気があってした訳ではない。
*2 但し、台詞があるのは日本版のみ。