トップハム・ハット卿のセダン

Last-modified: 2020-05-20 (水) 23:57:42

原作第5巻のトップハム・ハット卿のセダンTV版第12シーズンのトップハム・ハット卿のセダンTV版第21シーズンのトップハム・ハット卿のセダン

名前トップハム・ハット卿のセダン/トップハム・ハット卿の現在のセダン
英名Sir Topham Hatt's Blue Car/Sir Topham Hatt's Presently Blue Car
原作・人形劇:又は濃水色(車体&屋根&ホイール)+銀色(ライト&ラジエーター&バンパー)+(タイヤ)
CGアニメ・マガジン:薄青(車体&屋根&ホイール)+銀色(ライト&ラジエーター&バンパー)+(タイヤ)
第17シーズン一部エピソードでは紺鼠(車体&屋根&ホイール)+銀色(ライト&ラジエーター&バンパー)+(タイヤ)
分類
原作初登場巻第5巻『やっかいな機関車』第3話「やっかいな三だいの機関車」
TV版初登場シーズン第5シーズンクレーンのクランキー
説明トップハム・ハット卿愛車
・普段はトップハム・ハット卿自ら運転するが、たまに奥様付き人が運転する事もある*1
・人形劇・マガジンストーリーではミラーが付いてなかったが、フルCG化した第13シーズンから右側にミラーが付いている。
・車体の色も原作と人形劇時代は青いだったが、CGアニメ以降は薄青に変わった*2
・人格が無いのに、空の彼方に飛ばされたり、変な装飾を施されたり、サムソンに無断で持って行かれた挙げ句レッジスクラップされそうになった*3等、理不尽な扱いを受ける事も少なくない*4
・また、持ち主は冬にチェーンタイヤを装着しないので、スリップをしてよく事故を起こす
・初登場時は全く違う形のセダンで、車内が造形できておらず窓も灰色で表現されていたが、第4シーズンガミガミじいさん』から現行の形となった。
・現時点では、顔は付かない。
モデルLGL 293
玩具カプセルプラレール(積載貨車&トップハム・ハット卿が付属/トップハム・ハット卿が付属)
木製レールシリーズ
トーマスエンジンコレクションシリーズ
トーマスとなかまたち/新トーマスとなかまたち
Take Along/テイクンプレイ/アドベンチャーズ
関連項目トップハム・ハット卿の初期のセダン
参照画像参照はトップハム・ハット卿のセダン/画像?

*1 茶髪の紳士はトップハム・ハット卿よりも上手い。
*2 但し、光の当て具合による。
*3 一応スクラフサムソン止めてくれたので、レッジは誤解に気づいた。
*4 しかもに2度、パンクしている。