アクション/【ウォールキック】

Last-modified: 2019-11-10 (日) 22:17:20

3D Edit

壁に対してドッジロール系かエアスライド系のアクションを行うと発動するフリーフローアクション
壁を蹴って逆側に跳ぶ。
これ単独ではほとんど移動しないが、フリーフローアクションとフリーフローアタックの起点となり、スーパースライドスーパージャンプを引き出すための中継として非常に重要なアクション。

地上からドッジロール系で壁に接触すると「少しジャンプ→壁を蹴ってウォールキック」という動作を挟むため少しテンポが遅くなる。
できれば自分でジャンプしてからエアスライドで発動させたほうが高度も調整でき、結果的にすばやく移動できる。

ここからの攻撃はキックダイブになるため、ショックダイブを使いたい場合はスーパージャンプを挟むこと。


狭い通路等ではウォールキック→反対側の壁をウォールキック→反対側の壁を…とループさせることでスタイリッシュに移動できる。
3Dの最初のPVの時点でリクが使用していたが、開発初期はこのループの操作難易度が異常に高く、ごく一部のスタッフしか成功できなかったらしい。

KHIII Edit

3Dから引き続き登場。ただしドッジロールからは発動せず、また他のフリーフローアクションへ繋ぐ際の受付時間がかなり短くなっている。
ここから出せるフリーフローアタックもソニックスラッシュに変更されている。
フリーフローアクションの起点として重要だった3Dとは異なり、今作はフリーフローアクションが空気気味で、マップが広大になって壁が減ったこともあり、プレイ中にお世話になることはそう多くない。
また、3Dのようにウォールキックのループで移動できるマップもほとんどない。