音楽/【Organization XIII】

Last-modified: 2022-11-26 (土) 19:40:55

XIII機関のテーマ。
XIII機関を象徴する曲で、彼らが登場するシーンではかなりの確率で流れる。

  • 開発中の曲名は「XIII機関」。正式決定した物も英訳。そのまんまだ。

Another Side」冒頭のピアノ部分ほぼそのままで、サビに行く前にループさせている。
怪しげだが底知れない雰囲気を醸し出している。ピアノとコーラスのみの曲で、重々しい曲調。


KINGDOM HEARTS Orchestra -World Tour-」でも演奏されたが、そちらは「The 13th Reflection」などのフレーズを盛り込んだアレンジになっている。


KHII

初登場。
ロクサスが自身をXIII機関と思い出すシーンや、アクセルの最期など、物語が大きく動くポイントでXIII機関が関わるシーンで多用される。

KHIIFM

FM版の追加イベントシーンでXIII機関の会議シーンが増え、それに伴い登場頻度が増えた。
逆に、存在しなかった世界でロクサスが黒コートの姿で出てくるシーンは「The Other Promise」に差し替えられた。

Days

姿を現した人の心のキングダムハーツを機関で拝するシーンや会議シーンで使用される。
KH1.5収録のHD映像作品ではこの曲に差し替えられるシーンもいくつか増えた。

coded

物語の鍵を握る黒コートの男が登場する時にこの曲が流れる。
フードをすっぽり被っているせいで序盤は彼の正体が不明であり、このBGMが流れることから「彼の正体はXIII機関関連か?」と、プレイヤー(およびドナルド)のミスリードを誘った。

3D

今作で登場したシグバールテーマ曲が「Organization XIII」のテンポが早くなったものとなっている。
この曲の項でも説明されている通り不穏な曲調は変わっていない。

KHIII

真XIII機関の会議シーンなどで流れるほか、旧機関から続投した真機関メンバーの消滅シーンではアレンジが流れる。

Organization XIII -Mark of Fate-

キーブレード墓場にて、7人の光の守護者13人の闇の探求者が対峙した際の曲。
「Organization XIII」のアレンジに、キーブレード墓場のBGMでも使用されているパイプオルガンを用いることで、「キーブレード墓場に集った真XIII機関」が表現されている。

MoM

プレイアブル楽曲ではないが、カイリによるKHIIの回想シーンで流れる。