初回50球無失点

Last-modified: 2021-04-01 (木) 17:10:34

ロベルト・スアレス(ソフトバンク→阪神)が、福岡ソフトバンクホークス時代に西武打線相手に見せた怪投のこと。
スアレスの50球」と呼ばれることもある。

概要

2019年7月31日の福岡ソフトバンクホークス対埼玉西武ライオンズ戦にて起こった珍事。
ソフトバンク先発であったロベルト・スアレスが山賊打線に対し、初回からわずか1イニングで50球もの投球を強いられるという苦しい展開を迎えるも、結果的には無安打無失点に抑えるという怪投と呼ぶに相応しい内容で終えたこと*1

 

なおスアレスはこの後も続投し、結果的に4回105球1安打無失点という、好投と呼ぶべきかどうかよくわからない内容で降板している。試合は2-0で西武が勝利。

投球内容

打順打者打席内容投球数
1番秋山翔吾二ゴロ8球
2番源田壮亮四球8球
3番外崎修汰空三振11球
4番山川穂高四球12球
5番森友哉四球7球
6番中村剛也空三振4球

動画

余談

この怪投についてスポニチの取材を受けた倉野信次投手コーチは「50球投げてゼロは大したもの。あそこで点を取られたら、一気にいかれた」とスアレスの粘りを評価するコメントをしたが、記事の最後の一文で、「なお同コーチは99年7月3日のオリックス戦の9回に1イニング55球で6失点を喫していた」と、唐突に黒歴史を暴露される憂き目に遭った

関連項目


*1 パ・リーグの記録集によれば1イニングで53球以上投げた投手は過去11人存在しているが、いずれも最低でも3失点以上を喫しており、1回にこれだけの投球を重ねて無失点で終えることは異例中の異例と言える。