Top > 山賊


山賊

Last-modified: 2019-10-10 (木) 18:00:54

1.山間に本拠地を構えて集団生活をし、平野部の農村や街道を往来する人間や物資を襲う盗賊のこと。
2.髭面で威圧感のある風貌をした選手のこと。小谷野栄一(元日本ハム→オリックス)、畠山和洋(ヤクルト)が有名。
3.2018年以降の埼玉西武ライオンズ打線のこと。この項目で解説する。

概要 Edit

2018年の西武打線は、前年中盤から中軸へ据えられた山川穂高を中心にスタメン出場選手が安打を量産。一時期はスタメンに3割打者が8人*1並ぶアチアチぶりを披露、不安定な投手陣*2を強力打線でカバーし、開幕から首位を独走する*3
最終的に同年の西武はチーム打率.274・1351安打・192本塁打・792得点、安打数と総得点は球団記録を更新し1試合平均得点数5.54と、近年の強力打線としては「ダイハード打線(2003年・福岡ダイエーホークス)」には劣るものの「いてまえ打線(2001年・大阪近鉄バファローズ)」を超える凄まじい結果に。なお先述した2球団はいずれもラビットボール時代のものであり、ボールが当時ほどでもないのに打撃記録でかつてのラビット時代に迫るというとんでもない状態であった。

個人記録では「山賊の親玉」こと山川が2016年・筒香嘉智(DeNA)以来の40本塁打超えとなる47本塁打を記録。山川と浅村は揃って120打点を記録し、中村はほぼ後半戦だけで前年を超える28本塁打を放っている。

 

主力打者たちの威圧感溢れる風貌の(良い意味での)下品さもさることながら、ひとたび相手投手が崩れ出すと力強い打撃でハイエナのごとく熱い死体蹴りを繰り返す様は「(褒め言葉として)品のない打線」「野球を点取り合戦と勘違いしてる」と形容された。
さらには「山賊打線」「下品打線」「所沢山賊団」、挙げ句にはストレートに「蛮族」と言った品のないニックネームが考案された*4

「山賊団」については、打線だけが由来ではなく

  • 山賊のような強面の選手が多い
  • 秋山浅村山川など山賊を連想する名前が多い
  • 本拠地の西武ドームが山を削って作られた球場
  • 与死球が常に12球団トップ
  • 乱闘のイメージが強い

などの要因もあると思われる。

 

翌2019年は浅村が楽天、炭谷が巨人に流出したため打力の低下が懸念されたが、空いたセカンドに外崎が定着、キャッチャーはやはり森が正捕手となったため破壊力は微塵も変わらなかった。結局浅村が抜けても756得点、チーム打率.265、1299安打、174本塁打、134盗塁(赤星式盗塁数36)、OPS.772と他の11球団とは一線を超えた成績を残した。さらに中村が山川二世おかわり三世*5などと呼ばれる程に再覚醒を遂げ、隙のない打線に磨きがかかった。主力打者の調子が上がった8月はプロ野球史上2位となる月間172得点(1試合平均6.37得点)をマークしている*6。結果、山川、中村、森、外崎、秋山の5人が20本塁打以上を記録*7、打点は中村、山川、森の3人が100打点以上を記録するなど打撃部門で軒並み上位の記録を叩き出した。ちなみに打撃タイトルは最多出塁率(近藤健介)以外全てを西武が独占した*8


コピペ Edit

【悲報】広島と西武、野球を点取りゲームか何かと勘違いしてる
http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1524650057/

8 : 風吹けば名無し[] 投稿日:2018/04/25(水) 18:57:49.98 ID:GXOV7tXN0.net [1/1回]
1 (中) 暴力
2 (遊) 野球を点取合戦と勘違いしてる
3 (右) ボールをしばき倒してる山賊みたいなバッティング
4 (一) のない打線
5 (左) 台風みたいなもん 頭低くして慈悲を与えてくれることを祈りながら過ぎ去るのを待つしかない
6 (二) バットの先に仕留めた獣の丸焼きつけてそう
7 (三) 申告コールドゲームさせろ
8 (捕) 全員蛮族か野盗
9 (投) 打てばいいと思ってる

なんJ外での命名 Edit

NHK
2018年4月25日放映のニュースウオッチ9で鉄道会社の保有する球団であることにちなんで「エクスプレス打線」と命名*9

日刊スポーツ
同年5月4日付の紙上で「山賊打線」と命名*10したのを皮切りに、他メディアでも浸透し使われていった。
Wikipediaに存在する同名の記事には、先述した1975年の打線のほか2018年の打線についても扱われている。
ただし、辻発彦監督の命名による「ししおどし打線」が公式記事で用いられるようになってからは、こちらでもししおどし打線の名称が使われている

スポーツ報知
同年7月5日付紙上で辻監督が「ししおどし打線」と命名*11。公式記事などではこれを用いることが多い。

【西日本新聞(西日本スポーツ)】
「ネオ野武士打線」*12*13。ただし、前述の「ししおどし打線」が公式で使われてからは表記ぶれの「獅子脅し打線」の名称が使われている*14

【スポーツニッポン】
「獅子舞打線」*15


山賊ダンス Edit

2keQ2Ib.gif*16
※この画像自体は2018年のものではなく、2016年3月25日の西武対オリックス戦で、西武・メヒアがオリックス・コーディエからサヨナラヒットを打ち、チームが歓喜に沸いた様子の一部を切り取ったものである*17


関連項目 Edit



Tag: 西武 なんJ 報道機関






*1 当時の1~6番の秋山翔吾・源田壮亮・浅村栄斗(現楽天)・山川穂高・森友哉・外崎修汰はほぼ全試合に出場しつつ好調、さらにほとんどの選手が長打力が高く、かつ俊足という非の打ち所がない打線で、しかも貧打の捕手として知られる炭谷銀仁朗までもが好調を維持など「どこまでも容赦なし」と言われた。なお8月末になって3割打者こそ減ったものの、元本塁打王の中村剛也(同月内は6試合連続を含む12本塁打・26打点)とエルネスト・メヒアが下位打線や代打で厚みを増す充実ぶり。
*2 特に中継ぎの軸だった牧田和久ブライアン・シュリッターが前年オフに退団したことで、投手力の低下は開幕前から不安視されていた。
*3 4月終了時点では19勝5敗・勝率.792・チーム得点159・チーム打率.2932番源田、3番浅村、4番山川の3人だけで当時極度の貧打に悩まされていた阪神タイガース東北楽天ゴールデンイーグルスのチーム総得点数を超える打点79を叩き出した。
*4 なお、「山賊打線」は1975年のライオンズ打線(当時は太平洋クラブライオンズ)にも使われていた。同年は土井正博(通算2452安打・465本塁打)・江藤慎一(通算2057安打・367本塁打)・白仁天(通算1831安打・209本塁打・212盗塁)という球史に残る強打者3人を他球団から獲得。この3人に加えて従来の主軸打者だった竹之内雅史やドン・ビュフォードらを並べた「品のない打線」はリーグトップのチーム打率を叩き出すなど他球団の投手を震え上がらせ、公式球団歌にも「山賊打線」のフレーズが盛り込まれ球団公認の名称だった。また、かつての阪神も選手の風貌から「山賊集団」と呼ばれたが乱闘のイメージが強く、ミーハーなライト層には特にウケが悪かったようである。
*5 山川穂高自身がおかわり二世である。
*6 1位は1962年8月南海ホークスの173得点。なお投手陣も162失点(平均6失点)しており、160得点と160失点を同時に記録する珍記録も達成した。
*7 生え抜き日本人選手のみで5人が20本塁打を記録したのは史上初。
*8 秋山:最多安打、森:首位打者、山川:本塁打王、中村:打点王、金子:盗塁王。
*9 なんJでは「オシャレで品のある名前は似合わない」と不評を買い、「山賊打線」「下品打線」ほどの普及は見られなかった。
*10 https://www.nikkansports.com/baseball/news/201805040000052.html
*11 https://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20180709-OHT1T50037.html
*12 https://www.nishinippon.co.jp/nsp/baseball_lions/article/414091/
*13 地元紙である福岡がフランチャイズだった、前身球団の西鉄ライオンズが1954~58年シーズンで4度の優勝を成し遂げた際に「野武士軍団」の愛称を既に付けていた事から。
*14 https://www.nishinippon.co.jp/nsp/baseball_lions/article/459115/https://www.nishinippon.co.jp/nsp/baseball_lions/article/431225/ ただし本来の「ししおどし」の表記は「鹿威し」であり、獅子と掛けてある。
*15 https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/05/07/kiji/20180506s00001173525000c.html
*16 画像元:https://raptor.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1458912501/12
*17 映像元(00:40頃):https://tv.pacificleague.jp/vod/pc/topics/sayonara/11799