Top > iOSにおける広告ブロック


iOSにおける広告ブロック

Last-modified: 2019-08-22 (木) 00:18:59

ここではiOS(iPhone,iPad)での主要な広告ブロックアプリを紹介します。
各アプリの概観やストアページについては主な広告ブロッカーを参照してください。


【目次】

280blocker Edit

280blockerは有料ですが非常に設定が簡単なコンテンツブロッカーです。
導入後はブロックリストが自動更新されるため管理も不要です。
Safari用であり、Safari以外の広告をブロックすることはできません。

導入方法

1blocker legacy Edit

無料でSafari内広告をブロックしたい方はこちらを導入してください。
また280blockerよりも性能が劣り、不具合が発生する可能性があります。

導入方法

Adfilter Edit

App StoreやSNSでそれなりに好評な無料のSafari用広告ブロックアプリです。
しかし2015年で開発が止まっており、これ以上の機能の追加や不具合への対応を期待できません。

導入方法

DNSCloak Edit

無料でアプリ内広告をブロックすることができます。導入手順がやや複雑でブロックリストの更新はつど手動で行う必要があります。
2019年2月に法人アカウントを取得し復活しました。
アプリのIDが変わっており、更に今後のアップデートはそちらでのみ行われることになるので、既にDNSCloakを導入済みの方も新しいDNSCloakをインストールし直してください。

導入方法

AdGuard for iOS Pro (AdGuard Pro) Edit

有料ですがアプリ内広告をブロックすることができます。
アプリ内広告をブロックするタイプのものの中では最も設定が容易で、ブロックリストも自動で更新できます。
Appleの規約が変わり更新が承認されたので、現在(2019/7/22)有料でもかまわず簡単に設定・管理したい方はこのアプリがおすすめです。

詳細

AdBlock(FutureMind) Edit

有料ですがアプリ内広告をブロックすることができます。
ただし2017年から更新停止しているため、今後の機能追加や不具合への対応が期待できません。

詳細

Weblock Edit

iPhone5等コンテンツブロッカー非対応のiOSの場合は、このアプリを用いてプロキシを設定することでアプリ内広告をブロックすることができます。
このアプリはプロキシによるブロックとVPNによるブロックの2種類のブロック方法があります。

詳細

よくある質問 Edit

初心者はどれを使えばよいですか? Edit

有料ですが、280blocker(Safari用)とAdGuard Pro(Safari以外用)の2つが最も導入と管理が簡単です。
いずれもメニュー表示が日本語に対応しており、ブロックリストが自動更新できるため導入後は基本的にメンテナンスフリーです。

YouTubeやTwitterの広告はブロックできますか? Edit

YouTubeやTwitterの公式クライアントアプリなどの一部のアプリでは、このページで紹介した広告ブロックアプリを使用しても広告を消すことができません。しかしそれらのアプリについても、非公式クライアントアプリを使用するなどすれば広告を見ないで済みます。詳細についてはその他のアプリにおける広告ブロックを参照してください。


最新の4件を表示しています。 コメントページを参照

  • DNS cloakのホワイトリストってどこにある? -- 2019-08-09 (金) 08:42:05
  • AdGuard for iOS ProのDNS設定は人それぞれなんでしょうか?おすすめがありましたら教えて頂きたいです!! -- 2019-08-15 (木) 00:46:22
  • DNSCloakはアプリごとで広告ブロックの有無を設定する事はできる? -- 2019-08-30 (金) 09:30:26
  • adGuard for iOS Pro はキャリア各社が提供しているカウントフリーには対応していないのでしょうか? -- 2019-09-09 (月) 11:33:21
コメント: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White





*1 環境によってはブラウズがiCloud Driveと表示されることもあります。
*2 環境によっては出て来ないので注意してください。
*3 環境によっては出ないこともあるようなので、設定からVPNを開いてDNS Cloakが入っているか確認してください。
*4 操作内容としては13から20までの手順と同じです