アフィカスの主張

Last-modified: 2020-01-25 (土) 21:41:14

Androidの非root広告ブロックアプリAdGuardを使ってChromeやアプリ内の広告を無料でスマホから消す方法


広告ブロックの普及を阻止するためにアフィカスが悪質なデマを流しています。

以下ではアフィカスのよくある主張とそれに対する反論をまとめます。

広告ブロックは違法

日本では広告ブロックを禁止する法律はなく、もちろん裁判が行われたこともありません。海外では広告ブロックが違法だと言いがかりをつけて裁判を起こしたアフィカスが何人かいますが、全て裁判所によって広告ブロックは合法と認定され、アフィカスが敗訴しています。例えば以下の事件があります。

広告ブロックはマナー違反

広告とは何のためにあるのでしょうか。本来は良い商品を宣伝し、我々消費者に購入してもらうためにあるはずです。しかし、現在のウェブサイトの広告を見て購買意欲がわくでしょうか。むしろ不快感を覚えるだけという人が大部分でしょう。だからこそ広告をブロックしたいと皆が思っているのです。

本来の目的を見失い、画面が見えなくなるほどの大量の広告を貼ったり、動く広告で誤クリックを誘ったりするのが現在のウェブ広告業界です。マナー違反をしているのは、広告を貼る側と言うべきでしょう。

広告ブロックされたくないならば、我々が「有益な広告だからクリックして商品を購入しよう」と思うような広告を掲載すべきです。そうなれば誰もブロックなどしません。

余談ですがGoogle Chrome自体も広告のブロックを行っています。

https://www.blog.google/products/chrome/browser-web-worth-protecting/

広告ブロックしたら有益な無料サービスが消える

もし広告ブロックのせいで立ち行かない状況ならば有料サービスにすればいいのではないでしょうか。広告を見せられるくらいならお金を払うほうがマシというユーザーはたくさんいます。もし有料サービスにしたら誰も利用してくれないというのであれば、その程度の価値しかないコンテンツで儲けようとしている時点で大間違いということです。価値の低いコンテンツを使って不快な広告で儲けようというビジネスモデルが破綻しているのです。

そもそも広告ブロックするようなユーザーは広告が表示されてもその商品を購入しません。つまり、広告主の企業から見た場合、広告ブロックの普及とは、絶対に顧客にならない人の端末に出していた無駄な広告がなくなるということであり、アフィカスに支払っていた無駄な広告代を節約できることです。広告ブロックの普及は、広告主さんの無駄遣いを減らしているのです。広告主さんサイドとアフィカスさんサイドでしっかりと協議をして、公正な分配が得られるようにしたらいいのではないでしょうか。いずれにしても我々ユーザー側が手伝ってあげることではなく、そちらで勝手にやることです。

広告ブロックをするとスマホが壊れる

広告ブロックによってスマホが壊れたという実例は確認できる限りありません。
逆に広告からウイルスに感染した例があるようです。
そもそも広告ブロックは広告の通信を遮断することで行われます。通信を遮断するだけでスマホが壊れるということは原理的に考え辛く、万が一広告ブロックによってスマホが不調になったとしても広告ブロッカーをアンインストールすれば元に戻るでしょう。
Appleが審査を行ったiOSのアプリに対して根拠なくこの主張をしていると偽計業務妨害にあたる可能性があるので注意してください。

広告ブロックをするとクレカ情報が抜かれる

クレカ情報のような秘匿性の高い情報はhttpsという方式でウェブサイトとやり取りしています。通常の広告ブロックでは、httpsの通信内容を見ることはできません(簡単に見ることができたらhttpsの意味がありません)。

AdGuardでは、特別な設定を行うことで、証明書をインストールするという特殊な方式でhttpsをブロックすることもできます。httpsブロックをしている場合は、クレカ情報を盗むことも理論的には可能になります(実際に盗んでいるかは分かりませんが、盗まれたという被害の報告はありません)。不安な場合は、httpsのブロックを使わなければ、クレカ情報が抜かれるということは論理的に不可能になります。
またAppleが審査を行ったiOSのアプリに対して根拠なくこの主張をしていると偽計業務妨害にあたる可能性があるので注意してください。

広告ブロックをすると通信量が増える

広告ブロックは、広告ブロッカーが全ての通信を代行し、その中で広告通信だけを遮断することで行われます。すると、形式的には広告ブロッカーだけが外部と通信していることになるため、広告ブロッカーの通信量が非常に多くなります。しかし、実際には他のアプリの通信を代行しているだけなので、他のアプリの通信量がその分減っているのです。

さらに言えば、広告ブロッカーは広告のための通信を遮断するので、通信量は削減されています。

広告ブロックをするとバッテリーの消耗が激しくなる

これは他の項目とは違い、完全なデマではありません。広告ブロッカーが動作している間は、当然バッテリーを消費します。どの程度のバッテリーを消費するかは広告ブロッカーの性能によって異なりますが、AdGuardを適切に設定している場合、バッテリー消費はごくわずかです。

なお、上で述べた通信量と同じように、通信のために消費したバッテリーについては広告ブロッカーが代行することになるため、実際のバッテリー消費と見かけのバッテリー消費は異なるということに注意する必要があります。

また、AdGuardの使用によってバッテリーを節約できる場合もあります。例えば、見るだけで大量のバッテリーを消費する仮想通貨マイニングスクリプト(計算量をビットコインなどの仮想通貨に換金できるシステムを悪用して、アフィカスのサイトの閲覧者のスマホで計算させ、それをアフィカスの計算量として換金して利益を上げる仕組み)がアフィカスの間で流行しています。AdGuradを使えば、マイニングスクリプトもブロックできるので、マイニングスクリプトを使うサイトをよく閲覧する場合には大幅にバッテリーを節約することができます。

広告ブロックを推奨しているのは広告ブロッカー開発者のステマ

本WikiはなんJ民有志によって運営されております。もちろん、自由に編集できるため、開発者が編集する可能性は否定できませんが、AdGuard社で日本語を自由に使える人材は少ないと思われます。

本WikiはAdGuardに関する情報交換を目的にしており、閲覧者にAdGuardのインストールを求めるものではありません。情報を見た人が有益だと思ったら導入すればいいし、そうではないと思えば導入しなければいい。それだけのことです。

参考

280blockerの公式サイト

ネット広告の現状に思う事(2019/01/04)

https://280blocker.net/blog/20190104/1885/

アフィリエイトの現状に思う事(2019/01/22)

https://280blocker.net/blog/20190122/1941/


最新の4件を表示しています。 コメントページを参照

  • 量販店にいるウォーターサーバーとかソフトバンクとかの販売員の押し売りみてえな連中もなくならないかな -- 2018-12-10 (月) 13:48:23
  • ここが本懐なわけか -- 2019-01-18 (金) 02:10:54
  • コレ見て見ろよ https://mevius.5ch.net/test/read.cgi/esite/1539063929/530- アフィカス運営とその信者 -- 2019-01-30 (水) 07:00:31
  • わざとアドガードの導入法?とかいうコピペを無差別に連投しまくるとかいう街宣右翼っぽいこともかつてされてたな -- 2019-02-18 (月) 22:47:21
コメント: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White