マジンガーZ(真マジンガー)

Last-modified: 2021-01-21 (木) 04:23:30

真マジンガー 衝撃! Z編でのマジンガーZと兜甲児。
ロケットパンチに変形してのビッグバンパンチが印象的。何気に全長等が従来のマジンガーZより上だったり。

 

パイロット

  • 兜甲児(真マジンガー)
    SP:必中, 1, 加速, 8, 忍耐, 12, 鉄壁, 18, 熱血, 24, 勇気, 38

アップグレード

マジンガーZ(真マジンガー)

マジンガーZ(ジェットスクランダー)

マジンガーZ(ゴッドスクランダー)

合体技

運用

他のマジンガー系列との違いは、真マジンガーの「光子力は超合金Zから生み出される」という設定を再現しEN回復を持っている事。
そして光子力ビームがブレストファイヤーより強く射程が非常に長いという特殊な武装構成をしている事があげられる。
ロケットパンチが弾数制限を持っている事も考えると、進撃戦よりは足を止めての反撃戦向け。
上手く位置取りを行い、少し硬めの敵が近寄ってきたところに長射程の光子力ビームを叩き込んでやろう。

 

1段階目のUGではジェットスクランダーが追加。空移動の追加と基本ステータスが少し上昇する。単純に動かしやすくなる。
とはいえ、武装追加はなく、強化パーツで補える程度の変化なので他にUGの優先度が高い機体がある場合はそちらを優先した方がいいだろう。

 

2段階目のUGでビッグバンパンチが解禁され、本領を発揮する。不足していた対ボス火力技であり、待望の近接火力攻撃である。
また、ビッグバンパンチは、移動型のMAP兵器版もあるため場合に寄ったら雑魚を蹴散らすのにも使えるだろう。

 

欠点をあげるならばマジンガー系にしては装甲が少し薄めな事と、特殊ボスに対してはビッグバンパンチでも火力が少し不足しがちな事だろうか。
装甲に関してはSKLよりはマシなのだが、長期戦をする場合はちゃんと鉄壁をかけておきたい。

 

現行バージョンでは少し物足りない対ボス打点になりうる、SKLとの合体攻撃のダイナミックコンビネーションが使用可能。
……なのだが、真マジンガー版甲児は気力を上げるSPが勇気しかないため、必要気力140を達成させるのが難しい。
もし使う事を狙うのなら、強化パーツや、または他の味方からの激励や鼓舞で補助を受けたり、トドメを融通してもらおう。
幸いSKLの方は海動が気合を覚えるため、こちらにトドメを融通した上で気力を貯める事はある程度できる。
一番の問題は、相方のSKLが単機でこの合体攻撃より少し弱い程度の火力を叩きだせる事だろうか。

パーツ

スロットは2つ。
普通に装甲系を上げてもいいが、EN回復がある為にEN系を装備すると、少し気軽にEN武器を使用できる。

備考

  • ロボダンでは中期型として長い期間世話になるジェットスクランダーだが、原作だと登場した次の回で早速破壊されている。出オチ。
  • スパロボで持っていたロケットパンチ100連発は残念ながら無し。そもそもマジンガーZ単体で使う攻撃じゃないので*1、やむなしといったところか。
  • 未完作品だが続編の情報は未だにない。

*1 100発のロケットパンチの出所は撃墜された100体の量産型マジンガー軍団の機体の中に仕込まれていた物である