Top > ゲーム用語 > ラスボス
HTML convert time to 0.006 sec.


ゲーム用語/ラスボス

Last-modified: 2017-08-19 (土) 12:36:56

概要 Edit

  • ゲーム、アニメ、ドラマなどのフィクションにおいて、
    主人公が一番最後に戦うことになるボスキャラクターのこと。
    ラストボス(Last Boss)の略称。
    敵組織の親玉や、事件を裏で操っていた黒幕といった形で登場してくることが多い。
  • 最後に戦う敵キャラクターということもあり、従来のボスキャラクターとは一線を画す戦闘力を誇る。
    体力・攻撃力共に高く、一撃で敵を葬り去る技(即死技)を持っているという者も少なくない。
  • 倒せないうちはかなり歯痒い思いをさせられることになるが、
    倒せばそれでゲームクリアとなり、筆舌に尽くしがたい喜びと充実感を得られることだろう。

モンハンにおけるラスボス Edit

  • モンハンもアクションゲームである関係上、当然ながらラスボスは存在するし、
    一般的な定義同様、倒す事でスタッフロールが流れるなどの仕掛けは存在する。
    ただ、モンハンはゲームクリアという概念がないため、
    ラスボスを倒したからといってそれでゲーム終了とはならない
    • ストーリー上はラスボスを倒すとそれで一応の物語は終了したと見なされるが、
      近年ではやり込み要素として、ラスボスクリア後のゲーム内イベントも用意されているケースが多い。
  • モンハンは敵から素材を剥ぎ取って入手し、それで武具を作成するというシステムであり、
    当然ラスボスモンスターの武具というものも存在する。
    そのため、それらを作成しようとなると連戦を余儀なくされる。
    加えて、ラスボスの素材はかなりの高額で取引されるため、資金繰りのためにラスボスを乱獲する者もいる。
    このように、ラスボスと何度も戦闘できるというのは(ラスボスがプレイヤーキャラクターとして
    使用可能になる格闘ゲーム等を除けば)、モンハンならではのシステムと言えるだろう。
    • また、ラスボスクリア後に狩猟可能になるモンスターは初代から存在する。
      所謂お楽しみやご褒美の意味を含んでいることも多いので、
      ラスボスよりも強力なモンスターであるとは限らないし、逆にラスボスより難度の高いクエストも含まれる。
  • 一方、MHP2Gではラスボスを倒すと鎧玉による防御力上限の上昇とG武器の作成が解禁され、
    MH3G、MH4、MHXもオンラインのラスボスを撃破することでHRの上限が解放される仕様である。
    このように、モンハンでのラスボス撃破は、ゲームクリアというより真のスタート開始の意味が強い。
    (本当のことを言ってしまえば、全要素を解禁してようやくスタートとされることの方が多いのだが)。
  • 完全なオンラインゲームであるMHFには、基本的にラスボスは存在しない
    広報的な意味においては、モンスターハンターフロンティアオンラインとしての最後の
    (公称上)新モンスターである弩岩竜オディバトラスについて、
    運営が「フォワードの締めのモンスターなのでラスボス的な立ち位置にしたかった」と発言している。
    また、当初のG級計画においては天翔龍シャンティエン熾凍龍ディスフィロア
    おそらくはメインシリーズと同じ意味での「ラスボス」にする事を想定していた
    (当初のG級計画では、G級を進めると順番にG級モンスターが狩猟解禁されていくという仕組みであり、
    シャンティエンとディスフィロアは最後に解禁される事になっていたものと思われる)ことが、
    運営レポートなどより伺えるようになっている。
    なお、MHF-GからMHF-Zに移行する際には上記に該当するモンスターは公表されていない。

ラスボス一覧 Edit

 
  • MHP2/P2G及びMHXX*1を除くと、MHXまでのメインシリーズの全タイトルにおいて、
    オンライン(集会所)ラスボスは古龍種が務めている*2
    また、3シリーズ以前の作品では禁忌のモンスターがラスボスを務める場合が多かった。
    なお、初登場ではない(復活・続投した)禁忌のモンスターに関してはその全てが裏ボスとして登場しており、
    ラスボスクリア+特殊条件の成立(あるいはイベントクエスト)で解禁される。

余談 Edit

  • MHシリーズのラスボスは、その後の作品でも通常狩猟可能モンスター、
    または裏ボスという形で登場する事が多い。
    ラスボスとなってから以後のシリーズ(G級追加版も含む)で登場していないのは、
    MHXX時点ではラギアクルス亜種、グラン・ミラオス、ゴグマジオスの3頭となっている。
    直後の作品で登場しなかったものを含めると、ナバルデウスも該当する。
    また、ゴグマジオスを除く共通点は水中戦がないと成り立たないという点がある。*3

関連項目 Edit

世界観/禁忌のモンスター
モンハン用語/村最終
ゲーム用語/ボス
ゲーム用語/裏ボス
武器/ラスボス武器






*1 アカムトルムとウカムルバスは飛竜種、アトラル・カは甲虫種
*2 MHPまでは「古龍種」というカテゴリは存在していないが。
*3 MHXではラギアクルス原種が地上に対応するようになり、MH4以降のミラボレアス種・特に紅龍がグラン・ミラオスのモーションを受け継いでいるのも理由か