防具/ショルダー

Last-modified: 2020-06-30 (火) 22:21:53

基本性能

属性初期Lv/DF最大Lv/DF装備特殊効果使用効果売価
1/48/7無しぶつけるとダメージ1000G


付加性能

鍛冶限界(Lv/DF)付加特殊効果名称変化
15/38無しマスター*1SS*2

入手

  • ショップ(パレンシア・クレニアの町・ラムール・クズ鉄の町・ペイサス・ガザルア・ミスロ・エルザーク・グーズ・ルワガ)

鑑定

武闘家が動きやすさを主として考案した鋼の肩あて。
今では一般的な防具となり老人から子供まで長旅の供として愛用されている。


その他

前半の店売り鎧。
皮の服辺りとセットで、打たれ弱いキャラに買い与えるのも一手だろう。
……が、肩当て系統は妙に価格が高いため、コストパフォーマンスが悪い。
りんご状態異常耐性、各種アクセサリとも競合する。
一応これでも反撃のバンダナよりも防御力は高くできる(たったの1だが)ため、悪い選択肢ではないのだが、レベルアップの手間があるのが問題。
鍛冶屋が使えないので戦闘でレベルを上げるしかないのだが、その手の地道な稼ぎを行うには戦闘しにくい場所ばかりなため、
それなら無理して買ってレベルアップするよりもアクセサリ類の効果を優先するほうがいいだろう。
(スメリアFBAは面倒くさい地形なので戦闘も面倒くさい、ロマリア戦艦は状態異常耐性のほうが欲しい、クレニア島はグルガでゴリ押しすれば十分、
フォーレスはもっとも防御力を補いたいモンスターには使えない上、召喚獣は貧弱で使えないかレベル差でゴリ押しが通用するかの両極端で必要性が薄い、
ロマリアも火力を上げてさっさと倒せるようにしたほうがいい。イーガにとっては焼け石に水にもならない。)
このように、購入価格の妙な高さという性能面でのコスパの悪さに加え、レベルアップの手間もやたらに面倒なため、
二重の意味でコストパフォーマンスが悪いということを考えると採用する価値は乏しいといえる。
 
当然、鍛冶屋の利用が出来るようになるグレイシーヌ編クリア後でも状況は変わらず、
ロマンシングストーンを筆頭とした強力な支援効果勢が一気に増えるため、
利用価値は0を通り越してマイナスまで失墜する。
限界強化して使うなら有力特殊効果持ちのすごいタンザナイトとか当て方の絵巻のほうがいいし。
同じ肩当て内にも、男性専用ではあるものの上位互換の存在があるため、本当に採用する価値が無い。
 
初出の時点では悪い性能ではないのだが、環境と初期状態がかみ合わなかったことが最大の不幸といえよう


*1 アタック→バスター→マスター
*2 +1~+9→SS