【聖なる巨竜】

Last-modified: 2019-09-29 (日) 16:55:21

DQ8

【竜神王】の変身した姿。6回目の【竜の試練】で戦うことになる。
身体の色は光沢のある薄青色で、翼の部分がピンクのグラデーション。
完全2回行動で、以下のパターンをローテーションで行動してくる。
英語版での名前はdivine dragon。
 

A通常攻撃 or 【かがやくいき】 or 【たたきつけ】 or Bへ移行 or Cへ移行
B【いてつくはどう】 or 2回ためる)→(攻撃 or 痛恨の一撃)→ Aへ移行
C通常攻撃 → かがやくいき → 通常攻撃 → たたきつけ → 攻撃 → Aへ移行

各属性攻撃に強く【ルカニ系】にも耐性があるが、守備力は【深紅の巨竜】と同程度まで落ちている。
かがやくいきのダメージが最も大きく吐いてくる頻度も高いので、【フバーハ】は必須。
万が一の時のために【こおりのたて】を持参するのもあり。
テンション連続溜めからの通常攻撃や叩きつけも非常に痛い。
HPが高く呪文に対する耐性も強いが、ここまで来れたのなら倒せない相手ではないはず。
正当な竜の試練の一番最後に当たるが、【黒鉄の巨竜】の方が強いという声をよく聞く。
他の形態と同じく、1/8という高確率で【スキルのたね】をドロップする。
 
こいつを降せば次からとうとう竜神王が全ての力を解放した最後の竜の試練に挑めるようになり、こいつを含むHP半減状態の各種巨竜達との連戦の末に【永遠の巨竜】と戦える。
連戦時、黒鉄の巨竜でHPを削られたままこいつとの戦闘に入ると素早さが200近くあり、かがやくいきで一網打尽にされることもあるので注意が必要。
おそらく、初挑戦時は黒鉄の巨竜の後であるため、あまり強いという印象は無いだろうが、連戦時は初期の巨竜達より、かなり強くなっていると実感できるだろう。

3DS版

味方サイドに【無属性規定ダメージ攻撃】が多く追加されたことで容易に突破されやすくなった黒鉄の巨竜と違い、大きく強化されている。
まずHPが8160から9470と大きく強化されたほか、攻撃力も強化され痛恨のダメージは650近くにも上る。
また、叩きつけの固定ダメージが150から180に上がり、攻撃力が603→699に上がっているためLv60ラインでも常に死の危険が付きまとう。
行動パターンも変化しており、低確率だがテンションが溜まった状態で輝く息を使うようになった。
無耐性だと500強の大ダメージになるため、レベルが低いと全滅しかねない。
幸いこちらの建て直し方法も増えているため、これらを使って対応していこう。

DQMSL

竜神王の試練の六番手。味方時の特技はいてつくはどうと白くかがやく光。

関連項目

【深紅の巨竜】
【深緑の巨竜】
【白銀の巨竜】
【黄金の巨竜】
【黒鉄の巨竜】
【永遠の巨竜】