Top > 【スキルのたね】


【スキルのたね】

Last-modified: 2018-11-07 (水) 20:23:59




概要 Edit

DQ8から登場した【ドーピング】用アイテム。
【スキルポイント】を得られる効果のある種で、鬼灯のような形をしている。
口にするとスキルへの理解が深まり、新たな技を編み出すきっかけになることもあるという。どういう成分が含まれているのだろう?
ちなみに食用の鬼灯はなんとも言えない甘酸っぱい味がするが、こちらは残念ながら他の種・木の実と違い、どのような味がするのかは判明されていない。

DQ8 Edit

上昇する値は1つにつき5ポイント。
PS2版ではその場ですぐに振り分けなければならない。
クリア前では以下の場所で入手できる。

このほか、ボス【妖魔ゲモン】が必ずドロップする。
【リブルアーチ】の秘密の店では2000Gで売られているが、1個限定。買っておいて損はない。
中盤はまだしも、終盤になるとスキルポイントが少しずつしか溜まらなくなる。終盤以前は入手個数が限られているため、計画的に使う必要がある。
ちなみに売値は50Gである。
終盤~クリア後ならば【竜神族の里】に1つあるほか、【トロルキング】【ヘルプラネット】【ビッグファング】がいずれもレア枠として1/64の確率で、また【天の祭壇】で最初に戦う竜形態の【竜神王】が1/1、【竜の試練】の各巨竜が1/8の率で落とす。
 
DQ8では総スキルポイント500に対し、レベルアップで得るスキルポイントは計350。
なので、全員のレベルを99まで上げて、さらに全てのスキルを100まで極めるやりこみをするためには、各キャラ1人あたり残り150ポイント必要である。
よってこの種が1人あたり30個、4人で120個必要となる。
これのせいでスキルの種をドロップする敵たちが乱獲され、さらに巨竜たちは幾度となく撃破されることになった。
だが、難易度の高い試練を易々とこなせるほど強くなってしまえばそこまでスキルにこだわる必要は特にない。
よってスキルコンプはプレイヤーの趣味の領域と言えるだろう。
それでも飽くる事なく巨竜連戦に挑み続けるプレイヤーが後を絶たないのは、“コンプリート”という言葉の持つ抗い難い魔力ゆえか。

スマホ版 Edit

強化版に【超スキルのたね】が登場した。
竜の試練の褒美のひとつとして超スキルのたね10個が貰えるので、クリア後のスキル追加が容易になった。
なお、かつて行われていた定期配信は終了しているため、今後コンプリートをするにはあと100個のスキルのたねが必要となる。

3DS版 Edit

PCが6人になったが得られる総SPは350で変わらないので、コンプリートに必要な種は900ポイント分=スキルのたね180個分に。
しかし3DS版では入手手段が増加し、育成がやりやすくなっている。
【リブルアーチ地方】以降の青い宝箱から入手できるほか、クリア後は【追憶の回廊】紫の宝箱からも得られる。また、【エスターク】を倒すと10個まとめて貰えることがある(いずれも他の種・木の実との抽選)。
敵からは新たに【混沌の箱】(1/32)と、【てんのもんばん】(1/128)がレア枠でドロップするようになった。てんのもんばんが固定敵として出現した場合は必ずドロップする。
この固定敵のてんのもんばんのみ例外的に【ぬすっと刈り】【大どろぼうのかま】を使うことで、
1戦闘でスキルのたねを4個盗むことが可能。全滅すれば何度でも戦えるため低レベルで種集めをするならこちらの方が速く集めることができる
 
また、現実時間で1日1回ではあるがリブルアーチの店で繰り返し買えるようになった。ただし買う毎に値上がりしていき、最終的には100000Gで売られる事になる。
10万ゴールドは高いが、【写真クエスト】をコンプリートする場合は買わなくてはならない。
写真クエストを進めていく過程でもドラキーカードのコンプリート報酬として1つ入手できる。
また、竜の試練をクリアするたびに【超スキルのたね】が必ずもらえるようになったため、コンプの難易度が下がっている。
 
寧ろ全員の全スキルをマスターした後は使い道も無いし売価も二束三文な為、追憶の回廊での紫宝箱から出てきたら完全にハズレの種となり、完全に袋の肥やしでしかなくなり邪魔者扱いすらされる始末。
 
東京ゲームショウ2015のスクエニブースでの配布もされたが、頑張ればいくらでも手に入るこれのために1200円払って入場した人はさすがに居なかっただろう。

DQ9 Edit

得られるポイントは2に減少。
入手方法はクエストNo.018【ぼくらのかわいいペット】のクリア報酬、【プラチナキング】のレアドロップ(確率1/256)のみ。
かつては【Wi-Fiショッピング】でたまに売られていたが、5000Gもした。
DQ9ではクリア後なら【転生】することにより無尽蔵にポイントが得られるので、価値はDQ8とは比べるべくもなく低い。

DQ11 Edit

得られるポイントがさらに減少し1つ1ポイントになった。
これを使えと言わんばかりに、欲しいスキルの習得に1ポイントだけ足りない、ということが多発するので使うならそのタイミングだろう。
他にはレベル99まで上げた後のやり込み目的で使うことになろう。今回はレベル99まで上げた上で当たりパネルで入手できるスキルポイント10を加算すると、コンプに必要な数は全員合計で73個。
なお既にスキルパネルが全て開いたキャラにも使うことができてしまい、当然その場合は与えたたねがムダになる(3DS版のみ)。
 
ギガの付かない通常タイプの【宝箱トラップモンスター】は必ずドロップする。
それ以外にドロップするのは【てんのもんばん】とてんのもんばん・邪のレア枠のみ。
【スーパールーレット】が手軽に使える関係で、DQ8ほどコンプに苦労はしない。

DQMJ Edit

3ポイント上昇する。フィールドで夜になると光っている特定のポイントがありそこから採取できる。
島に出入りすれば何度でも復活するのでスキルを上げたいなら乱獲するのもあり。

DQMJ2~ Edit

3ポイント上昇する。フィールド上で時々拾える他、アイテム販売機にちいさいパーツを162個(J2Pでは72個)集めれば買えるようになる。一個1000ゴールド。ゴールドカードで800ゴールド。

テリワン3Dでは普通の店では売られておらず、旅の扉内の酒場の店で売られている。が、一気に値上がりしておりなんと一個9800ゴールドもする高級品に。ゴールドカードで約7800ゴールドになるが、それでもかなり高い。
それ以外だと他国マスターの詩人に勝てばたまにもらえる他、モンスターじいさんとの日替わりマスター戦のごほうびで力の種等と5個ずつセットでもらえる。また旅の扉内の宝箱に入っていたりもするが、いずれにせよそこそこの貴重品なので大事に使おう。

続くイルルカでは店売りされなくなったが入手方法は大体前作と共通。
ふしぎな鍵の異世界で拾う、他国マスターの詩人に勝つ、すれ違い対戦で5勝する、等々。

ちなみに売値はJ2が100ゴールド、テリワン3D以降はたった10ゴールド。
J2なら序盤の金策に使えないでもないが、やはり使った方がお得なのは言うまでもない。