アクション/【スライド】

Last-modified: 2019-07-02 (火) 19:16:13

同名のアイテムはこちら→アイテム/【スライド】


BbS Edit

テラ専用の移動コマンド。最初から装備している。
他のキャラ達の様に前転(又は側転)して回避するのではなく、高速で前進して回避を行う。袴を履いているから前転はし辛いのだろうか。
KHIIのエアスライドとは細かい特性が異なる。本作ではエアスライドは空中で使用できる移動コマンドとなった。

  • テラ専用のアクションであるソニックスライドに派生することができる。しかし暴発が怖い技でもあるため単純に装備した方がいいというわけでもない。繊細な回避が求められる場ほど外すことを推奨する。
  • 袴のせいだという理屈ならロングコート装備のXIII機関の面々はもっと前転が難しいはずだが、彼らはDaysで普通に前転している……。

アクアやヴェンの回避アクションと無敵時間は変わらないが、移動距離が長すぎる上動作末端の硬直がやや長く小回りが利きにくい。
その代わり素早く長距離を移動出来るため間合いを大きく離す/詰める用途や、非戦闘時での移動効率ではこちらに軍配が上がる。最大レベルで連発すれば、キーブレード墓場の竜巻エリアもノーエンカウントで切り抜けられるほど。

連続使用が難しい裏ボス戦で致命的な弱点となり、他の二人と比べて難易度が跳ね上がる。
「アクアとヴェンでは裏ボス倒したけど、テラでは無理だった」というようなプレイヤーも多いのではないだろうか。

  • このことや本編で何度も騙されてしまった等の不憫な扱いから、テラは某電子掲示板でネタにされてしまった。BbSの元ネタが電子掲示板であることも相まって哀れである……。
    • かの有名な愛称、スライドさんと呼ばれ(色々な意味で)愛され親しまれている。

BbSFM Edit

スタッフいわく、無敵時間が少し伸びているとのこと。
実際どれぐらい伸びているかは解説が出回っていないため不明だが基本的な使い勝手は変わっていないにも関わらず今作で追加された裏ボスは回避連打で凌ぐしかない攻撃を多用してくることから、これらを撃破してレポートをコンプリートする難易度は通常版の比ではない。
この程度の調整では汚名返上とはならず、結局スライドさんという愛称からは逃げきれなかったのであった。


追加されたボス敵、ノーハートもスライドを使用してくる。
こちらはゼアノート仕様のものでなく、テラに近い動きと性質を持つ。