アクション/【レールスライド】

Last-modified: 2021-01-25 (月) 00:38:58

特定のレール状の物体の上に乗ると発動するフリーフローアクション
KHIIのスケボーでのグラインドの様に、細い道の上を高速でスライドする。


3D

手すりやロープ、レールや水流の上に乗ると発動するフリーフローアクション。
レールスライドで対象を滑りきると、自動でスーパージャンプが発生する。

  • トラヴァースタウンのソラ編で訪れるポストオフィスを探索するにはこれを駆使することになる。
    • 通り抜けるだけなら律儀にレールに乗り移らず大部屋の出口の下から壁ジャンプで強引に登っても構わない。ただし、大部屋から入口と出口に繋がる通路はレールスライドでしか通れない細い通路となっている。
    • レールスライドでしか通れない通路が存在するのはリク編の裏通りも同様。
      シンフォニー・オブ・ソーサリーでも同様の道が存在する。
  • また、スペルカンとの戦闘ではまずレールで作られたコースを走り、相手に追いつく必要がある。

KH0.2

キャッスル・オブ・ドリームの城下町では氷のレールの上、エンチャンテッド・ドミニオンの茨の森ではレール上になった植物の上を滑っていくマップギミックがある。
茨の森ではルートの脇にはダークサイドがおり、アクアが目の前を通る瞬間を狙って攻撃してくるのでタイミングよくジャンプしてよけないとダメージを受けてしまう。

  • この攻撃をすべてかわしてノーダメージで滑りきるチャレンジがある。これは何度でも挑戦可能だが、一方通行なので戻るときはセーブポイントからエリアセレクトで移動する必要がある。

また、ブリザガで作った氷のレールに乗ることでも使用可能。

KHIII

今作も続投し、レールや水流の上に乗ると自動で発動する。
オリンポスアレンデールの氷の迷宮、モンストロポリスのドア倉庫等に発動するポイントがある他、KH0.2と同様に低空でブリザド系の魔法の魔法(魔法スタイルの基本スタイルと砲撃スタイル時)を使うことでレールを作ることもできる。
「前進しつつブリザド→そのままレールに乗ってレールスライド→レール終了後、また前進しながら新しいレールを作る…」という動きを繰り返すことでスムーズに前進可能。
下り坂ではレールは作れないが、平地やゆるい上り坂では他の移動手段を圧倒する速度を出せる。


ザ・カリビアンレイジングヴァルチャー戦ではこれを使ってヴェイパーフライ飛び乗る必要がある。

  • この時、ヴェイパーフライの出すカラースモークをレールにして滑るという、なかなか素っ頓狂な見た目になっている。
    水流ならまだ底に踏み場があるが、こちらは完全に気体である。レール状になっているなら何でもいいらしい。
    • 戦闘開始時のムービーで、飛行するレイジングヴァルチャーに近づくには「空を歩けないんだから無理」というドナルドの言葉からソラが思いついて実行する、という流れがそのまま攻略のヒントになっている。
    • リアル寄りのザ・カリビアンだからこそ余計に目立つ。
      3Dのシンフォニー・オブ・ソーサリーでは虹をレールスライドで滑る姿があったが、こちらは世界観に合致しているからか違和感は無かった。

特殊レールスライド

一部のワールドで発生する特殊なレールスライド。
シチュエーションコマンド「乗る」で開始し、移動中にハートレスが出現して攻撃してくる。
特殊レールスライド中は防御も回復もできず途中で降りることもできないため、「ショット」で迎撃する必要がある。

  • モンストロポリスではレール上が帯電している部分があり、ドアの陰に身を隠すコマンドでやりすごす必要がある。
  • サンフランソウキョウの特定のレールでは「レーンチェンジ」で逆側のレールに飛び移ることができる。