分かる人には分かる

Last-modified: 2021-02-11 (木) 22:47:23

分かる人には分かるとは、文字どおりの意味である。反対にとらえれば、分からない人には分からないということでもある。

概要

元ネタは、藤井秀悟が2012年12月26日に更新したブログ記事にて、自主トレを「マリオカートのように自分の残像と戦うしか無い」と例える*1が、読者の中にはその意味が分からない人もいると感じたものの彼らに対して説明するのが面倒だとも思ったのか*2、その後に「(分かる人には分かる)」と添えたこと。
ブログのような文章を書く際、例えを入れたいときにその例えが分かり辛いという人への配慮のために、この言葉を括弧書きで使う。
ただしなんJにおいては、普通に書いた文章やなんJネタの用語の後にこの言葉を添えるようになった。

 

元ネタ記事

・孤独
http://ameblo.jp/yakyukozo/entry-11436065121.html

 

(中略)
自主トレは孤独だ。
正解がないだけに信じてやるしかない。
1人でやってるから
マリオカートみたいに自分の残像と戦うしか無い。
(分かる人には分かる)
自分に勝てたか自問自答。。
来年クビになったら
やりたくても最後の自主トレ。
1日1日頑張らないと

 

関連

関連リンク



Tag: 横浜


*1 マリオカートでは過去の自分の走りを再現する残像(ゴースト)とレースをして自己ベストタイムを目指す「タイムアタック」というモードがあり、恐らくこの発言はそれを指すと考えられる。
*2 元のブログ記事は、写真を何枚も載せながらその日行なった自主トレについて書いてあるため、かなり長い。