戸田軍

Last-modified: 2022-04-17 (日) 04:43:57

埼玉県戸田市に本拠地を置く、東京ヤクルトスワローズの二軍のこと。

概要

ヤクルト二軍はヤ戦病院の煽りを受けて戦力が一軍に引き抜かれることが多く*1、また二軍は二軍で別に故障者が発生したりするのでスタメンが悲惨なことになりやすくネタにされやすい。

一例を挙げると

  • 投手が足りないので捕手が投手デビュー
  • 野手が足りないので引退した投手を育成契約して野手出場
  • またも野手が足りずDH解除
  • そこまでやっても選手が規定人数に届かず試合中止

などがある。

また、本拠地の戸田球場は一級河川荒川の河川敷の国有地内に親会社ヤクルト本社の福利厚生施設の一部として存在している。他球団の二軍設備の充実が進んだ現在では立地も含めた施設面の問題が多数指摘されており、特に立地が「荒川第一調節池」という、「大規模増水時に水を溜め込む場所」の中にあるため台風や豪雨が襲来すれば当然ながら水没してしまう*2。2019年10月に東日本台風の被害を受けて水没した際は電光スコアボードとトラックマンが故障するなど、選手以外の面に被害が及ぶこともある*3

そして戸田軍から守谷軍へ

2022年4月、ヤクルト球団が二軍の拠点を戸田から茨城県守谷市に移転するべく協議検討に入ったことを発表。ネット上では早速「守谷軍」という移転後の仮称を付けられた。

余談

なんJでは各球団の二軍のことは「二軍」と呼ばず、二軍球場の所在地(+軍)で呼ぶ傾向がある*4

球団二軍所在地二軍球場名
東京ヤクルトスワローズ戸田ヤクルト戸田球場
読売ジャイアンツ川崎*5読売ジャイアンツ球場
横浜DeNAベイスターズ横須賀横須賀スタジアム*6
北海道日本ハムファイターズ鎌ヶ谷ファイターズ鎌ヶ谷スタジアム
東北楽天ゴールデンイーグルス利府楽天イーグルス利府球場*7
千葉ロッテマリーンズ浦和ロッテ浦和球場
阪神タイガース鳴尾浜*8阪神鳴尾浜球場
広島東洋カープ由宇広島東洋カープ由宇練習場
オリックス・バファローズ舞洲舞洲バファローズスタジアム*9
福岡ソフトバンクホークス筑後ホークススタジアム筑後*10

なお、ここに記されていない埼玉西武ライオンズと中日ドラゴンズは球場の名称が一軍本拠地と区別しにくい*11ためか所在地の名前で呼ばれることは少ない*12

関連項目



Tag: ヤクルト


*1 けが人続出や不調の選手だらけになると一軍スタメンの大半が一軍半~二軍の選手という悲惨なことになる。
*2 巨人も多摩川河川敷に二軍本拠地を置いていた時代の1974年と1982年に台風による水害でグラウンドが使用不可能になったことがあった。なお両年とも最終盤に競り負ける形でリーグ優勝を逃している(しかも両年とも優勝したのは中日である)。
*3 後述する移転の理由にも挙げられている。
*4 なお、かつては二軍と一軍が異なるチーム名を名乗る球団として、湘南シーレックス(横浜二軍)やサーパス神戸(オリックス二軍)などが存在していた。
*5 都境に近いため東京都側の稲城、球場近くの遊園地や最寄り駅からよみうりランド(ランド)とも。また移転する前は多摩川河川敷のグラウンドを拠点にしており、現在の立地もほど近いことから「多摩川」と呼ぶことも多い。
*6 所有者は横須賀市であるが、2019年より選手寮や屋内練習場などの移転に併せて指定管理者としての権限も横須賀市から受託している。
*7 近年、二軍の試合は選手寮に隣接するウェルファムフーズ森林どりスタジアム泉(仙台市泉区)で行われることが多くなっているが、今でも利府軍と呼ばれることが大半である。
*8 尼崎移転後は阪神本線・大物駅が近いため「大物軍」という仮称が付いている。
*9 命名権導入による名称は「杉本商事バファローズスタジアム舞洲」。移転前は北神戸に本拠地があった。
*10 命名権導入による名称は「タマホームスタジアム筑後」。最寄り駅である鹿児島本線・筑後船小屋駅から船小屋とも。移転前は雁ノ巣に本拠地があった。
*11 西武は西武第二球場(2020年からはネーミングライツ売却によって「CAR3219フィールド(カーミニークフィールド)」に改称されたが、カーミニーク軍と呼ばれることは少ない。)、中日は旧一軍本拠地でもあるナゴヤ球場。
*12 ただし前者は「」から「子猫」と、後者は最寄り駅である東海道本線・尾頭橋駅から「尾頭橋軍」と呼ばれることがある。