オーラン

Last-modified: 2016-09-18 (日) 20:35:04

オーラン【おーらん】(NPC)

Odran

Odlan.jpg

  • 兄のオーウェン提督に言わせると人当たりがよくないらしい。
  • 会話内容から「アストラリウムリポート」の著者オランと同一人物であるらしいことがわかる。1ページ書いて飽きたようだ。

♪BGM「孤独な者とその友」

ネタバレ

  • 兄の恋人であるスカアハのことを快く思っておらず、「魔女」呼ばわりする。(実際魔女になるのだが)
    そればかりか、スカアハと兄との関係がタラの貴族達の知るところになれば、彼らがベルファスト島を壊滅させる絶好の口実になりかねないと危惧している。
    • 少々血の気が多いところもあるらしく、スカアハ本人に兄と別れるよう詰め寄ったりもしている。
      とはいえ、日中のスカアハの姿を見れば無理からぬこと。口は良くなく愛想のよいタイプではないが、決して性格が悪いわけではない。
    • 彼が率いている部隊はスカアハ海岸の最前線で戦っている。彼の部下と配属されている王政錬金術師達の折り合いが悪く、しょっちゅう衝突しているらしい。
    • 王政錬金術師の一人からは「バカバカ!サハギン!」などと陰口を叩かれている。サハギンって…。
  • G16メインストリーム中で何度か共闘してくれるのだが、彼はなんと格闘術で戦う。
    グールワイトホローナイト相手にスクリューアッパーダッシュパンチをお見舞いする彼は必見。
    • ハード難易度で相手の防御-30を確認したので、恐らく所持しているランクは軒並み1と思われる。
      もっともグールもワイトもホローナイトもヘビースタンダーを所持しているため、逆に殴り返されて地面に転がることもしばしば。合掌。
    • のちにThe Drama IRIAでも、エレモンの命を受けたオーウェン提督に派遣されるという形で共闘してくれる。こちらでは何故か格闘術を習得しておらず、普通に剣で戦っている。
      ちなみにRPでのキャラクター情報によると年齢は43歳。
  • 出身のせいか性格のせいか、タラ王宮の上層メンツとはあまり上手くいっていないらしく、特にペイダンとは犬猿の仲とも言えるほど。しかし、共同戦線を経て言葉は悪いが、お互いを認め合う間柄となる。
    • 一方でThe Drama IRIAにて共に戦ったメイクダウラアクルといったメンバーとは普通に接しているため、異種族や異文化の者と交流することにはあまり抵抗は感じないようだ。相手の実力を認めれば心を開くタイプなのだろうか。これもまたツンデレである。