Top > Medic
HTML convert time to 0.015 sec.


Medic

Last-modified: 2008-06-11 (水) 20:32:57

Medic.jpg

名医ではあるけども「医者による殺人」の熱心な支持者。
常に戦いの中で科医用の手袋をどんなに汚れていてもはめている。
ドイツ訛りを誇張して話す。


実績のために必要人数以上にメディックをやったり、他のプレーヤーの迷惑になるプレイをするのはやめましょう。
メディックがふざけているとまともなゲームになりません。あなたが必死にプレイして死にそうな時にメディックがノコや注射器で遊んでたりヘビーばかり回復して他を回復してなかったらどう思いますか?
またメディックが多いとその分チーム全体の攻撃力が低下してしまい実績を取るどころかやられまくるだけです。
普通のプレイで取れない実績が欲しいなら実績解除用のサーバーで取ることをお勧めします。


解説 Edit

サポートの中核を成すクラスであるMedicは、攻防どちらにとっても貴重な存在だ。攻撃チームに所属した場合、敵陣内で生存を続ける(さらに攻撃能力を高める)には絶対不可欠だ。防衛では、自陣内のプレイヤーを元気に保つ能力は、彼らの持ち場を離れずに済むということだ。自チーム全体に愛されたかったり、銃撃せずに敵の大群を間接的に倒したいと願うならば、Medicはまさに医者が命じたものだ(=願ってもないものだ)。

HP: 150

装備 Edit

  • プライマリ: Syringe Launcher (注射銃)
    w_med_nail.jpg
    装弾数 40/150
    ネイルガンのようなもの? 弾は重力の影響を受けて弾道がかなり下がっていく。
    「護身用」にこれを極めたメディックの硬さは異常。逆に回復もせずにこればかり撃ってるメディックの使えなさも異常。
    周りに味方が居る場合はこれを撃つより↓のメディガンで回復してあげるように。居ない場合はこれを撃ちながら後ろに下がろう。
  • セカンダリ: Medi-gun
    w_med_uber.jpg
    味方に当てると、毎秒20点の速度でHPを回復させることができる(クリティカルだと約3倍*1)。また、火炎放射で火事になった仲間の鎮火を早める効果もある。
    味方に回復ビームを当てている間は、対象のヘルス値に関係なくユーバーチャージが溜まっていき、完全に溜めると任意のタイミングで無敵を発動できるようになる。ユーバーチャージの充填量は、
    ● ヘルスを回復・増幅しているときは2%/秒(クリティカル時も同様)
    ● 増幅しきった状態(150%)を維持しているときは1%/秒(セットアップ中のみ2%/秒)となっている。
    ● 一人に対して複数のメディックが回復していると回復速度は上がるがチャージ充填速度は下がる。セットアップ中でも下がるのでセットアップ中は他の回復と被らないように注意しよう。
     
    対象の怪我がひどければその分急速充填の時間が長く取れるが、手遅れになる前に積極的に回復しよう。
    変装している敵のスパイにも回復させることが出来てしまうため注意が必要
  • 近接武器: Bonesaw (骨用電ノコ)
    w_med_saw.jpg
    殺傷力だけでなく、挑発時にはヴァイオリンにもなる優れもの。Pyroのエアギターと違い、こちらは本物と同じ音が出る。
    足のすばやさと相まって「状況によっては」かなり活躍できる武器だが、回復もせずにこればかり振り回していると味方から顰蹙を買うだろう。

アンロック武器 Edit

The Blutsaugher Edit

The Blutsaugher は 今までのSyringeGunと違い、相手に対してクリティカルヒットが出なくなる代わりに、敵に攻撃がヒットすると自分HPを回復させることができる。ダメージは4、回復は3(状況によって変わる)
新 Archivements 36個 中 12 個達成で得ることができる。

The Kritzcrieg Edit

The Kritzcriegはタイプの違うメディガンで、これを使ってユーバーチャージを発動させると対象の味方の攻撃に全てクリティカルが発生するようになる。しかし発動対象はもちろんメディック自身も無敵になることはできないので発動中に死ぬ可能性がある。
通常のメディガンよりも10%だけユーバーチャージが溜まるのが早くなっている。
新 Archivements 36個 中 24 個達成で得ることができる。

The Ubersaw Edit

Ubersaw は、当てるとユーバーチャージを全体の25%分チャージすることができる。代わりに振りの速度は少々遅くなっている。
新 Archivements 36個 中 36 個達成で得ることができる。

固有能力 Edit

  • リジェネレーション
    1秒ごとに最大3点ずつHPが回復する。回復量はダメージを受けずにいると増えていくが、過信は禁物。

ポイント Edit

TFCのConcジャンプしまくりから、本来の役目に戻った。
メディックはチームの中心となるクラスだ。
・MAPを覚え基本的な動作が出来る
・自分が攻撃クラスの時にブーストや回復してほしい場面を理解する
・周りをよく見て素早く照準を定めライフを確認できる
以上の事が出来るようになってからメディックをやるとチームに貢献できるだろう。

回復の基本 Edit

Medi-gunはゴーストバスターズ風の光線を9~14メートルほど発し、相手を捕捉しヘルスを回復する。回復光線の追従力は高く、一度捕捉すれば地形や障害物に遮られない限り、射程距離内のどの方向へも追従できる。つまり回復するために味方に近付いている必要は無い味方に照準を合わせ続ける必要もない。
ほかの回復手段と異なり、光線を当て続けることでヘルスを一時的に最大値+50%まで*2増強させる事が出来るが、光線から離れると、最大値を超えた分は毎秒3.33%の速さで減っていく*3。増強させる事をブーストと呼ぶ。
とにかく周りをよく見て味方のライフを確認し回復・ブーストしまくるのが基本。但しSpyには注意。

 

ブーストはヘビーばかりでなくロケジャンを使うソルジャーやパイプジャンプをするデモマン、前線に突っ込むスカウト、死んだら困るメディックにもしてあげるとよい。出来るなら全員にかけよう。ぼけーっと一人にだけ回復するのは止めて、呼ばれていなくても周りをよく見てほかの味方の回復やブーストするようにブーストしている間もチャージの充填速度は怪我を回復している時と同じ2%だから一人を完全ブーストし続けるより他の味方をブーストしまくった方がチャージが早く貯まる。
また開幕前のセットアップ時間でチャージが貯まったからといってブーストを怠らないように。

敵に変装しているスパイにブーストをかける場合は、敵の視界に入らないうちに手早く済ませ、ブーストの維持はしないこと。味方スパイが回復光線を受けているところを目撃されると、正体を敵にばらすことになるからだ。

 

注意したいのが味方の回復作業を行うときは常に左右前後に動くことである。常に動き回ることによって、Spyにナイフで狩られたりSniperに狙撃される可能性が格段に減る為だ。また前方は味方が見ている訳だから攻撃されてない時は後ろを見ておくとスパイや裏に回る敵を発見しやすくなる。後ろを向いてもMedi-gunは途切れない。
味方に盾になって貰うような位置取りや、射程を生かして自分は障害物に隠れる等といったように、敵や敵が居ると思われる方向に自分の姿を晒さないのが基本。生き残れも参考に。

生き残れ Edit

メディックが居ると居ないとでは前線の堅さがまったく違ってくる。メディックが死にまくっているようだと前線は回復できず、ユーバーも使えずに総崩れになってしまう。
死んでしまうと復活待ちで10~20秒、そこから前線までの移動で(マップ構造や距離にも依るが)さらに10秒前後かかる。その間にどれだけチャージが溜められるか、死ななければユーバーを使えたんじゃないか。そういった事を考えれば生き残る事はとても重要だ。

 

よく見るのが前線と一緒に律儀に死にに行くパターン。前線が死のうがその前に死んだ仲間が後ろから来るわけなんだから、生き残って後ろに下がってその味方と合流するべきだ。大抵の場合前線が全滅するような局面では裏をかきにくく鋸も当たらない。
CPの奪取/奪取阻止、また敵に狙われて逃げるだけだと殺される状況でなければとにかく逃げろ。前線の把握してない場所に助けてくれる味方が居るとは考えるな。見えない所には敵が居ると考えろ。
敵がこちらより多く前線の味方が1人だけになったら、前に出すぎてる味方は見捨てても自分が生き残る事を考えるべきだ。単独で前に出すぎてる味方はメディックを守ってくれないと考えよう。
ただし味方がまだ複数いるのなら出来るだけ前に出て支援してあげよう。ここら辺の按配は慣れるしかないので周りを良く見て何度も死んで経験を積んでいこう。

 

メディックは毎秒最大3点のリジェネ(再生)しか自分を回復する手段がないのでヘルスが減りがちだ。他にメディックが居る場合は、そのヘルスをこまめに確認して減っていたら回復してあげるように。
メディック同士で回復すれば溜まったユーバーチャージを無駄にせずに次につなげる事ができるぞ。
基本的な事だがMAPに出現する回復パックの位置は頭に入れておくように。味方や敵に取られる前にとってしまおう。逃げる時も回復パックのあるルートを選んで逃げれば生き残る確率が高くなる。味方のSGのある場所も頭に入れ置くとよい。

 

前に味方が居て敵と交戦しているなら自分はその後ろについていよう。敵がまだ居るのに自分まで前に出て状況を確認しようとするのは危険だ。メディガンの射程の長さを生かして交戦している味方からはなるべく離れていよう。近くに居るとクリティカルで一緒に殺されてしまう。またその時は味方と別の方向を警戒していよう。
前線が頼りないとつい鋸や注射器を持って前に出てしまう人が多いが、鋸は最後の手段、注射器は逃げる時の牽制のための物だ。ぐっと我慢して味方を回復し続けよう。でなければクラスを変えよう。
鋸は最後の手段としてかなり役に立つ。ただしあくまで最後の手段である。真正面から向かっていくのは無謀なだけだ。基本は側面や後ろから、無理なら相手の周りを回りながら振れ。また障害物に一旦身を隠してから飛び出して振れ。相手がリロード中ならチャンスだ。殴り合いに持ち込めればラッキー。
乱戦の後で敵のヘルスが削れてる状態なら注射器や鋸で止めを刺すのも良い。ただし味方が他に居るなら無理はしない。自分のヘルスが心もとないならやめておこう。

ユーバーチャージを使え Edit

Medi-gunは対象を回復することでチャージがたまり、ユーバーチャージが全開になった状態で攻撃2(初期設定だと右クリック)を押すとメディック本人と治療中の仲間が一定時間(10秒ほど)無敵になれる。
この状態になる前に仲間にチャージされたことをradio等で意思疎通しておくことで敵陣に無敵で乗り込んで大量虐殺を行うことが可能になる。
しかし、無敵中はコントロールポイントを制圧出来ず(阻止は可能)、被弾や爆風による反動が大きくなるというデメリットがあるので注意。また、CP_WELL、CTF_WELLの機関車には効果がない(轢かれると無敵中でも即死する)。
ユーバーチャージを使ってSGを破壊しにいく時には、メディックが前に出てSGにターゲットされるようにすると、相棒がSGに近づきやすくなる。メディックが吹っ飛ばされて無敵が解けてしまうと元も子もないので気をつける。またCTFではブリーフケースを持った状態でユーバーチャージを使うことは不可能なので注意しよう。従って、ユーバーチャージで無敵になって帰るということは出来ない。また、ケースを背負った仲間を無敵にすることもできない。
ユーバージャージ中は吹き飛ばされやすくなるので不用意にジャンプするとその時に足元にロケランや粘着が来ると吹き飛んでしまうのでジャンプはしないようにしよう。
なお、ユーバーチャージはほかの武器に切り替えると中断され、再度MediGunに切り替えると再開できる。発動タイミングを誤った場合や、無敵中に敵がいなくなり安全になったときの節約手段として有効。(2007/12/20の更新で修正され、中断してもチャージを消費するようになった)

 

チャージを溜めたまま死んでしまうととても悔しい (T-T ので100%溜まりそうだったり溜まったら不用意に前に出ないか、出ても危なくなったらすぐ右クリックするようにしよう。100%溜まっている時に死にそうになったら誰も近くに居なくてもユーバーを使ってしまい、味方が居そうな所まで逃げよう。上手くいけば味方と合流できて反撃できる。
しぶとく生き残り味方を回復しまくればチャージはすぐに溜まる。生き残るのが上手くなってきたらユーバーは100%溜めたままにせずに積極的に使ってしまおう。もちろんタイミングを合わせて使うために待つのは良いがチャンスを得るためにとりあえず使ってしまった方がいい場合もある。
またユーバー全然溜まらないと嘆く前に自分が無駄に死んでないか見直そう。上の「生き残れ」の項も参考に。

回復銃以外の武器も使いこなそう Edit

メディックの基本は攻撃を極力避けてチーム内の味方の回復に従事する事だが、注射器と骨鋸をマスターすることで味方の背後を襲う敵を迎撃する懐刀としての役割をも果たせるようになる。行動の幅もグッと広がっていくのでぜひマスターしよう。

  • 注射器は飛距離が短いながらも「当たり続ければ」攻撃力はそこそこあり、止まってる敵と追いかけてくる敵に有効。追いかけられた場合は後退すると大抵まっすぐこっちにつっこんでくるので偏差射撃で連続して当てよう。
    • 追いかけられている以外の場面において、遠くから注射器を撃つのはほとんど意味が無い。なぜなら弾速が遅く弾が落ちる為遠ければ遠いほどこちらは狙いにくく敵はよけやすいからだ。
      またこちらから相手を狙えるという事は相手からもこちらを狙えるという事だ。1発あたりのダメージは大した事無いため当たってもすぐにKillできないし、下手に撃つとすぐこちらの位置がばれて敵の反撃を食らう事になる。
      敵アタッカー相手にそんな事をするより早く後ろに下がって味方と合流する事を考えるべきだ。
      傷ついている味方が周りに居るのに注射器を撃っているのは論外。注射器を撃つ前に周りをよく見て味方を探そう。
  • 骨鋸はメディックの移動速度がはやいのとの注射器に比べてダメージが大きいということがあり近接攻撃の中でもトップクラスの性能(とは言ってもダメージ自体は他のクラスの殴り武器と変わらない80Dmg)を誇る(メディックやスパイ相手で大抵二撃)。なので乱戦の中味方が引いたら一度身を隠して味方を追いかけていく敵を骨鋸で狩る事も可能
  • 基本はライフが削れた敵・弾が切れた敵を、背後や側面から狙う事

Spy対策 Edit

回復中の相手でも問答無用の背後一撃で葬り去ってしまうSpyはやっかいな相手だ。しかし、メディックはSpyの識別ができるようになるとPyroやScout並みにスパイ狩りを行えるクラスである。

  • 基本は上でも述べたように回復中でも常に動き回ること。どんなに相手にも背を向けないように注意しよう。壁を背にするのも悪くない。
  • Spyチェックの方法は触って確認がお勧め。移動がSpyよりも速く、他の味方を回復しながらでもチェックできるためだ。
  • Spyが自分よりもライフの多いクラスに変装している場合はライフが満タンでも他人から見るとライフゲージが少し減っているように見える。慣れてくれば見るだけで「プライマリウェポンを持っていて、ライフがこれくらい減っている味方は怪しい」とわかるようになるだろう。

アンロック武器について Edit

味方はユーバーを掛けると無敵ユーバーだと思い特攻する為、クリティカルユーバーを使う場合はVCが必須。
攻め側の場合は無敵ユーバーが無いと前に進めない場面が多いのでクリユーバーばかり使うのはよくない。
守り側の場合は迎撃に使えるのでもう一人のメディックが無敵ユーバーならクリユーバーを選択するのも良い。

基本的に敵との距離を保てる場所で、尚且つ後ろを取られてないような比較的優勢な場面でヘビーやソルジャーに使うと効果的。出る攻撃が全部クリティカルになるわけだから特攻するより敵から離れている方が良い。掛ける前にVCでリロードをお願いするかリロードが完了したのを確認しよう。
無敵にはならないので掛ける相手が死にそうだとせっかく使ってもすぐにやられてしまう。いったん下がって回復してから掛けるか、他の無傷の相手に掛けた方がよい。
ちなみに、スナイパーやスパイにかけても全部一撃死にはならない。

無敵と違いクリユーバーだけで危険な状況から逃げる事は難しいので、溜まったらなるべく早めに使ってしまうと良い。また周りの状況をよく把握して無敵を使ってる時より慎重に生き残る事が大事。
相手が無敵で来た場合はカウンターに使うというより、後続の無敵でない敵を掃除したり後から使って無敵が切れた敵へ使うと良い。
クリユーバーは言わば「対人に特化させたユーバー」と言ったものなので、対SGには全く役に立たない。部屋いっぱいの敵を一瞬で一掃出来るのは魅力だが、SGがある場合はおとなしく無敵ユーバーに切り替えよう。
アタッカーが皆微妙な場合はクリユーバーよりも無敵ユーバーの方が良いだろう。
味方メディックの無敵ユーバーも溜まっている場合、同じ人物に2種類同時に掛ける事が出来、その人物は無敵+全段クリの効果を発揮する。
しかし味方メディックが驚いて他の仲間にユーバーを切り替えてしまう事がある為、多用は勧められない。

回復注射器やユーバーノコは一見前に出て使いたくなる物だが、攻撃力が増しているわけではないし所詮メディックで真正面から立ち向かった所でアタッカークラスに太刀打ちできるわけが無い。ノーマルの武器を使うのと同じ様にスパイ狩り・ライフが削れた敵・敵から逃げる時に使おう。
間違っても回復注射器のみでライフを回復しよう等とは考えない事。そんな事をするより回復パックを取りに行ったり味方のメディックに回復してもらおう。

武器の切り替え画面はBindしておくと便利。

bind "o" "open_charinfo"

コメント Edit

最新の15件を表示しています。 コメントページを参照

  • ユーバーの優先順位を分かってないのが多い。開幕突撃、ライン押し上げならパイロかヘビー。入り組んだ地形で複数のSGを相手にするならデモマンが適任 -- 2008-02-11 (月) 21:33:01
  • そろそろメディックアプデトくるねぇ -- 2008-02-15 (金) 21:09:10
  • 前線での回復作業の忙しさは異常。でもこれが楽しい。 -- 2008-02-15 (金) 22:56:34
  • メディック2人がかりで1人にメディガンで回復すると、ユーバーの増加速度が1%/秒に固定?セットアップ中は気をつけてみるといいかも -- 2008-02-17 (日) 00:58:31
  • パッチ来てからそうなった気がする。何で変えたのか謎すぎる・・・ -- 2008-02-17 (日) 01:36:15
  • 前から二人付いたら遅くなった。 -- 2008-02-18 (月) 16:20:50
  • 注射器大好きなメディックが増えすぎなので追記 -- 2008-05-11 (日) 20:08:40
  • もしかしたらEngとMedって親子?実績に父と子の絆ってあるけど・・・顔似てるしな・・・ -- 2008-05-13 (火) 19:27:45
  • メディガンで誰かを回復してるときでも他の味方に照準を合わせるとヘルスが表示されるので回復中も他の味方に照準を合わせてヘルスの減ってる味方を探して回復してあげよう。 -- 2008-05-14 (水) 00:00:50
  • 実績の父と子の絆は父がエンジで子がSGってことじゃない?非常にどうでもいいが -- 2008-05-29 (木) 23:51:54
  • アンロック武器は直接指定してバインド出来ない? -- 2008-06-06 (金) 17:50:58
  • 出来ない。リスポンでしか変更できない。 -- 2008-06-07 (土) 10:11:36
  • そか、ありがとう -- 2008-06-11 (水) 13:36:30
  • セカンドピニオンの二人の同時ユーバーがよくわからないなぁ -- 2008-06-13 (金) 23:33:47
  • ↑ヒント:「同時」じゃ無くてもおk -- 2008-06-16 (月) 19:54:28
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White





*1 この武器のクリティカル発生率は、対象の負傷度合いや、負傷してからの経過時間に影響される模様。
*2 最大値が125点の場合は+60点、175点の場合は+85点まで
*3 つまり、どのクラスでも最大15秒で100%に戻る。