Top > Hummel

Hummel

Last-modified: 2017-02-20 (月) 17:39:59

Hummel.png

Tier 6 ドイツ 自走砲 Edit

公式紹介ページ

スペック Edit

車体

HP300
車体装甲厚(mm)30/20/20
最高速度(km/h)42
重量/最大積載量(t)22.1/23.0
本体価格(シルバー)930,000
修理費(シルバー)

戦車パッケージ Edit

パッケージ名
(必要経験値/購入シルバー)
G.W. Panther
(61,100/1,380,000)
Hummel
(28,400/930,000)
GW III/IV fuer s.F.H. 18/1(Sf)
(11,275/84,710)
Sd.KFZ 165
(11,465/90,210)

詳細 Edit

パッケージ名エンジン武装履帯砲塔
出力弾種貫通力ダメージ総弾数弾代発射速度
照準時間
精度
旋回速度砲塔装甲旋回
速度
視認範囲HP通信範囲
HummelMaybach HL 108 TR R15cm sFH 13 L/17Hummel Ausf.AHummel300310
250HE
HEAT
75
185
680
680
22505
12G
3.51
6
0.77
24--/--/--16360
GW III/IV fuer s.F.H. 18/1 (Sf)Maybach HL 120 TRM 112 R15cm sFH 18 L/30Hummel Ausf.BHummel300415
272HE
HEAT
85
185
950
750
181.120
12G
2.84
7
0.75
26--/--/--16360
Sd.KFZ 165Maybach HL 120 TRM R15cm sFH 18 L/30Hummel Ausf.BHummel300710
300HE
HEAT
85
185
950
750
181,120
12G
2.84
7
0.75
26--/--/--16360

外観 Edit

1_Hummel.JPG
Hummel - 15 cm sFH 13 L/17
 
2_GW.III.IV.sFH18.jpg
GW III/IV fuer s.F.H. 18/1 (Sf) - 15 cm sFH 18 L/30
 
3_SdKFZ165.JPG
SdKFZ 165 - 15 cm sFH 18 L/30
 
初期パッケージの15cm sFH13 L/17はGrilleの最終砲のものだが、史実では名前通り30年前の旧式歩兵砲である。鹵穫したLorraine 37Lを改造したロレーヌシュレッパーの搭載砲として良く知られる。
車体のモデリングは操縦室周りが拡大された後期型である。

解説 Edit

史実 Edit

1941年後半、バルバロッサ作戦で装甲部隊に追従できる砲兵部隊の欠如が明らかとなった。
そこでPz.Kpfw.IIIの車体を利用して榴弾砲を搭載する計画が持ち上がった。役割としては他の車両を榴弾砲で支援するものだった。
1942年初頭、Pz.Kpfw.IIIの車体の15cm sFH 17榴弾砲を搭載したプロトタイプが製作されたが、Pz.Kpfw.IVに榴弾砲を搭載する計画があった為に、試験はされなかった。
同年7月にPz.Kpfw.III及びPz.Kpfw.IVの統一を目論んで開発がスタートしていたPz.Kpfw.III/IVの車体を流用する予定であったが、自走砲向きの車体ではなかった為、アルケット社とラインメタル社によってPz.Kpfw.III/IVの車体を自走砲専用の車体に改良し主砲に15cm sFH18 L/30榴弾砲(マズルブレーキ無し)を搭載した。
この時の名称は「III/IV号火砲搭載車両」とされた。
最終的にPz.Kpfw.III(主にPz.Kpfw.II Ausf.Jの駆動システムとステアリングシステム)とPz.Kpfw.IV(主にPz.Kpfw.IV Ausf.Fのサスペンション、冷却システム、エンジン)を組み合わせた車体と特別に設計された榴弾砲を与えられ、開発されたのがHummel(マルハナバチ)である。
1942年10月に完成し、ヒトラーに披露されたが、この時はまだHummelとは呼ばれず、1943年2月6日に車両名Panzerfeldhaubitze 18M auf Geschu・tzwagen III/IV (Sf) Hummelが与えられた。
新型車両である中戦車Pz.Kpfw.V Panther、駆逐戦車Nashorn(当時の名称はHornisse)、駆逐戦車Ferdinandと共に1943年7月4日、クルスクの戦い(ツィタデレ作戦)に実戦投入された。
この時Hummelは第2、4、7、9、11機甲師団、機甲擲弾兵師団グロースドイッチュラント、SS第1~3機甲擲弾兵師団に配備され、それぞれにHummel 6両とHummel 弾薬運搬車(自走砲Grilleと同じである)1両で構成された。
余談ではあるが1944年2月27日にヒトラーの命令でHummelの名前は却下され、Panzerjaeger 8.8 cm auf Panther I (後のJagdpanther)とHornisse(後のNashorn)はその名称を変更された。

コメント Edit

最新の5件を表示しています。 コメントページを参照

  • ドイツの自走砲はGrilleまで砲の水平方向の可動範囲が極端に狭かったがこのHummelは砲の水平方向の可動範囲が格段に広くなっている。反面収束しきったレティクルの大きさはGrilleより大きいので、人によってはGrilleの方が活躍できたりもする。 -- 2014-06-18 (水) 00:49:37
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White