エーレンベルク

Last-modified: 2017-06-10 (土) 18:02:57

マップ画像

エーレンベルク.png

エーレンベルク-ブリザード
エーレンベルク-ブリザード.png

アップデート 1.8以前のマップ

ERLENBERG360_v2.png

マップ解説 (World of Tanks Wiki の詳しい解説はこちら)

サイズ1000m*1000m
迷彩冬季
戦闘形式通常戦、遭遇戦、強襲戦
チームディストラクション
天候等昼 ブリザード

アップデート・ラピッドファイア(2014/07/18)で追加されたマップ。
アップデート 1.8(2015/02/11)にて、地形が変更された。
アップデート 1.9 で、アップデート 1.8 の変更内容を反映したマップに修正された。
マップ北と南にある橋付近に、対岸に渡ることが出来る浅瀬が追加され、マップ中央付近に、建物が増えている。
また、マップ東西の山地も、その標高が若干低くなっている。

 

ブリザードマップでは視認範囲が制限され、マッチングも高Tier車輌のみに(偵察枠の軽戦車を除く)。
またブリザードマップでは河は全て凍っており、移動がし易くなっている。
ただ川岸との段差があるため全ての場所で登れる訳ではないので、降りた時に敵との戦闘で上に登らないといけない場合を想定して事前に退避路を確認しておくように。

 

通常戦

ERLENBERG360_1_1.6.2.png

それぞれの陣営の初期配置は、J3~J5地点、B8~B6地点を中心に配置される。
アップデート1.7より、西配置のスポーンポイントがF2付近に変更になった。

 

アップデート 1.7以前の解説

それぞれの陣営の初期配置は、J3~J5地点、B8~B6地点を中心に配置される。
アップデート1.7より、西配置のスポーンポイントがF2付近に変更になった。

旗と開始地点が離れている。
通常戦では、マップ左下と右上の交差点付近からそれぞれ開始。
旗は中央の市街地で川を挟んで近接している。川が大きな障壁になっており、北、南、中央の3本の橋を渡るしかない。
どの橋も長さと幅に大差はない。
スタート地点近くの川は北南共に渡れる浅瀬があるにはあるが、進路を少し逸れただけで水没してしまうので慣れてないなら橋を渡るのが無難。

東西にある丘と中央の市街地が特色のマップ。
部隊の初期配置上、目の前にある橋を渡るべきかどうか迷う所であるが、基本的には引いて待つのが有利である。
東側の部隊は、マップ東にある丘(D9からH9)をポイントに、西側の部隊は、マップ西にある丘(B3・C2からG2)をポイントにして敵を迎え撃つのが1つの方法である。

しかし、初期配置の関係上、橋を最初に渡ってしまうのも1つの方法である。
ある程度の戦力を集中できれば、敵の守備兵力を倒すことも出来るだろう。
守備側は足が速い戦車で無い限り、橋を渡ってきた敵戦車をC2やH9の丘で迎え撃つのは間に合わないことが多い。
その場合は、もう少し引いて敵を迎え撃つことも検討すべきである。

また、中央の市街地は、四方の丘から撃たれる危険が非常に高いが、偵察車両をうまく配置できれば、敵の配置が把握しやすくなるだろう。

ちなみに、大きい車両などで橋を封鎖してしまうと、進攻ルートが限られてしまう点も注意するべきである。

遭遇戦

ERLENBERG360_2.png
アップデート1.5より遭遇戦が追加された。
フラッグはマップ中央の橋に設置されている。

マップ中央にフラッグが設置されているため、開幕直後から占領を狙うのか、それも敵を掃討していくのかを選択することになる。

強襲戦

ERLENBERG360_3_v2.png
アップデート1.5より初期配置は、守備側がマップ北側に、攻撃側がマップ南側に配置されている。
(陣地を A4/5 へ移動。かつ、攻撃側は K9 と J0 へ移動。)

 

チームディストラクション

エーレンベルク-殲滅戦.png

 

アップデート 1.7以前の解説

アップデート 1.5にて、攻撃側のスタート位置が橋の東側に、守備側のフラッグが橋の東側から西側に移動した。
守備側のスタート位置は橋の左右(フラッグ地点と、マップ上の「1」の地点)に分散して配置されている。

攻撃側が全軍マップ東側に配置されており、守備側が分散配置なため、守備側は全力でマップ東側に向かうのが、それともマップ西側に引いて守るのかという選択を迫られることになった。
同時に攻撃側もそのまま北上して敵と戦うのか、橋を渡り、西側に向かうのかという選択を迫られている。

以前よりも兵力の割り振りが難しくなったと言える。

ちなみに、守備側は北の橋を封鎖してしまうという戦略を取ることが可能な点を記載しておく。

 

アップデート 1.4までの解説

ERLENBERG360_3.png
フラッグはマップ北側の橋の東側に配置されている。
初期配置は、守備側がマップ北側に、攻撃側がマップ南側に配置されている。

車両の配置が通常戦とは異なり、橋の東西に分散配置されている。
しかし、マップの配置上、通常戦と基本的には同じような展開になりやすい。

マップ西側ではB3・C2からG2までを挟んだ形で、マップ東側では、D9からH9とC0からG0までのあたりで敵と向かい合う展開になりやすい。

 

参考リンク・公式ページのマップ解説

http://console.worldoftanks.com/ja/content/about/game-guides/map-overview-erlenberg/

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • ここ、橋の上ででかい重戦車(TOGとかKV-5とか)が橋の上でいきなり方向転換すると、角度によっては後から猛スピードで来た軽い戦車がぶつかって橋から弾き落とされるから、不意の方向転換禁止だよな・・・。 おまけに、橋の縁に履帯が片方引っかかってから落ちるので、FFAにならずに自滅扱いになるらしい。 -- 2014-10-21 (火) 10:56:00
  • このマップ、B1からA1に渡ることが出来るみたい・・・。渡っていた敵がいたけど、渡ってどうするかは知らんw  また、C6の川の中にある島?には、D5付近から渡る事ができるみたい。川に落ちた味方が島から対岸に渡っているのを見た。こっちは万一の時に使えるかもw -- 2014-10-21 (火) 11:49:04
    • B1からA1わたる島は前に敵がそこに逃げ込んでたなw たしか駆逐だったとおもうけど もしかして無傷で数回生き残る?実績だっけ あれ目指してたのかな まあ最終的にふるぼっこにされてたけどw -- 2014-10-21 (火) 13:34:56
  • 通常戦では川沿いに自走砲が配置されるが、西チームの自走砲なら西へ、東チームなら東へ移動しないと、すぐに敵のLTがやってきて発見され撃破されてしまう。間違っても相手陣地側の方へ橋を渡ってはいけない。仮に味方主力が橋を渡って戦線を形成してくれても、リスクが非常に大きい。自走砲はチーム火力の要で、存在するだけで敵HTやTDにプレッシャーを与えるので、慎重に行動してほしい。 -- 2014-11-08 (土) 18:08:55
    • イギリスの自走砲など射程が短い自走砲だとそのまま待機か中央の街で遮蔽物に隠れるかしないと攻撃参加出来ないね。 -- 2015-01-14 (水) 00:00:57
  • 通常戦では、開始位置に近い橋から相手陣地側に渡っても、C2やH9を敵より先に制圧するのは難しい。35キロ以下の戦車だとC2やH9の丘へ辿り着く前に発見され、狙撃されてしまう恐れがあるので、自走砲がいないなら橋を渡った後はマップ端を進んで起伏を利用した方がいい。ただしそうしてC2やH9付近に辿り着いても、充分な戦力がなければ突破は難しく、なにより川を渡らずにG2やD2に芋った車両が遊兵になってしまうのでリスクが高い。しかしC2やH9に来る敵が少数だったり、ガラ空きなことも稀にある。 -- 2014-11-09 (日) 16:25:30
    • 戦闘の流れは、川を渡ってきた敵をC2やH9で迎撃した後に逆撃に移り、マップを時計回りに進軍して川を渡り、2GやD9での攻防となりやすい。最初の渡河攻撃も成功していればそのまま南北からの包囲殲滅となって一気に決着するが、互いに五分だと橋を渡っても迎撃されて進めず、高台と市街地の間で膠着状態になることが多い。一度膠着すると正面突破には時間がかかり、その間に中央からの観測や狙撃で均衡が崩れることも多いので、LTや高隠蔽のTDは立ち回りに注意が必要。また最前線の車両も、別ルートの戦況の動きを見てタイミングを合わせることが重要となる。 -- 2014-11-09 (日) 16:25:44
  • ここの強襲戦は攻撃側不利すぎ。かつてのマリノフカ強襲戦以上だと思う。防衛側がほぼ全滅しなきゃキャプに入れない旗位置が酷すぎる。現状では防衛側はヘボ揃いか攻撃側の息がよほど合ってるかしないと、攻撃側で勝てる気がしない。とりあえず攻撃側の主力が北東に向かったらほぼ負け確と思っていい。 -- 2014-12-03 (水) 20:21:20
    • 攻撃したい人が多すぎて直ぐに北の橋を渡って行くのには困ったもので、南の橋を渡ってきた敵と結果的に挟撃されるハメになる。 -- 2015-01-14 (水) 00:03:03
  • アップデートで、通常戦の西配置のスポーンポイントがF2の城付近に移動になった。これは・・・どういう影響があるのかな~。 -- 2015-01-26 (月) 17:45:11
    • 前はSPGがJ5辺りに配置されていて戻って来ないと直ぐに消えていたからじゃないかな。 -- 2015-01-26 (月) 18:10:55
  • 駆逐戦車芋専用マップ -- 2015-02-07 (土) 07:19:03
  • このマップ、南北の橋のさらに外側に対岸に渡れる浅瀬が出来たのと、マップ中央部に建物が増えたのと、C2の丘が低くなって建物が出来たの以外に、何か変わった所ありました? -- 2015-02-15 (日) 02:01:28
    • K5のところに水溜りって前からあったっけ? いつもの侵入ルート通ったらザッパーンって音がしたんで、よくみたら水溜りが出来てた。 -- 2015-02-15 (日) 23:18:23
    • ただ、南のKラインの川はそれなりの機動力がないと水没するくらい川が深くなってるので要注意。知らずにトータスで突っ込んだらドザエモンになっちまったよw -- 2015-08-14 (金) 07:33:39
      • それコースどり間違えてない?正しいルートには表面に土が見えてるから水没は基本しないんだけどね。横にずれるとダメだけどw。 -- 2015-08-14 (金) 11:23:55
      • まさにその間違えたところに突っ込んだんだwKラインのマップ端寄りがダメだったからKラインって言ったけど、正規ルートもKライン上にあったか・・・ -- 2015-11-10 (火) 01:43:00
  • ここの強襲戦攻撃側、主力がほぼ北上して西が手薄になり、北の主力が敵陣地付近でまごまごしてる間に西が壊滅。残った北主力は上下から挟まれて全滅あぼーん。そんなパターンばかりです。攻撃側はとっとと西の端渡ってG1あたりに橋頭堡を確保しないと勝ちが見えない気がするんですが、戦略的にどうなんでしょう・・・教えて先輩 -- 2015-08-24 (月) 20:50:43
    • 短時間にレスたくさんありがとうございます。特にCAPにこだわるというわけではなく、要は「強襲戦攻撃側は北一直線じゃなく西にもちゃんと戦力割かないと勝てないのでは」というお話です。誤解を招いたようで申し訳ありませんでした。どうかケンカはなさらないでください(笑 -- 2015-08-24 (月) 22:44:18
      • 続き。MAPローテの関係でここの強襲にそこそこ当たるんですが(何故か攻撃側ばかり)、だいたい味方がほとんど北へ向かってしまい、結果勝てないパターンが多かったもので。みなさんはどうかな、と思った次第でありました。ご意見ありがとうございました。 -- 2015-08-24 (月) 22:46:50
      • こちらこそすみませんでした -- 2015-08-24 (月) 22:48:11
      • 確かに攻撃側は橋を渡って西側に向かうのか、北上するのか、迷うことが多いです。自分は配置された位置が西寄りなら橋を渡るし、北寄りなら北に向かうようにしてます。基本は戦力をある程度は西にも割く必要があると考えますが、実際は何とも・・・。 -- 2015-08-24 (月) 22:50:50
      • 木主の仲裁が見事でちょっと感心してしまった。これが消火スキルか… -- 2015-08-24 (月) 22:58:11
      • ↑山田君、座布団3枚持ってきな! -- 2015-08-24 (月) 23:04:44
      • 勝手で申し訳ないですが、見苦しいうえにこれ以上は木主様に迷惑がかかるので消させて頂きました。 -- 2015-08-25 (火) 00:03:28
  • 通常戦北東スタートになると、高確率で負けパターンにハマる。開幕で西へ進軍、渡河しては溶ける味方の多いこと多いこと・・・焦るな、先に川を渡った方の負けだ此処は(笑 -- 2016-06-09 (木) 23:05:19
    • 西スタートはとりあえず北ルートの開幕特攻はほぼ確実に処理出来るからな。 -- 2016-06-09 (木) 23:47:08
    • 湿地mapほどでは無いにせよ渡河に到るまでどれだけ我慢出来るかが勝負の分かれ目になる時はありますね。ただ西側からあっと言う間に北東の丘付近まで来て南東からおっとり刀で北上してきたた東側を平らげてしまう場合もありますが。北東の丘上かの狙撃、北西の丘上からの狙撃がどちらにも重要なのかと。 -- 2016-06-10 (金) 04:48:47
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White