Top > スキル > 燃鱗
HTML convert time to 0.016 sec.


スキル/燃鱗

Last-modified: 2014-05-24 (土) 03:33:24

MH3・MH3G・MH4に登場するスキル。「燃鱗」のSPが+10で発動する。マイナススキルは存在しない。
一式装備でこのスキルが発動するのはアグナコトル原種の防具のみである。

概要 Edit

  • このスキルが発動すると、常時たいまつを点けているのと同じ状態になる。
    この為、ジャギィやギィギ等、ボスの周りで鬱陶しい雑魚が寄って来なくなる。
    メラルーは近づくと踊りだす為、実質盗み無効と同じ効果もある。
    狗竜系のモンスターやロアルドロス、クルペッコ、ギギネブラのように
    取り巻きによって混戦状態になりがちなモンスターを相手にする時には地味に便利。
    特にドスバギィと戦闘すると、上記の仕様上子分のバギィが周囲から睡眠液を吐きかけてこなくなり、
    「バギィの睡眠液で眠る→ドスバギィのタックルを喰らって大ダメージ」という事故が少なくなるので、
    かなり戦闘が楽になる。
    ブナハブラだけは寄ってきてしまうが、これにより、毒けむり玉でまとめて処理しやすくなるという利点もある。
    状況によってプラスにもマイナスにも成り得るスキルだといえる。
    • なお、効果があるのは陸上だけで、たいまつを点けられない水中に潜っている時は効果が無い。
      陸上ではビビッているルドロスも、水中では普通に襲ってくる。
      流石にミラオスの様にはいかないようだ。
  • 片手剣以外はたいまつの使用中に攻撃できない為、武器種によっては重宝する。
    特にアグナ一式ではガード性能などと同時に発動するので、ランス・ガンランスとの相性が良い。
  • たいまつと異なり暗がりを照らす事はできない。あくまでも周囲のモンスターの反応のみに影響する。
    もっとも、仮にハンターの周囲が明るくなる上位スキルが存在していたとしても、
    暗いエリアは本当にわずか(孤島と砂原に1つずつ、凍土に2つ)なので、
    こちらの効果は空気になっていたであろう事は想像に難くない。
  • MH3のお守りのスキルとしては中程度のランクに位置づけられていた為、
    炭鉱夫の中には釣りにおける外道の様に忌み嫌う者も少なくなかった。
    しかも炭鉱夫垂涎のガ性7S2回避7S2などと同じランクにも関わらず、
    こちらは不思議な程ホイホイ出てくるから尚更である。
    しかもMH3Gでは燃燐13+αという無駄に高性能なお守りまで存在する。
    防具や装飾品に燃燐のマイナスポイントはなく、上位スキルも無いので3ポイントは完全な蛇足である。
    MH3における「燃燐はハズレ」というイメージから性能の底上げが行われたのかもしれないが、
    MH3からの炭鉱夫は「何の嫌がらせだ…」とむしろ眉をひそめる結果となった。
  • MHP3ではたいまつと共にリストラされてしまったが、MH3Gでは共に仲良く復活を果たす。
    G級のギギネブラが自分の背中に産卵するようになり、
    そのままだと、そこから生まれたギィギにたびたび吸血されて攻撃どころではなくなってしまうので、
    群がってくるギィギへの対策として採用される事が多くなった。
    • なお、たいまつと違い、ギギネブラに対するヘイトの上昇には一切関係は無い。
      更に、洞窟が明るくなった関係で照明としてのたいまつにほとんど意味が無くなったので、
      現在ではたいまつよりも性能で勝っていると言えるだろう。
  • MH4にも続投しているが、ギィギとの連携が厄介なギギネブラがいないので、戦闘面では正に空気なスキルになった。
    しかし虫を寄せて他を寄せない点は変わらないので、モンスターの濃汁等の虫素材を集める際には非常に便利。
    特に今作では剥ぎ取りマスターがあるので、高速収集と合わせれば虫素材があっという間に集まるだろう。
    但し、ただでさえ邪魔なクンチュウまでも寄って来てしまうので注意。
    剥ぎ取りマスターがあれば剥ぎ取りの邪魔をされる事は無いが…

余談 Edit

  • アグナコトルには実際に「燃鱗」と呼ばれる鱗が存在し、
    燃鱗のSPをアップさせる「燃焼珠」という装飾品の素材にもなる。
    なお、燃鱗といっても本当に燃えている訳ではなく、燃えるような色合いからそう呼ばれている。
    ということは炎の如き外観で威嚇しているのか?と考える人もいるかもしれないが、
    目のないギィギがおびえるので、熱か人の目に見えない波長の光を発していると考えるのがやはり妥当か。

関連項目 Edit

アイテム/たいまつ