Top > 基本情報
HTML convert time to 0.249 sec.


基本情報

Last-modified: 2017-04-23 (日) 15:07:26

システム Edit

体力システム Edit

health.png

・緑のゲージ:体力
・白のゲージ:アーマー

  • 「被弾せずにいると一定時間後全回復するアーマー」と
    「アーマーが切れた状態でダメージを受けると減る体力」で構成されており、
    アーマーの許容範囲内のダメージなら体力は減らない。アーマーの回復時間はオンラインだと3秒。オフラインだと1.75秒。
    体力の基礎値は230。
  • 体力が0になるとその場にダウンする。
    セカンダリで応戦できるがダウン中に更にダメージを受けすぎると抵抗不能になる。
    ダウンしてから一定カウント以内ならば味方に助け起こしてもらうことができる。
    カウントダウンがゼロになる、もしくはHard以上で一定回数ダウンすると即Custody(収監)となる。
  • ダウン状態から助けられると、ヘルスが一定値減らされた状態で復活する。
    蘇生直後はアーマーゲージが回復するまではアーマー0扱いなので、難易度DWの時に炎の上でダウンした人を蘇生すると即ダウンするので注意。
    今作ではダウン復帰後のヘルスは一定で、難易度が高いほど復帰後のヘルスが少なくなる
    Normalでは50%まで回復するが、Overkillでは40%,DeathWishでは10%にまで低下する。
    また何度ダウンしても収監されるまでのカウントは30秒で変わらないが、
    前述の通りHard以上ではMedBagで治療せずに一定回数ダウンすると即Custody状態となる。
    Left 4 Deadのルールに近い、と言えば分かる人も多いかもしれない。
    ちなみに次のダウンで即Custodyになる場合、その直前のダウン時及びヘルス50%以下時に視界が灰色になる。
  • Custody状態は生き残っている仲間が人質交換することで復帰することができる。
    ヘルス・所持弾数は全回復するが、装備枠は補充されないで復活する。
    難易度Hard以下ではCustodyされても他の仲間が一定時間耐えることで
    人質がいなくても即復活することができる。

スタミナ Edit

  • 今作より画面には表示されないが、自動回復するスタミナが存在する。
  • 走り続けると、キャラクターが息切れし、やがて走れなくなる。
    走っている最中2ポイント/秒消費する
    • 走り終わった一定時間後にスタミナは回復を始める
      3ポイント/秒回復する
  • スタミナの回復に、歩く・立ち止まる・しゃがむのそれぞれの状態で回復量に違いは無い。
  • スタミナを増加、スタミナの回復を上昇させるスキルもある。(Duck And Cover)

成長システム Edit

  • 各仕事の難易度などに応じて、成功時、または失敗時に経験値・現金が加算される。
    ※しかし失敗時・仲間が収監時には、マイナスされる項目がある。(得られるXPが大幅に減るという意味であり、現在のXPがマイナスされることはない)
  • 一定の経験値を得るとReputationが上がり、武器、装備、アーマー等が購入可能になり、スキルポイントがもらえる。
    • また、10Lvごとに更に2ポイントのボーナススキルポイント(合計で3ポイント)がもらえる。
    • 最大100Lv、スキルポイント合計は120
  • 各スキルツリーは、MASTERMINDENFORCERTECHNICIANGHOSTFUGITIVEの5つ。
    • Tier(段、層)に分かれていて、決められた合計スキルポイント以上を割り振る事で、次のTierがアンロックされる。
    • 各スキルには、基本のBASIC・強化版のACEの2段階が用意されている。
    • 必要なスキルポイントを消費する事で、アンロックされる。
  • 獲得できるスキルポイントは決まっているので、全てのスキルをアンロックする事は出来ない。
    • 6つある装備解除・強化系のスキルのうち2個は取得しておかないと味方と被りまくってしまうだろう。
    • 一部を除いてスキルポイント無しで装備出来るようになった。
      • OVE9000,C4,セントリーガン,ECMジャマーはチームの誰も持っていなくてもごり押しでクリアできる。
      • Ammo BagとDoctor Bagは無いと戦闘時にかなりの苦戦を強いられるので、アンロックだけでもしておくと良い。
  • スキルの振り直しも可能。ただしスキルツリー単位で、消費したお金は半額しか戻ってこない。
    • スキルにカーソルを合わせて右クリックで、振ったスキルポイントを回収することが出来る。
  • オブジェクティブの達成、金品の回収はチーム全員で同じ基礎量を獲得でき、REP上昇に伴い最終的に上方修正される。
  • Sキーを押すことでスキルセットを切り替えることができるので用途に合うセットを瞬時に変更できる。全て解放させるには条件が必要なものもある。

Infamy Edit

Update #22で追加された、某有名FPSのような周回システム。
詳細はInfamyの項を参照。

EXP Boost Edit

EXP Boost_15per.png
UPDATE #24で追加された新システム。
・仕事受注の際、アイコンの上に"+"や"−"が付いているJOBがあり、取得経験値の増減を表しています。
簡単に言うと、同じJOBを何度も遊ぶとマイナス側に、他のjobを遊ぶとプラス側に補正は傾いていく。

-30%〜+15%の範囲で変動するので、早くInfamyを行いたいなら意識しておくと良い。

  • 自分でJobを買った場合はBoostボーナスは消滅する
    • ただし、マイナスBoostは消滅しない
  • 「+」「-」のつくJOBの数には上限がある
    • 「+++」のつく数は1「++」のつく数は5と少ない為、効率の悪いJOBなら「+」消しを行うといい
      「+」の最大値は「+」で6% 「++」で13% 「+++」で15%
    • Crime.net上で黄色に光っているのが「+」,赤色に光っているのが「-」

Stealth Boost Edit

Stealth Boost_02.png
UPDATE #25で追加された新システム。

  • ステルス可能JOBにて、ステルスクリアすると経験値ボーナスが貯まる。
  • JOBによって、+5%〜+25%の範囲で変動する。

EXP Boostとの違いはステルスクリアしたJOBではなく、その次にクリアしたJOBに対してのボーナスになる。
ステルスクリアでボーナスを貯め、EXP Boostの付いたJOBをクリアすれば、さらに取得経験値が多く貰える。

  • 途中退室でステルスボーナスは消滅する
    • 例1:BANKに入ったがSAWを持ってきていないことに気づき退出 → この時点でボーナス消滅。
    • 例2:Projobに失敗した → 問答無用で消滅。
    • 例3:Readyを押す前に入るサーバーを間違えたことに気づき退出 → やっぱり消滅
  • LOBBYで退出しても消滅はしないが、JOB OVERVIEW以降まで進めるとダメなもよう。

XP Awards Edit

Update 67_Rats OK.png
Update 67で追加された新システム。

  • 各Job毎に特定の行動を行うと追加経験値が得られる。
    共通の行動として、バッグを回収する,脱出する、Loudに移行する,Job開始から一定時間経つが挙げられる
  • Job受注画面で[M]キーを押すか、クリックすると表示を切り替えられる。

増加分は基礎経験値に加わるので、ボーナス類がかかり最終的な取得経験値は数倍に増加する。
BANK HEISTなど一部のJobはXP Awardが1つしか設定されておらず変動しない。

 

途中参加の場合、参加以前に達成されたAwardは獲得できず、参加後に達成した分だけしか経験値はもらえない模様。(Update 67)
修正された。(Update 68.3)

Crime.Net(仕事の受注) Edit

  • 今作では単に仕事やその難易度を選ぶのではなく、地図状の犯罪行為斡旋ブラウザ「Crime.Net」にランダムに出現する仕事から選ぶ形式になっている。
  • Crime.Netには仕事名と難易度、進行中のゲームの場合ホスト名が表示され、ホスト名の書かれていない仕事を選んだ場合には自分がホストとなる。
  • ホストした場合参加者のRep制限やゲーム公開レベルの調整を行えるが、公開レベル「Private」は完全に参加を禁止している(Invite onlyではない)ので注意、フレンドだけでやりたい場合は一旦Friend Onlyで呼んでからPrivateにする事。
  • なお、PC版では従来通りSteamのコミュニティ機能での参加やInviteも可能。
  • 黄色のドクロrisk_level.jpgの数が難易度を表しており、黄色の点無しがNormal、1つがHard、2つがVery Hard、3つでOVERKILL、4つでMayhem、5つでDeath wish、6つで最高難易度のOne downとなる。

DAY Edit

複数の日を跨ぎ異なるマップでのミッションをクリアし、最終日をクリアすることで初めてまとまった報酬を得られるミッションも存在する。
このタイプのミッションでは、以下の特徴がある。

  • 各DAYごとの展開、入手したアイテムや脱出方法等を後日に引き継ぐ。
  • 最終日以外の報酬は少なく、最終日以外はカードを引くこともできない。(途中での退室や切断は報酬も経験値も取得不可)
    • バッグアイテムやInstant Cashの集計も最終日となる。
  • DAYとDAYの間にはアクシデントとして、小規模な脱出マップが挟まる場合もある。
    詳細はESCAPE

PRO JOB Edit

現行バージョンでは廃止された模様

Mutators Edit

  • 難易度を微調整できる。
  • 設定すると、実績と殆どのトロフィーが獲得できなくなり、クリアカウントも進まない。
  • 逆にMutatorsを設定しないと達成できないトロフィーもある。(EVOLUTION、MERCENARYが該当)
Mutator一覧

ゲーム進行 Edit

Job Overview Edit

ゲームを開始するとまずOverviewが始まり、Assetsの購入、武器の変更、チャットを行える。
Assetsを購入すれば、マップ内にあらかじめAmmo BagやDoctor Bagを設置したり、仕事を有利に進めるための支援を受けられる。
基本的にあって損は無いので、お金に余裕があったら購入しよう。
また、一部マップでは事前情報や前日に手に入れた情報がここに表示されている場合もある。
Bainの与太話に「check out assets」等と記載されていたら必ず確認する事。
武器の変更はただ変更するだけで、改造は行えない。サプレッサー等の調整は事前に済ませよう。
他人の装備のサプレッサーの有無(〼←のようなMODアイコン)も確認出来るので、そこも一応チェックしよう。

現状、予め「profile」としてスキル、パーク、武器、その他装備の設定をプリセットとして保存出来る。
このロビー画面の一番下に表示されるのでここで切り替えが可能(武器MOD等の変更は出来ない)

また、他のプレーヤーの装備を見ることができるので、足りない部分の補完なりして誰もAmmo Bag持ってなかった等の事態は避けていきたい。

 

途中参加だと、Loading完了後にDAYの下に表示されているマーク(とBGM)で、現場の状態が分かる。
白い場合、まだ通報されておらずステルスを維持している状態。
赤い場合、すでにアラームがなり戦闘に突入している状態。
仲間の装備も確認の上、ステルス中に戦闘装備で参加、もしくはその逆といった事にならないよう気をつけよう。
Job Overview.png

偵察 Edit

約半数のマップでは、ゲームが開始されるとまずマスクを被っていない状態から始まる。
この状態ではあくまで何故か医療キットをぶら下げてたり、防弾アーマーを着込んでたりする一般人なので、ただ見られたとしても咎められる事は無い。
しかし、やっぱりアーマーを着込んだり、銃を隠し持っているので警備員やギャングには怪しまれる。仕事によっては接触するだけでばれる事も。
バレたくないなら円状の注目ゲージに気をつけ、回りきる前に距離を取るか、視界から隠れたい。
また、あくまで一般人として振舞うため、この状態ではイントラクトを行うどころかしゃがむ・走る・ジャンプする事もできない。
十分に偵察を行ったらGキーを長押ししてマスクを被り、仕事開始。

ステルス Edit

マスクを被っても、非消音(サプレッサー無し)の銃器を発砲した(された)り、市民や警備員に見られたりしない限りは警察を呼ばれることも無く、戦闘を行わずに仕事を進める事ができる。
多くのマップが完全にステルスでクリアできる設計になっている他、ステルスクリア時限定で多大な報酬を手に入れることができるマップも存在する。

ステルスクリアを目指す為に知っておきたい基本はこちらから

アサルト(ラッシュ) Edit

Assault.png

  • 犯罪行為がバレて30秒経ち、画面の右上に上記アラートが表示されたらアサルト開始状態。
    • この時に人質を確保しておくと(一回目の)アサルトが始まるまでの時間が延びる
      • DWだと40秒、それ以外の難易度だと60秒
  • SWAT隊員はもちろん、特殊隊員(Shield、Taser、Cloaker、Bulldozer)が難易度に応じて複数襲ってくる。
    • 難易度が高い程、MAPに出現する敵兵(特殊隊員)の上限も多くなる
      • 通常は最大出現数の50%を維持するように出現する
      • 最初のWaveだけは最大出現数の75%を維持するように出現する
  • アサルト中はスモークグレネードやフラッシュバンが投げられる事もあり、視界を奪われるため非常に戦い辛くなる。
    • 敵のスポーン地点付近にいると、敵がスポーンする前に演出で、スモークグレネードかフラッシュバンが必ず発生する地点がある
  • 基本的に仲間で決めた場所などでキャンプする事になるが、フレンドリーファイヤーは無いものの視界を遮ると邪魔なので、仲間の目の前でキャンプするのはやめましょう。せめてしゃがみましょう。
  • 上記のとおりフレンドリーファイヤーは無いので、味方越しに敵を撃つことをためらう必要はありません。
    味方AIを撃つと血しぶきが飛ぶ演出がありますが、プレイヤー同様に弾は貫通し奥の敵にちゃんと当たっています。
  • むやみに飛び出してダウンすると、助ける事が不可能になるので慎重に行動しましょう。
  • カバン運びなどのオブジェクトの進行はアサルトが終わりかけか、終わったときに進行したほうが安全です。
    • 特に最高難易度のDEATH WISHではアサルト中は非常に危険だが、アサルトが終わってから行動していては間に合わないことが多い。アサルトの終わりかけのうちにどれだけ進めるられるか、終わりかけを見極められるかが重要となる。

人質システム Edit

Hostage.png

  • ケーブルタイを使って民間人を拘束することで Hostage(人質)を取ることができる。
    • 上記画像右側が、現在の人質の人数を示す。
      • 人質や盗品バッグがあると、Assault終了〜次のAssault開始までの間にHRT(人質救出チーム)が出現し、人質や盗品バッグを回収しにくる。
      • HRTは他の隊員の思考と違い、ひたすら目標に向かって進んでいく。
      • HRTは回収できなくてもAssault開始と同時に帰っていく。
  • 誰かが収監されてもHostage(人質)を確保していた場合、指定された人質を交換に出して仲間を復活させることができる。
    • 復活する時は、ホストのそばに復活する。(条件不明だが、まれにホスト以外の人のそばに復活することがある)
    • ステルス中でもなくアサルト状態でもない時に一定時間が経過すると、Bain が交渉に成功した旨を報告し指定の人質が黄色くスポットされる。この人質の拘束を解く事で人質交換が完了する。
      • ステルス中は収監されても交渉が行われないので、人質交換はできない(復活できない)。
        ステルス中は落下やグレネードのダメージなどで収監されないように注意。
    • 収監された仲間が特定のスキルを習得していた場合は、人質を取った瞬間に一度だけアサルト中でも解放されます。
  • 民間人を殺した人数に応じて交換が可能になるまでの時間が長くなる。
    複数の味方が収監されていた場合、交渉が終了した順に復活する。
  • 人質交換中(アクションキー長押し中)も警官の攻撃は容赦ない。
  • アサルト中は Bain の交渉が中断しているのか人質が黄色くスポットされることは無いが、された状態でアサルトに突入した場合はいつでも人質交換が出来る。その人質を射殺しない限りは。
  • 民間人の人質は放っておくと警察が解放してしまう。
  • 基本的に最後に拘束した人質か最寄りの人質が交換対象になるようだが、遠く離れた人質の解放を求められることもある。
  • 拘束した民間人はインタラクトすることで立って移動させることが出来る。移動というか後をついてくるようになる。これを利用してキャンプポイント周辺に集めておけば、解放されてしまうことも遠くの人質に難儀することも防げる。
    • ただし、インタラクトできる人質は一度に一人ずつ。二人以上同時に連れ歩くときは人数分のプレイヤーが必要。
      連れ歩きにはスキルは必要ない。
  • 民間人を移動させている時、敵の銃撃が民間人に命中して死亡する事があるので、交戦中に移動させるのは避けた方が良い。
  • ステルス時にも移動させることは出来るが、警備員、市民に見られると即「!」が付くので気をつけること
  • 民間人だけでなく、殴りや銃撃を受けてひるんだ警察官・SWAT隊員もFキーで降伏させて人質にできる。
    (要スキルDominator特殊隊員は無理)。
  • ただし、降伏させた敵も放っておくと別の敵が解放してしまう。人質のカウントも一人減る。
  • しかも敵の手によって解放された敵は、その場で再び戦線に復帰する。
  • 敵に解放される前に人質交換によってコチラが解放した場合は戦線に復帰しない。
  • 降伏した敵は民間人と違い、連れ歩けない。
  • 前作と違い、今作ではAssult中でも降伏させることが可能。
  • 降伏させた敵を味方にすることも可能(要スキルJoker
    Jokerになった敵も人質として交換対象になる。
    余裕があるならJokerにしても良いが、その場合は銃撃戦でJokerが死亡する可能性がある点には注意。
    Jokerにせず放っておいた場合はプレイヤーが射殺しない限りは、敵に殺されることはない。
  • 難易度がHard以下の場合のみ、収監されても3分経過するとアサルト状態でも復活する。人質も不要。

マップ内の仕掛け Edit

マップ内には多数の仕掛けがあり、突破・確保・利用することでゲームを進行させたり、有利に運ぶことができる。

開錠 Edit

ゲーム内では施錠されたドアや金庫等を開ける場面が多数登場し、複数の突破法により攻略が可能となっている。
そのドアや金庫に使用可能な突破法は、ポップアップ表示や付属する装置により判別できる。
door0102.jpgdoor030405.jpgdoor0607.jpgdoor072.jpg

  1. 多くのドアはピッキングによる突破が可能。特別な道具は必要としないが、時間が掛かる。(画像のタイプのドアは20秒)
    GHOSTのスキルNimble ACEおよびPerkBurglarで時間を短縮できる。
  2. OVE9000を用いれば大抵のドアを即座に開錠できる。開けるのにはチョットしたコツがいる。
  3. Trip Mineを持っていれば消費してドアや金庫を発破できる。
    Gで設置するのではなくFでポップアップをイントラクトする事によって設置するので間違えないように。
    複数個所にポップアップがある場合その数だけTrip Mineを消費する。
  4. GHOSTのスキルNimbleをACEにすることで、このタイプの金庫を無音かつそこそこ短時間でピッキングできる。所要時間は45秒。
  5. ドリルを使用することで金庫やピッキングできないドア等をこじ開けることができる。
    設置して数分の時間を要し、たまにジャムって再起動を要求する。
    前作ではいちいち取りに行ったりしていたが、今作ではこのポップアップがある場所には無条件でドリルを設置できる。
    TECHNICIANのスキルで時間短縮や消音化したり、自動で再起動するドリルを確率で設置したりできる。
    ちなみにドリルの液晶画面のアイコンは向かって左から
    「時計=時間短縮」「…=サイレント」「回る矢印=再起動の可能性」
    となっておりそれぞれがTECHNICIANのドリル関連のスキルと紐付いている。
  6. GHOSTのスキルECM OverdriveをACEにすることでECM Jammerを消費して電子ロックを無効化して開錠できる。
    こちらもポップアップにイントラクトして設置する。
  7. キーカードを使用し電子端末に接続し、電子ロックされたドアや港のドックのゲートを開けたりする。
    入手先はデスクの上であったり警備員や民間人であったり、さまざまである。

以上の手段の他に、ドアノブ付近を数発撃つ事で突破できるドアも多数登場する。
「木製のドア」、「ガラス窓のドア」、「金網のゲート」が該当する。金網のゲートは南京錠を撃つ必要がある。
ショットガンのHE弾を除けばどれも一律、どの武器の弾であれ4発(散弾は散らばった弾1つ1つを1発として)当てればよい。
HE弾なら1発で開錠可能。

登場する場所の例としては

  • RATS DAY1の物置(木製のドア)
  • BIG OIL DAY1のギャングの隠れ家(木製のドア)
  • FIRE STARTER DAY2のビルの入り口3箇所(ガラス窓のドア)
  • FRAMING FRAME DAY3の屋上のドア3箇所(ガラス窓のドア)
  • BANK HEIST系の駐車場のゲート(金網のゲート)
  • FIRE STARTER DAY1の倉庫裏への道(金網のゲート)
  • WATCH DOGS DAY1の、トラック助手席側の建物二階の扉(木製のドア。このタイプのみHE弾無効)
    など。

木製のドア、ガラス窓のドアの射撃位置はSAFE HOUSEで確認出来る。
金網のゲートはBANK HEISTで確定で出現する。

また、オブジェクトに直接関係の無い扉であれば、施錠された扉でも警察は一発で開錠して侵入できる。
敵AIはある程度既存の侵入経路を優先するようだが、足止めとは考えないでおこう。

バリケード Edit

planks01.jpg
マップ内にある窓等には木材を使ってバリケードを作ることができる場合もある。

planks02.JPGplanks03.jpg
数箇所の候補地に板材が落ちているので拾い、画像のポップアップの場所をイントラクトすれば設置できる。
いかにも封鎖できそうな場所でもポップアップ表示が無ければバリケードは作れない。
作ったバリケードは敵の侵入を遮るので、敵の侵入位置をコントロールすることでこちらの射線の通りやすいところに誘導し、奇襲を防ぐことができる。
もちろん弾除けにも使える、というか敵の視線そのものが遮られるので、隠れてしまえば攻撃自体されなくなる。
戦闘開始時には、攻撃が緩い内に可能な限り設置しよう。
ただしそんなに耐久力は無いので、戦闘に巻き込まないように注意したい。

武器関連 Edit

パラメータ Edit

  • WEAPON
    Parameter01.png
  • ゲーム内で記載されるもの
    MAGAZIME:マガジン容量
    銃に装填できる弾の数
    TOTAL AMMO:携行弾数
    最大で所持できる弾の数、マガジン内の弾も含む
    RATE OF FIRE:発射速度
    通常1分間に何発撃てるかを表したもの、値が大きいほど連射能力が高い
    DAMAGE:攻撃力
    相手に与えるダメージ量
    ACCURACY:命中精度
    ADS時の初弾精度
    スキル補正無しMODのみによる上限は18まで。
    STABILITY:安定性
    射撃時のリコイルの低さ、値が大きいほど反動は小さい
    スキル補正無しMODのみによる上限は25まで。
    CONCEALMENT:隠密性
    DETECTION RISKに関係、値が大きいほど見つかりにくい
    スキル補正無しMODのみによる上限は30まで。
    THREAT:威嚇
    制圧効果の高さ
    1発撃つと20m内(壁を挟むと無効)の敵に(THR+2/10)の制圧効果が溜まっていき、一定値まで溜まると通常隊員に回避行動(姿勢を低くする、物陰に隠れる)をさせる。
    Threatの値自体は銃声の大小に関わらない、またTHRが高くても敵から狙われやすくなるということはない
     
  • ゲーム内で記載されないもの
    リロード時間
    リロードにかかる時間
    スキルでの強化は速度にかかるので、+50%なら、かかる時間は2/3に短縮される
    ちょっとややこしいが、リロード時間が50%減少ではなく、リロードモーションが50%高速化(1.5倍速)する。
    例:リロードに15秒かかるピストルがあったとする。
      1.5倍速のスキル取得で1.5分の1になるので、10秒に縮む。
    弾薬回収効率
    敵が落とす弾薬箱ひとつで補充される弾数
    銃声量
    ステルスでは発砲音が気付かれる距離に影響する。一部武器を除いて、サプレッサーの装着で0mになる。
    アサルトではほぼ意味がないが、解放されている人質を逃がさないのに有効。
 
  • ARMOR
    parameter_Armor.png
    ARMOR:耐久力
    敵の攻撃に耐えられる量
    CONCEALMENT:隠密性
    DETECTION RISKに関係、値が大きいほど見つかりにくい
    SPEED:速度
    歩く・走る時の移動速度に関係、値が大きいほど速く移動できる
    DODGE:回避性
    敵の攻撃を受け難くなる、値が大きいほど回避しやすくなる
    STEADINESS:安定性
    攻撃を受けた際、画面がブレにくくなる、値が大きいほどブレは少なくなる
    STAMINA:持久力
    走る持久力、値が大きいほど長く走れる

アタッチメント (MOD) Edit

  • 今作では、銃を幅広くカスタマイズ出来るアタッチメントが使用可能になった。仕事の内容に合わせてサプレッサーやサイトを取り付けよう。
  • 銃の種類によって共用のアタッチメントが存在する。
  • 取り付けたアタッチメントは銃から外すことが可能、外しても無くならずそのままインベントリに戻る。
    • ただ、再度取り付ける際にはコストがかかるので注意。
  • MODの種類によってはドロップして所持している数だけしか装備出来ないものと、DLCや実績などの条件を満たしていれば数は制限なしで装備できるものと別れる。
  • また、Side Jobの報酬としてある程度絞り込んだ上でMODを獲得できる。目当ての物があるならば活用しよう。

報酬 Edit

アイテムドロップ Edit

PAYDAY_Item.png

  • PAYDAY時に、3枚のカードから1枚選びランダムで武器アタッチメント、マスク、マテリアル、パターン、カラー、現金、経験値、Safe、Drillのいずれかがもらえる。
  • レアアイテムはTHIS IS AN INFAMOUS ITEM!と表示される。
  • 武器のアタッチメントは、ストックが2つ以上ある場合出現しなくなる。出て欲しくない装備は武器から外し、ストックを埋める事で相対的に欲しい装備の出現率を上げることができる。
    • つまり、全てのアタッチメントを2つ以上ストック出来れば、必ず武器以外のアイテムがドロップするようになる。
  • 武器アタッチメントは現在所持している武器の物がある程度優先して出現する。優先してアタッチメントを集めたい武器がある場合、他の武器を売ってしまうのも手。
    • ただし、出にくいというだけで出るときは持っていなくてもやっぱり出てしまう。

報酬金 Edit

Contractをクリアすることで武器の購入や改造、マスクの製作やスキルのアンロックに使用するCash(現金)を入手できる。
大まかな報酬がContract選択時に表示されるが、ほとんどは資金洗浄という形でOffshore Account(海外口座)に流れるので、最終的な手取りは報酬総額の20%となる。

略奪品について Edit

多くのJobに車やヘリ、ボートへ確保する、または背負った状態で脱出することで追加の報酬を得られる略奪品(Loot)が存在する。
略奪品にはそれぞれ重さが設定されており、略奪品のバッグを背負っている状態ではAmmo Bagなど装備品の展開ができないほか、
その重さによって下のようなペナルティが発生する。


重さ移動速度ダッシュ投げた際の飛距離
軽い±0%可能長い
普通-25%不可能
重い-50%短い
非常に重い-75%非常に短い
極めて重い飛ばずにその場へ落ちる


略奪品からの報酬は、固定のものと難易度により変動するものがある。
変動は原則として下の倍率表に準ずる。


難易度報酬倍率
Normalx1.0
Hardx2.0
Very Hardx2.6
Overkillx4.2
Death Wishx8.2


以下は略奪品ごとの重さ・基本報酬額・登場Jobの表である。
報酬の欄に「〜」と書いてあるものが変動する。書いてないモノは難易度に関わらず固定。
「極めて重い」ものを持っている時にジャンプボタンを連打すると微妙に早く移動できる。


クリックで展開


Side Jobs Edit

Update 58で追加された報酬システム、Crime.Netの左下に表示される。
昨今のバージョンでは、SAFE HOUSEのSIDE JOBタブから確認する。SAFE HOUSEがRAID中は
Crime.Netからでは確認できないが、マルチ部屋ロビーから確認が行える。
Daily、Weeklyに指定された実績と同内容のチャレンジを達成すると、設定された報酬を獲得できる。
達成時に、実績解除済みであっても「イェーイ!」というような歓声がなり確認でき、Jobクリア後の精算画面にSide Job Completed!と表示される。
達成時点で条件を満たした事になるので、内容によってはJOBをクリアしなくてもよい。

 

達成後はSide JobsのRewardsからクリックすると報酬を獲得できる。
報酬を受け取らず期限をすぎると、そのまま消えてしまう。

 

MODは武器を選択する事ができ、その武器のMODをどれだけ持っているかも表示される。
(例:18 of 18 availableなら全種類所持)

選択できる武器は現在装備できる物のみ。

  • スキル未習得でも、AkimboやSawを選択できるようになった。(Update 71時点で確認)
    Repによる制限は未確認。

もらえるMODはPAYDAYドロップで取得可能な物のみ、実績MODは対象外。

 

武器MOD獲得の小技

  • LED Comboが欲しい時は、スナイパーライフルやVulcanでButcher Mod Packを選ぶと1 of 1で確実に入手できる。
  • 出てきたMODが欲しい物ではなかった場合、「OK」を押さずに「Alt+F4」でゲームを強制終了させれば、セーブされずもう一度受け取りなおす事ができる。
    強制終了→起動を繰り返すと、フレンドに起動通知が連続で出て煩わしく思われる事もあるので、Steamのフレンドから自分の状態をオフラインにしておくと良い。

Daily Edit

  • 報酬:$20,000、武器MOD
Daily一覧

Weekly Edit

  • 報酬:$140,000、Infamousマスク
Weekly一覧

Monthly Edit

  • 報酬:以下の2つからどちらかを選択
    • ランダムなStats Boost
    • Team Boost
Monthly一覧

SAFE HOUSE DAYLY Edit

SAFE HOUSE DAYLY についてはSAFE HOUSE参照。

その他 Edit

  • 略奪品は指定されたエリアに置く以外に、所持した状態で脱出する(脱出エリアで待機する)ことでも確保できる。
    • 脱出エリアに略奪品を置いた状態で脱出しても確保扱いにはならない。勘違いして報酬を減らさないように気をつけよう。
    • Team AIに荷物を背負わせたまま脱出した場合は確保扱いとなる。
  • 一般人を殺害した場合、交渉時間の他に難易度に合わせて金額のペナルティを受ける。
    報酬から差し引かれた前作と違い、殺害したプレイヤーの所持金からその場で全額支払うので、むやみに殺すと一文無しになる。
    但し、所持金がゼロの場合はそれ以上のペナルティはなく、無一文以下にはならない。
    難易度金額ペナルティ
    Normal$2,000+α
    Hard$3,000+α
    Very Hard$5,000+α
    Overkill$8,000+α
    Death Wish$17,000+α