【ヨミカイン遺跡】

Last-modified: 2021-04-21 (水) 15:19:42

勇者アバンと獄炎の魔王

第5話でアバン一行が向かった【パプニカ】南西部の古代遺跡。
古来より様々な願いを叶える摩訶不思議な力が眠ると言われる秘境だが、【バーサーカー】の群れが生息している等人が立ち寄り難く、良くない噂も立っている。
奥地にある湖には幾つものキューブを重ねたような外観の「ヨミカイン魔導図書館」が存在している。
そこは伝説の秘呪文が記された魔導書が星の数ほど保管されているが、入るには隠された入口を探さなければならず、中は迷路のように広大。
更に侵入者を封印する罠の本(トラップブック)も仕掛けられており、引っかかったら同所から罠を解除する本を探し、真ん中のページを開くと出てくる魔法陣の上で呪文を詠唱しなければならない。
本来なら生真面目な英霊が管理しているらしいが、魔王軍の【エビルマージ】によって英霊は消され、占領されている。

ホルキア大陸のモチーフが四国であることを考えると、名前の由来は伊予(今の愛媛県)+特産品のミカンのアナグラムだろうか。