Top > やりすぎたジャック


やりすぎたジャック

Last-modified: 2019-06-19 (水) 00:34:29

やりすぎたジャック

日本版タイトルやりすぎたジャック
英語版タイトルJack Jumps in
監督スティーブン・アスキス
脚本フィル・フェルリ
ジョナサン・トルーマン
アビ・グラント
放送日・2002年9月24日(英国)
・2002年10月29日(オーストラリア)
・2003年1月21日(カナダ)
・2003年2月22日(日本)
・2004年2月18日(韓国)
・2009年9月4日(ハンガリー)
話数142
この話の主役ジャック
登場キャラクターAトーマスジャックアルフィーオリバーバイロンマックスケリーイザベラ
登場キャラクターB無し
登場キャラクターCネッド
登場キャラクターD無し
登場人物Aジェニー・パッカード工事現場監督工事現場の主任
登場人物Bソドー・コンストラクション・カンパニー駅の作業員
登場人物C工事現場の作業員マックスの運転手
登場人物Dトップハム・ハット卿(言及のみ)
登場スポットクロンク駅
ソドー・コンストラクション・カンパニー駅
ソドー建設会社
建設現場の採石場
古い採石場の橋
あらすじ・ある日、トーマスはホイールローダーのジャックを建設現場まで運ぶ事になりました。
・工事現場の新入社員として勤務するジャックは張り切り過ぎて事故を起こしてしまい…。
メモジャック等建設現場のメンバーが初登場。
スティーブン・アスキスクラシック・シリーズで監督を務めた2話の前編。
第3シーズントレバーとすてきなパーティー』以来機関車が一台のみの出演となる*1
田中亮一さんのバイロンの声はこの話が最初で最後となる*2
ジェームスヘンリークランキードナルド続いて横倒しになるジャック
トーマスゴードンエドワードジェームスバーティーパーシーダックキャロラインに続いて普段より速く走るマックス
・この話は次回の『こまったときのともだち』に続く。
・この話のケリーイザベラアルフィーネッドは終始走行していない。
台詞ナレーターソドー島は穏やかな春の朝を迎えてた。トーマスはワクワクしている。トップハム・ハット卿ジェニー・パッカードの特別な物を運ぶように言われたのだ。」
ジェニーさん「時間ぴったりね!」(初台詞)
ナレータージェニーさんが言った。」
ジェニーさん「私があなたのママなら自慢だわ!」
トーマス「有り難う、ジェニーさん。特別な物ってそれ?」
ジェニーさん「そう凄く特別な物よ。」
ジャック「僕はホイールローダーのジャック、荷物を積んだり降ろしたり、沢山の物を運べるんだ!」(初台詞)
トーマス「僕だって、押したり引っ張ったり出来るんだから!」
ジェニーさん「私は御喋りさんを採石場に追い払えるわ。ハハッ!」
ナレータートーマスジャックを乗せて採石場に向かった。」
トーマス「ねえジャック、採石場は初めて?」
ジャック「うん、この島で働くのは初めてなんだ。」
トーマス「じゃマックスには気をつけろよ。彼奴は問題児だから。」
ナレータートーマスジャックを採石場に送り届けた。色んな機械が新しい線路を敷くために忙しく働いている。ジャックは早く働きたくてたまらない。早速くさっきの所に駆け付けた。」
ジャック「僕はジャック、何か手伝うよ」
オリバー「ここはいいよ。」(初台詞)
ナレーターオリバーが優しく言った。」
オリバーバイロンを手伝って。」
ナレーター「ブルドーザーのバイロンが、岩や石を押しのけていた。」
ジャック「僕はジャック、何か手伝うよ」
バイロン「手伝いなんか要らねえよ!クレーンのケリーに聞いてみな!」(田中亮一さんのバイロンの最初で最後の台詞)
ジャック「僕はジャック、何か手伝うよ。」
イザベラ「気を付けてよぉ!」(初台詞)
ナレーター「トラックが文句を言う。」
ケリー「イザベラ…!」(初台詞)
ナレーターケリーが窘めた。」
イザベラ「御免…仲間になれて良かったね。」
ケリー「もし、働きたかったら。」
イザベラ現場監督に会うといいわ。彼は此処の責任者だから。」
ナレーター現場監督ジャックを主任に紹介した。」
工事現場の主任「君が安全に働けるように手伝うよ。」(初台詞)
工事現場監督「スピード違反と馬鹿騒ぎは絶対にしちゃいけないぞ。さあアルフィーを手伝って来なさい。」(初台詞)
ジャック「了解!」
ナレータージャックは張り切って返事をすると走り去った。」
工事現場の主任「忘れるなよ。安全第一だよ~!」
ナレーター「掘削機のアルフィーは大変な仕事を、まるでお遊戯の様にやっている。」
ジャック「僕はジャック、手伝いに来たよ。」
アルフィー「人手が増えればホコリも増える。ホコリが増えれば楽しみも増える。僕はアルフィーだ!」(初台詞)
ナレータージャックアルフィーは楽しそうに一所懸命働いている。突然でっかいダンプカーが通り過ぎて行った。」
アルフィーマックス!!」
ジャック「彼奴がマックスか、トーマスが言う通りだ。本当に問題児だね。」
アルフィー「危ないジャック気を付けろ!」
ナレーターマックスが目の前で止まった。ジャックは頑として動かない。」
ジャック「乱暴はやめろ!」
マックス「からかっただけさ!」(初台詞)
ナレーターマックスは走り去った。」
アルフィー「有り難うジャック。」
ナレーター「現場監督が皆の指揮を執っている。」
工事現場監督オリバー、この岩を退けろ。」
ジャック「僕がやります!」
ナレータージャックが飛んで来て、バケツに一杯の岩を掬った。」
工事現場の主任「止まれ!!」
ナレーター「主任が叫んだ。然しジャックは停まらない。もう大張り切りなのだ。」
イザベラ「危ない!!」
ナレーターイザベラが叫んだ。然しもう遅かった。」
ジャック「あぁ~嘘だろ!!あぁ~最悪…!!」
ナレーター「怪我が無いのでジェニーさんはホッとしたが、同時にガッカリもした。」
ジェニーさん「安全第一って言われたでしょう!つまり関係無い所迄やり過ぎないって事!」
ジャック「御免なさいジェニーさん…。」
ジェニーさん「此処で働くのはまだ無理のようね。明日はちゃんと出来るかどうか、様子を見てみましょう。」
ナレータージェニーさんが帰ってしまうと、ジャックは悲しくなった。イザベラは心配して言った。」
イザベラ「貴方は優秀なホイールローダーよ。」
アルフィー「其れに良い友達だ。」
トーマス「良い友達でいる事は大切だよ。」
ナレータージャックの気分は一寸だけ良くなった。」
英国版CVナレーターマイケル・アンジェリス
米国版CVナレーターマイケル・アンジェリス/アレック・ボールドウィン
日本版CVナレーター森本レオ
トーマス戸田恵子
ジャック進藤尚美
アルフィー小林俊夫
ケリー塩屋浩三
イザベラ塩山由佳
オリバー堀川りょう
マックス川津泰彦
バイロン/工事現場監督田中亮一
ジェニー・パッカード鈴木ふう
工事現場の主任遠藤武
シリーズ前回(英語)フォッグマンシリーズ前回(日本)ふたごのけんか
シリーズ次回こまったときのともだち
参照画像・参照はやりすぎたジャック/画像





*1 それに伴い、第1シーズントーマスとバーティーのきょうそう』以来、トーマス以外の機関車が登場しない回でもある。但し、第3シーズントレバーとすてきなパーティー』の未公開シーンでは、ディーゼルの出番が有ったが、尺の都合の影響でカットされてしまった。
*2 同時に田中亮一さんは2役演じる。