オリバー

Last-modified: 2021-06-22 (火) 14:30:03
注意
※このページではソドー建設会社の所有するショベルカーについて説明しています。
グレート・ウェスタン鉄道出身の機関車については『オリバー』のページをご覧ください。

マックスモンティは本当によく働いてるよ。でも、忘れないようにね。悪ふざけの誘いに乗って張り合ってちゃ駄目だ。二人をお互いに競争させればいい。」

名前オリバー
英名Oliver
性別
車体番号14
製造年1920年
所属会社ソドー建設会社
運用・シャベルで土砂を掬って、マックスモンティの荷台に積み込む。
・鉄球で老朽化した建物の解体作業。
・圧砕機でコンクリートなどの固い地面を掘削する。
分類
ショベル
クローラ車両
TV版初登場シーズン第6シーズンやりすぎたジャック
TV版最終登場シーズン第23シーズンキレイにしたいブレンダ
※英国版では『モンティのふか~いもんだい
TV版初台詞「ここはいいよ。」
一人称
二人称
説明茶色い大型の油圧式ショベルカー*1
・キャタピラー式で、シャベルの部分をドリルや鉄球やクラッシャ(圧砕機)に取り替えが可能である。
アルフィーとは良いコンビで、自身が解体中の建物にいた猫の親子を一緒に助けた事がある。
・個性的な重機の多いソドー建設会社の数少ない常識人。
マックスモンティ暴力行為に悩んでいたトーマスに救いの手を差し伸べた。
ソドー建設会社に所属する作業車で唯一、モデルにあたる重機が明かされていない。
性格重機達の頼れるお兄さん的存在であり、真面目な性格で仕事第一。
・親切で大らかで*2、常識がある。
・責任感が人一倍強く、恐竜の化石を発見した時とアルフィーと一緒に猫の親子を救出する際は慎重に行動し、ジャックアルフィー遅刻した事を謝罪している。
動物が大好き。
エドワードジェームスレックスモリートップハム・ハット卿と同様、優れた聴力の持ち主で、音に敏感*3
TV版での経歴第6シーズンで初登場。配属されたばかりのジャックバイロンを手伝うよう頼んだ。
第7シーズンから第19シーズンでは出番無し。
スピンオフ作品では恐竜の化石を発見した事があり、新聞で特集記事を組まれたり、ビルの解体作業中に、ネッドの不注意が原因で、トーマス共々ボディが塗れになったが、何故かを説教したり、注意しなかった*4
・その後、第20シーズンに登場する*5。そしてこのシーズンではマックスモンティ暴力行為によって、トーマス共々、怪我をして、そのまま音信不通になった。その日の夜には、クレーン車ジュディジェロームとも交流した。
第21シーズンではジャックマックスモンティと共にジェームスの後始末を請け負った。
第22シーズン第24シーズンでは振り返りセグメントのみ登場。
第23シーズンではジャックアルフィーマックスモンティと共にイタリアまで出稼ぎに来ていた。
長編作品での経歴長編第3作ではグレート・ウォータートンの建設を行った。その後、行方不明だったトーマスが見つかった事をジャックから聞かされ、アルフィーネッドバスターと歓声を上げた*6
長編第11作ではアルフィーマックスモンティと共に再登場し、ハーウィック線の建設を行った。そして、蒸気機関車のオリバーの同名同士の交流を果たした。
長編第12作では、挿入歌『あなたはあなた』内でトーマスが彼のキャタピラーを付けるシーンがある
その他・オリバーは当初、「バスター『Buster』」と言う名前が与えられる予定だった*7
玩具トラックマスター
カプセルプラレール*8
木製レールシリーズ
アドベンチャーズ
英米版CVティム・ウィットノール長編第11作-第20シーズン長編第15作-第23シーズン
収録ミス
トム・ストートン第23シーズンキレイにしたいブレンダ』一部シーン)
日本版CV堀川りょう第6シーズン
小田柿悠太長編第11作-第20シーズン長編第15作-第23シーズン
参照画像参照はオリバー/画像
アルフィー
マックス

*1 CGアニメ以降は人形劇時代に比べて、ちょっと色が薄くなっている。
*2 実際、ネッドの天然により、ボディが塗れになっても、マックスモンティ不謹慎な態度が原因で、不運に見舞われても、説教する事は無かった。
*3 実際、トーマスの救助活動中、マックスモンティの上から線路に廃棄物を流し込んだ音が聞こえ、驚いた。
*4 でも、逆に呆れかえっていた。
*5 短編の登場は英国・米国版ではスピンオフ作品、日本版では第6シーズン以来となる。
*6 日本語版では台詞無し。
*7 後に同名のスチームローラーが登場する。
*8 アルフィーと同様、回転は不可。