ふたごのけんか

Last-modified: 2020-01-22 (水) 00:09:09

「ドナルドが事故!?そりゃ早く行かにゃー!!」
ふたごのけんか

日本版タイトルふたごのけんか
英語版タイトルTwin Trouble
脚本ブライアン・トルーマン
放送日・2002年9月27日(英国)
・2002年11月1日(オーストラリア)
・2003年1月24日(カナダ)
・2003年2月15日(日本)
・2004年2月23日(韓国)
・2006年9月15日(米国)
・2009年9月4日(ハンガリー)
日本話数第141話
第11話(シーズン内)
英国話数第140話
第10話(シーズン内)
この話の主役ドナルドダグラス
シーズン第6シーズン
機関車紹介ダックトレバートーマスドナルドダグラス
登場キャラクターAトーマスダックドナルドダグラストレバー
登場キャラクターBアニークララベル
登場キャラクターCヘンリーゴードンジェームスバート
登場キャラクターD無し
登場人物Aトップハム・ハット卿ドナルドの機関士
登場人物Bトップハム・ハット卿の付き人ジェム・コールダグラスの機関士ダグラスの機関助手ドナルドの機関助手
登場人物Cトロッターさん作業員
登場人物D無し
登場スポットナップフォード駅
トレバーがドナルドとダグラスに荷車を壊された踏切
精錬所
キャラン駅
キャラン操車場
灯台の線路
高架橋
灯台
給炭所
ゴードンの丘
水車
ドナルドが突き破った車止め
ドナルドが突っ込んだ堀
あらすじドナルドダグラスは貨物列車を牽いてる途中で事故に遭い、そのせいでどっちが悪いかで喧嘩をしてしまう。
メモ・タイトルに『~のけんか』と付くのは第3シーズンビルとベンのけんか』以来2度目となる。
ドナルド第3シーズンドナルドのあひる』、ダグラス第2シーズンみんなのだいひょう』以来の主役回。
ドナルドダグラスあの時のビルベンに続いて、兄弟喧嘩をする*1
・この話以降、ドナルドダグラスが喧嘩をするシーンが増える。
小林俊夫さんのトレバーの声はこの話で最後となる*2
ドナルド第4シーズンディーゼルとぼうし』以来久々に喋る。また、ダグラスも同話以来の登場。
第5シーズンながされたトビー』に続いて終始笑っていないトレバー
ジェームスヘンリークランキー続いて横倒しになるドナルド
・喧嘩の原因となったトレバーをそっちのけで互いに責任転嫁し合うドナルドダグラス
トーマス、初めてドナルドダグラスと会話する*3
トーマスは一人でいるとアニークララベルが恋しくなるらしい*4*5
ダックドナルド、2台で共同作業するのは4となる。
あの時のトーマスに続いて、穴に落ちるドナルド
・語尾が猫みたいになるダグラス
・今回のドナルドは、2度も災難にあっている*6
第2シーズンの「ふたごのきかんしゃ」以来、バック走行中に事故を起こすドナルド
・日本版のドナルドダグラスの言葉に若干、九州弁と関西弁が混じっている*7
ダック給水塔にいる場面は、第17シーズントーマスりゅうでいこう」でダックの部分が切り抜かれ、パディントン駅の前景に合成され使われる。
・この数年後、双子はエミリーと仕事をする事になり、この日の失態を揶揄われる
・この話のトーマスゴードンは『うんのわるいハロルド』、アニークララベル第3シーズンくだものれっしゃ』、トレバー第5シーズントビーのたんけん』以来終始走行しなかった。
・この回で学べるのはも歩けば棒に当たる」*8「二度ある事は三度ある」*9「喧嘩両成敗」*10と言う事。
絵本との相違点・絵本ではトーマスが登場しない。
台詞ナレータードナルドダグラスは、スコットランド出身の双子の機関車だ。働き者だが怒りっぽく、プライドが高い。2台は一緒に仕事をしている。ある日、ドナルドダグラスは連地帯の線路を重い荷物を引っ張って走っていた。線路の先ではトレバーが大量の干し草と戦っていた。線路を横切る時、荷車が壊れたのだ。その時、汽笛が聞こえた。」
トレバー「しまった、誰か来たぞ!」(小林俊夫さんのトレバーの最後の台詞)
ナレータードナルドは荷車を見つけた。」
ドナルド「うわぁー!止めてくれぇー!」
ナレーター機関士がブレーキを掛けたがもう遅い。幸いにも怪我人は出なかった。」
ドナルドダグラス、出しゃばるのはやめなされ!」
ダグラス「出しゃばるとは何ですかドナルド!」
ドナルド「あんたがグイグイ押すから荷車に突っ込んだんでしょうが!」
ダグラス「何を言うんですか、あんたがグイグイ引っ張ったくせに!」
ドナルド「引っ張ってない!」
ダグラス「引っ張った!」
ドナルド「引っ張ってないって!」
ダグラス「引っ張った!」
ナレーター「線路が片付けられるとドナルドダグラスは再び出発した。二台ともカンカンだったので、その日は一日中、口をきかなかった。次の日、トップハム・ハット卿は精錬所のダックを手伝う機関車を探していた。」
ドナルド「私が行きましょうか?」
ナレータードナルドが名乗り出た。」
トップハム・ハット卿「必要なのは一台でね、二台は要らんのだよ。」
ドナルド「私だけが行けばいいでしょう。それに、ダックと一緒に仕事をしたいんですわ。」
ナレータートップハム・ハット卿は驚いたが彼を行かせる事にした。トーマスは心配だ。」
トーマス「一人で寂しくない?僕ならアニークララベルが恋しくなるけど...。」
ダグラス「私も一人の方が清々しますよ、フン!」
ドナルド「さあ、仕事に行ってこよーっと!」
ナレーター「最初、ドナルドダックと働くのが楽しかった。しかしそうはうまくいかない。」
ドナルド「ダック、何であの貨車を別の線に移さないんですか?」
ダック「だって、君が『別の線に移したい』って言ったじゃないか?」
ドナルド「あの別の線じゃなくて別の別の線ですってば!」
ナレータードナルドは腹が立った。」
ドナルドダグラスなら直ぐに分かってくれるのに…。」
ナレーター「そのダグラスは一人で働いていた。美しい田園地帯をシュッシュと快適に走っている。しかし喜びを共にする仲間がいない。弱音を吐くのは嫌だったがダグラスドナルドがいなくて寂しかった。その夜、ダグラスドナルドを訪ねた。」
ダグラス「ヘヘッ、ちょっと通りかかったもんですからねぇ…。」
ドナルド「おやーダグラス。『ゴメン』って、謝りに来たんですかい?」
ナレーター「ダグラスはカチンと来た。」
ダグラス「謝る事なんてあるかいな!」
ナレーター「そう言い去ると彼はシュッシュッと去って言った。翌日ドナルドは不機嫌だった。ダックが見ていると車止めに突っ込んでゆく。」
ダック「危なーい!」
ナレーター「しかし手遅れだった。ドナルドの機関士が怒ってる。」
ドナルドの機関士ダグラスと働いていればこんな事故は起こらなかったのに!」(初台詞)
ナレーター「その通りだった。それにダックではドナルドを線路に戻すことが出来ないのだ。ダックは助けを呼びに行った。ダグラスがションボリと仕事から戻って来ると、ダックが駆け込んできた。」
ダックドナルドが事故を起こした!」
ダグラスドナルドが事故!?そりゃ早く行かにゃー!!」
ナレーター「彼は猛スピードで走りだした。ダグラスは力の限りに引っ張った。そしてついにドナルドを線路に引き上げた。」
ダグラス「怪我がなくて何よりですかなドナルド。」
ドナルド「ありがとうダグラス。それに本当に許しておくんなさい。」
ダグラス「いやいや、私こそ許しておくんなさい。」
ドナルド「いやいや!私の方が悪いんですわ!」
ダック「フハッ、どっちが悪いかで喧嘩なんかするなよ。仲直り出来て嬉しいんだろ?」
ナレーター「その通りだった。」
英国版CVナレーターマイケル・アンジェリス
米国版CVナレーターアレック・ボールドウィン
日本版CVナレーター森本レオ
トーマス戸田恵子
ダック塩屋浩三
ドナルド佐藤佑暉
ダグラス遠藤武
トレバー小林俊夫
トップハム・ハット卿青野武
ドナルドの機関士田中亮一
シリーズ前回
(英語)
たかがゆきシリーズ前回
(日本)
パーシーのチョコクランチ
シリーズ次回
(英語)
せかいさいきょうのきかんしゃシリーズ次回
(日本)
やりすぎたジャック
参照画像・参照はふたごのけんか/画像




*1 因みに、今シーズンにも、ビルベン兄弟喧嘩するエピソードが存在する。また、どちらも、が似たような事故を起こす。
*2 第9シーズンの『ヘンリーとはたのぼう』まで台詞無し。
*3 しかし、第2シーズンの『トーマスあさごはんにおじゃま』で会っており、『きかんしゃたちのクリスマス・キャロル』でも助けられた事がある(お蔵入りとなった原作にも会話シーンがあった)。
*4 因みに、アニークララベルトーマスが恋しくなるらしい。
*5 映像で表現されるのは後になってから。
*6 1回目はトレバー荷車を破壊して干し草だらけになった時。2回目は車止めを突き破って屑鉄入りの穴に落ちた時。
*7 猫のような語尾も混じっている。因みに当時、彼らの声を演じた声優さん2人は関西及び九州出身ではない。
*8 第1シーズンフライング・キッパー』と第2シーズンふたごのビルとベン』と第4シーズンじょおうへいかがやってくる』と『さかなにはきをつけろ』も同様。
*9 第2シーズンこわれたブレーキ』と『ハットきょうふじんのたんじょうび』も同様。
*10 第5シーズンなかよくやろうよ』も同様。