バイロン

Last-modified: 2020-05-19 (火) 09:58:09

「手伝いなんか要らねぇよ!!クレーンのケリーに聞いてみな!!」
TV版スピンオフ作品のバイロン

名前バイロン
英名Byron
性別
車体番号18
黄色(車体&字体&車輪&キャタピラーのカバー)+(運転室&屋根&ランプ)+灰色(キャタピラー&排土板)
製造年1926年
所属会社ソドー建設会社
運用・工事現場や建設予定地の地面の均し作業。
分類
ブルドーザー
クローラ車両
TV版初登場シーズン第6シーズンやりすぎたジャック
TV版初台詞「手伝いなんか要らねぇよ!!クレーンのケリーに聞いてみな!!」
説明・力持ちの黄色いブルドーザー
・仲間意識がとても強く、口調こそ荒々しいが仲間を気遣っている事が多い。
・一度泥濘にはまったアルフィーを助けた事がある。その後、アルフィーにお礼を言われて感謝された。
スピンオフ作品を最後に全く登場していない*1
・2020年になっても、彼がCGアニメに進出する事はなく、彼と同じ車体番号のタンク機関車新たなブルドーザーが登場した*2
性格・豪快且つお人好しな性格。
・口は悪いが、義理人情に厚く、男気がある。
・意外と自惚れ屋な一面もあり、自分の仕事ぶりを誰かに見て欲しい願望があるらしい。
・完璧主義者で、責任感が人一倍強い*3
エミリーと同様、自立心と自己主張が強く、手助けを好まないタイプ*4
TV版での経歴第6シーズンから登場。配属されたばかりのジャックケリーに挨拶する事を勧めた。
第23シーズンでは、「昔の仲間」と間接的な言及のみで登場した。
他キャラクターとの関係・泥濘にはまったアルフィーを助け、にお礼を言われ感謝された。
オリバーとはキャタピラー持ち同士で意気投合している*5
ケリーに絶大な信頼を寄せており、配属されたばかりのジャックケリーに真っ先に挨拶するよう勧めた。その事がきっかけでジャックとの友情が深まった。
ネルソンネッドイザベラとはソドー建設会社での同僚。
トーマストレバーとは会話は無いが、面識はある模様。
エドワードとは一緒に居る場面は無いが、面識はある模様。
人間関係ジェニー・パッカードとは親子のような関係。
トップハム・ハット卿とは一緒に居る場面は無いが、面識はある模様。
モデルキャタピラー・INC製ブルドーザー
玩具トラックマスター
カプセルプラレール
木製レールシリーズ
Take Along/テイクンプレイ/アドベンチャーズ*6
日本版CV田中亮一第6シーズン
参照画像参照はバイロン/画像
ケリー
ネッド

*1 しかも、現時点で日本語版では台詞が一言しか無い。
*2 一応、直接では無いが、長編第15作第23シーズントーマスが彼の事を言及していた。
*3 因みに、スピンオフ作品のお蔵入りになったエピソードでは責任者代理を任されたのが原因で高圧的な態度になってしまい、仲間からウザがられた事がある。
*4 実際、入社したばかりの新米だったジャックが彼の手伝いをしに来たが、「手伝いなんか要らないよ。」と言って突き放し、ジャックケリーに挨拶するよう促した。
*5 然し何故か、オリバー恐竜の化石を掘り起こした時に怒った顔を見せていた。
*6 パーシーとの組み替え遊びが出来る仕様でのみの展開。