Thomas and Victoria

Last-modified: 2022-04-09 (土) 11:09:07

タイトルThomas and Victoria
作者クリストファー・オードリー
挿絵クライヴ・スポング
発行2007年9月3日(英国)
登場キャラクターAトーマスエドワードパーシートビーデイジーヘンリエッタビクトリアテレンス
登場キャラクターBアルバートアニークララベルヘレナ
登場キャラクターCなし
登場キャラクターDボコ(言及のみ)、バーティー(言及のみ)
登場人物Aトップハム・ハット卿調査官
登場人物Bアルバートの機関士
登場人物Cイギリスの乗客
収録話Overloaded
トーマスエルスブリッジ駅の近くで、ビクトリアという客車と出会う。
Avalanche
修理工場に運ばれたビクトリアは、エドワードと出会い、エドワードアルバートヘレナとの想い出話を聞かせる。
Eels on Wheels
パーシーは、線路の近くに蛇が現れるので心配になる。デイジーはそれを馬鹿馬鹿しいと感じるが、ファークァー駅で鰻の箱が開いてデイジーの車輪の下に落ちたとき、這い回る鰻に驚いて、デイジーはヒューズを飛ばしてしまう。
Toby's Vintage Train
説明・原作第41巻。
・前巻発行からおよそ11年ぶりとなり、オードリー牧師が死去してからは初の新作となった。
トーマスエドワードビクトリアの出会いが描かれている。
アルバートビクトリアヘレナはこの巻のみの登場。
前巻New Little Engine
次巻Thomas and his Friends