Top > エドワード
HTML convert time to 0.074 sec.


エドワード

Last-modified: 2018-06-20 (水) 20:23:36

「このスピーカーを潰してしまわなかったレッジに感謝ですね、レッジは物を大切にするんです。古くなった物だって、結構、役に立ちますからね。アハハ。」
原作第9巻のエドワードTV版第12シーズンのエドワードTV版第21シーズンのエドワード

名前エドワード
英名Edward
性別
車体番号2
水色(車体&炭水車&車輪)+(ライン&バッファービーム&車台)+黄色(ライン&字体)+(屋根&煙突&バッファー)
車軸配置4-4-0
製造年1896年
来島年1915年
所属鉄道ファーネス鉄道ノース・ウェスタン鉄道
支線本線
エドワードの支線
運用ブレンダム線客車貨車を牽引したり、ゴードンの丘で立ち往生した機関車を後押ししに行ったり、貨車の入れ替え等をしている。
・稀に本線客車貨車を牽引したり、ファークァー線トーマスの仕事を手伝い、アノファ採石場メイビスの仕事を手伝う時もある。
・時々、クレーン車ロッキーを牽引し、他の機関車が起こした事故やトラブルの後始末をする事がある。
分類蒸気機関車
テンダー機関車
原作初登場巻第1巻『三だいの機関車』第1話「エドワードのたのしい一日」
原作初台詞「はい、お願いします」
TV版初登場シーズン第1シーズンエドワードのおてがら
TV初台詞「ええ!お願いします!」
「全力で頑張って…ベストを尽くすよ…。」新シリーズ初台詞
「ディーゼル達の所為で、機関庫は滅茶苦茶なままだ!」佐々木望さん初台詞
「うわぁ!おい、君!スピードを落としなよ!」※CGアニメ初台詞
「もう…ゴードンってば…貨物列車も悪くないよ?」トーマス来島当時
一人称
俺(第3シーズンくだものれっしゃ』)
原作・TV版共通の説明・経歴ノース・ウェスタン鉄道(ソドー鉄道)の2号機関車。
ソドー島で最も真面目で親切で、年式が古い青い中型テンダー機関車
・当初は力が弱く、予備機状態だった。また、テンダー機関車にしては小柄で華奢で細い為、ゴードンからはチビ扱いされて馬鹿にされていた。然し、ゴードンの性格が丸くなってからは、そういう事は少なくなっている*1
人形劇とCGアニメでは時々、サディスティックな言動でゴードンを翻弄する。
・優男で面倒見が良い為トップハム・ハット卿からの信頼が厚く、それ故にゴードンからライバル視されている*2
・彼自身もトップハム・ハット卿から信頼されている事を誇りに思い、CGアニメで「トップハム・ハット卿が居ないと寂しい」と言っており、良い上司部下関係を築いている事が分かる。
・仕事が好きで怠惰が嫌いな上、仕事に集中し過ぎて周りが見えない働き者*3
いたずら貨車達の扱いが上手く、客車にも懐かれている為、事故を起こした事は殆どない*4
クレーン車を引いて事故を起こした他の機関車を助けに行ったり、整備工事で点検に行ったりする事も多い。
からジェームス悲鳴が聞こえたり、操車場からダグラス掛け声が聞こえる等、地獄耳の持ち主でもある。
瑠璃玻璃も照らせば光る」とも言うように、クランクピンが折れて前輪が外れても最後迄諦めずにやるべき仕事をやり遂げようとする、健気で聡明な蒸気機関車。人形劇ではスペンサーと競争した際に見事勝利し、CGアニメでは砂撒き装置の中の砂を全部使い果たして止まれなくなったトーマスの為に砂を撒いた。
原作絵本で初めて物語の主役を飾った蒸気機関車。だが人形劇とCGアニメでは彼を罵った他の機関車が彼から教訓を学ぶ展開が主になっている。
クリストファー・オードリーがモデル*5
性格・心優しい性格の持ち主で面倒見が良く、仲間からの信頼も厚い。
・純粋で聡明。また、親友のトレバーと同様、ソドー島子供達に人気がある。
・そして彼自身も大の子供好きで、子供達遠足に同行したり、かくれんぼする子供達の姿を見て安らいでいた事がある。
ディーゼルの悪巧み不幸に見舞われたダックを気遣ったり、ジェームス皮肉言われても許してあげたり、迷子になった牧羊犬のケイティーマッコールさんの農場まで連れて帰ったり、ティッドマス機関庫転車台が凍って動かなくなった際に唯一入れる機関庫の部屋をパーシーに譲ってあげる等、慈愛と博愛精神の持ち主でもある*6
・然したまに、古い事と真面目である事に悩む時があるらしい*7*8
・悩みや迷いがあっても仲間に打ち明けずに1人で抱える事が多い、打ち明けるのはトーマスボコくらい*9
・非力である事が密かなコンプレックスであるらしく、力持ち設定の機関車を羨ましがる節がある*10*11
・猛スピードで走るのが苦手で*12、他の機関車からこの事で罵倒される描写がある*13
・心配性で怒ると怖い一面があるが、トーマスパーシーにはどこか甘い所もある*14*15
・然しその反面、ビルベンには割と強く出る事があり、には厳しい一面がある*16*17
トーマスに放置された機関車を見つけた事を知っていながら、本人意志を尊重して黙っている等、人情の機微にも鋭く、空気の読める機関車。
・一見真面目一辺倒な性格にも見えるが、ジェームス物真似を披露してトップハム・ハット卿ソドー島の市長を吃驚させる無邪気な面を覗かせたりもする。
・優れた記憶力*18と聴力の持ち主*19*20
・反面、わざと聞き間違えて何度も言わせて、他人を苛立たせるのが得意。
・基本的には親切で誰に対しても献身的だが、ハーヴィーロッキー等のクレーンには冷たい態度を取った事がある*21
ハーヴィーの姿を初めて見た際には「機関車じゃないみたいだ」と発言し、トーマスハーヴィーに優しくフォローするなど、思った事をすぐ口に出す傾向が有るようだ。
・また、他の機関車言動につられて仲間を悪く言う事がある。
・そして、仕事を怠けようとする機関車に意地でも仕事をさせようとする豪胆さも兼ね備えている。
トップハム・ハット卿からの信頼も厚く、彼自身、自分がトップハム・ハット卿から頼りにされている事を誇りに思っている*22。そして、トップハム・ハット卿からよく特別な物を運ぶ仕事を任されるが、運んでいる荷物を自慢をする事は無い*23
アーサーと同様、心の広い性格*24
マードックと同様、騒々しいのが苦手*25
・反面、音楽には詳しいらしく、チューバの音を聞いた際にブラスバンド助けを呼んでいるとすぐに分かった。また、この話の終盤では他の機関車以上に音楽が大好きで、音楽のレパートリーも広いという事も発覚した。
・ファンタジー系の話にも詳しいらしく、ロマンチストな一面も見られる*26*27
薔薇に興味があるらしく、ナップフォード駅のホームに置かれた薔薇の鉢植えを見て癒されている時がある。
・『速さ』より『安全』を優先するタイプ*28
・頼まれ事をなかなか断れない性格*29*30
・競争や争い事は好まない、平和主義者な一面がある*31*32
・意外と鈍感で、人助けをして感謝されている事に気付かず、感謝されている事に対しての自覚がなかった事がある。
・意外と弱気になる時もあり、ビルベン喧嘩に心を痛めたり生意気で意地悪すぎる流線型の銀色機関車が来島した事を知って不安そうな顔をしたり、ミスティアイランド2度目の訪問で初めてぐらぐら橋を見た時に恐怖を感じたりヘンリー幽霊を間違えて卒倒する等、少し弱虫な所もある。
ジェームス同様、怖いもの知らずな一面と騙されやすい一面があり、ディーゼル悪行本人を目の前に暴露したり、第一発見者はトーマスなのに『ロッキー海賊船発見した』と教え込まれた事がある*33
パーシージェム・コールピーター・サムの機関助手と同様、『勿体無い精神』の持ち主でもある*34
ビクターヘクター程ではないのだが声が大きい時があり、周りに居る人間が彼の大きな声に驚いたり戸惑う場合がある*35
・基本的に近道に関する知識が豊富で、時間に正確だが、稀にサムソンシドニー程ではないが、方向音痴に陥る場合があり、線路に迷う時がある*36
ジェームスがボディが汚れたまま仕事を続けようとした際にエドワードみたいに汚れても平気さ」と言った事から、ボディが汚れても気にしない一面がある模様*37
ヘンリーと同様、世間体を気にする傾向がある*38
「情けは人の為ならず」が何なのかよく知らない*39
「聞くは一時の恥聞かぬは一生の恥」が何なのかも知らないらしい*40
・子供っぽい面もあり、ヘンリーと共にゴードンの『煩すぎる汽笛』を笑ったり、チャーリーの嫌味にムキになったり、ぬいぐるみ欲しがっていた事がある。
・理由は不明だが、を恐れている*41*42
動物好きで、自分の支線動物園が出来る際には開業準備に張り切っている。
が自然と寄って来たり、迷子になったケイティーが迷う事無く自分の機関室に飛び乗ったりと、動物に好かれるタイプでもある*43*44。また、トップハム・ハット卿から、鶏の家畜貨車牽引を依頼された事がある。そして、動物によって引き起こされる自然現象に詳しく、ヘンリーが夜行列車を牽く事になった時には「梟が鳴くと、深いになるんだ。」と忠告してあげた。
・不運な目に遭いやすい*45
・誰かの所為で自分が不運な目に遭っても、相手を責めない、お人好しでもある*46
局長局長の母親局長の友人と同様、褒める事を心掛けている*47
・上下関係は気にしない様で、フィリップに『』と言われても、年上に対する言葉遣いを指摘しなかった。
ウェルズワーズ操車場操車場で働く人達を大事にしているらしく、ビルベンの喧嘩に対して、「2人(ビルベン)が愚痴ばっかり言ってると操車場が気まずくなる」と嘆き、心を痛めた。
・精神面が強く、ゴードン自分の支線「下品だ!」と言われても、怒らなかった*48
・仕事優先の堅物で、悪ふざけが嫌い*49*50
・自分はデリカシーのない機関車だと自覚しているようで、ロッキー「役に立たない」と言って揶揄って暫くした後に「優秀なクレーン」だと認め謝罪している。
・自分は壊れやすい機関車だと自覚しており、スクラップに対して異常なまでの恐怖心を抱いており、スクラップに対する不安を吐露していた事がある*51
・自分の境遇からか古い物には愛着を見せる一面もある。
・怒る事は少ないが、非道な行いや友達への侮辱に対しては激昂し怒りを露にし、怖い顔を覗かせる*52
・過去はいつまでも忘れないタイプ*53
クレーンクリームクレープ聞き間違えた事から、甘い物に興味があるらしい。
・お祭りとパーティーが大好きで、トップハム・ハット卿からお祭りの準備を手伝うよう頼まれた時は大喜びだったり、パーティーの準備を頑張る親友の姿を見た時に自分の無力さを嘆いていた事がある。
・マガジンストーリーではちょっとドジな一面があり、に浸かって動けなくなったり、宝石商泥棒と間違えた事がある。
原作での経歴・1896年に製造、1915年にソドー島に配属。
ノース・ウェスタン鉄道に配属される以前はファーネス鉄道で働いていたが、アルバートビクトリアヘレナと面識は無かった。
・彼自身はアルバートビクトリアヘレナと面識は無いが、ビクトリアは彼の事を知っていたようで、ビクトリアは彼に、アルバートヘレナとの想い出話を語り、彼は真剣な眼差しでビクトリアの想い出話を聞いていた。
・最初は機関庫で5台の機関車達に馬鹿にされ、泣いていた。
自分の支線を受け持ち、ボコと一緒に働いている。時々、ドナルドダグラスが手伝いに来てくれる事もある。
・また、他の仕事で忙しいトーマストビーに代わってビクトリアを引く事もある。
第33巻トレバー貨車が外れてしまった事を汽笛で知らせてもらった。そしてその後、車掌と一緒にトレバーに感謝した。
第39巻では仕事中に前輪が外れてしまった事に戸惑いつつも、仕事を続けた。
TV版での経歴・全シーズン登場。原作同様、自分の支線を受け持ち、ゴードンの丘で動けなくなった機関車をゴードンの丘の上まで押して助ける仕事(後押し機関車)も務めている。
・また、『仲間に怖いお話を聞かせてあげるのが好き』という設定も追加されている。然したまに、『美しいお話』も聞かせてくれる*54
・他のキャラクターに比べて、頬が赤く染まる描写がやたらと多い。
・然し他のキャラクターに比べて顔芸や変顔を披露する描写は少なく、あまり怒り顔を見せない。
・人形劇時代はジェームスとボディの大きさが同じにも関わらず、小さな機関車扱いを受けていた。然しCGアニメ以降はジェームスよりボディが少しだけ、小さくなっている。
・原作絵本では他の機関車に揶揄られても気にしない強いメンタルの持ち主だが、人形劇とCGアニメでは純粋さ故に傷つきやすい一面を見せる時がある*55
・だが、稀にゴードン恥ずかしい過去暴露したり、ロッキー「役に立たない」と言って揶揄ったり、シマシマのバッファーを取り付けたゴードンの姿に吹いたり、ゴードン見捨てようとする等、サディストな面が顔を出す。
・一人称は「僕」だが、前述の第3シーズンくだものれっしゃ』の時だけ、一人称が「俺」になっていた。
第2シーズンでは牧師館で暇そうにしていたトレバー仕事を紹介した*56。また、パーシー騙されていると全く知らずに仕事していないジェームス激怒した。
第3シーズンではパーティーの準備を頑張るトレバーの姿を見て、自分の無力感を悟っていたが、「ポスターを貼るのを忘れてしまった」の知らせを受け、自身のボディにポスターを貼る事を提案した。また、ビルベン喧嘩に心を痛めていたが、ボコの秘策に救われた。そして、ダグラストレバースクラップから救った時の話を語り、ダグラス蒸気機関車のオリバートードスクラップから救うきっかけを創った。
第5シーズンではサンパー採石場まで送迎した。
第7シーズンではビッグ・ミッキー釣り上げた船のボイラーにぶつかり、初めて脱線事故を起こした。
第9シーズンではシリンダーの調子が悪く、スクラップに対する不安から、トップハム・ハット卿に言い出せずにいた。そして、トーマススクラップに対する不安を吐露した後、行方不明になってしまった
第11シーズンでは長い事生きてきたにも関わらず、郵便配達未経験だった事が判明。体調不良で修理工場に行く事になったパーシー代理郵便貨車を引く事になったが、失敗続きで激しく落ち込んだ。暫く落ち込んだ後にパーシーに迷いを打ち明けたお蔭で、なんとか成功させる事ができた。
第13シーズンではエミリー手痛いミスの所為で、酷い目に遭う。
第14シーズンでは長い事生きてきたにも関わらず、今までキリンを見た事がなかった事が判明。生まれて初めて見るキリンの姿に溜息が出るような表情を浮かべていた。また、トーマスと一緒にミスティアイランドで仕事をする事になったが、怖さのあまりぐらぐら橋の上で立ち往生してしまった
第15シーズンではスランプに陥ったチャーリーの為に面白い噺を考え、チャーリーにお礼を言われ感謝された。そして、火事じゃないのに、機関士共々フリンに水を掛けられた。
第20シーズンではヘンリー幽霊と勘違いした事で卒倒してしまう。その後、マックスモンティ暴力に巻き込まれて、怪我を負った重機の方のオリバーの為にロッキーを連れて来てあげたり、仕事放棄しようとしたジェームスに目を付けられ、ジェームス仕事を押し付けられ、ジェームスの決め台詞を真似した。
第21シーズンではトップハム・ハット卿大失敗をフォローし、トップハム・ハット卿に感謝された。また、トップハム・ハット卿のお母さんから友人ケーキ届けて欲しいと依頼された。そして、トーマストップハム・ハット卿と一緒にイギリス本土まで、新しいクレーンを迎えに行った。尚、このシーズンでは地獄耳だったはずが年の所為なのか、耳が遠くなって聞き間違いをするようになってしまった。
第22シーズンからしばらくの間はヘンリートビーと共にスチーム・チームを脱退し、ティッドマス機関庫から独立する事になり、ウェルズワーズ機関庫に移行する。
・英米版ではチャーリーから「エディ『Eddie』」と呼ばれている。
・マガジンストーリーでは、彼のボードゲームが発売された。
長編作品での経歴長編第1作では登場しておらず、長編第2作で映画初出演する。この作品ではディーゼルと共にアノファ採石場で睡眠するが、に嫌味を言われた。また、ヘンリーと組んで働く場面が多く存在する。更に、トーマス蒸気機関車*57ディーゼル機関車*58が殴り合った日の夜はマッコールさんの農場の案山子にされる悪夢を見ていた。
長編第3作ではロッキーと共に脱線事故を起こしたトーマスを救助した。
長編第4作ではアノファ採石場で災難に遭ったスペンサーヘンリーと共にソドー整備工場へ運んだ。その後、トーマスを通じてヒロと知り合い、ヒロを救おうと奮闘するトーマスに協力した。
長編第5作ではゴードンジェームストップハム・ハット卿と共にミスティアイランドへ行き、トーマスの捜索隊を務めた。
長編第6作ではヘンリーと組んでトーマスパーシーケビンの集団に入った。
長編第7作ではトーマス黄色い機関車が誰の事だか質問された。
長編第8作ではヴィカーズタウン橋を渡り、メインランドに行った*59。その後、ゴードントビーと共にソドー整備工場にいるスティーブンの元を訪れ、初めて仮病を使うという、サディスティックな面が見られた。
長編第9作ではモンスターの存在を信じるパーシーとは正反対で、トーマスヘンリーゴードンジェームス*60エミリーと同様、モンスターの存在を否定し信じていなかった。
長編第10作ではトーマスの先輩として登場し、の仕事の学習に付き添った。また、トーマスヘンリー「優しい機関車」と言って紹介し、トーマス先代の1号機関車との想い出話を語った。そして、ジェームスの脱線事故の後始末をするトーマスを手伝った。
長編第11作ではロッキーカレス船長の海賊船を掘り出した事をトーマスに知らせた*61*62。また、ヘンリーからスキフの話を聞いた時は非常に怖がっていた。
長編第12作ではスタンリーノーマンと共に、大合唱に参加した。そして、インドの機関車のアシマともすれ違った。
・現時点では、劇中歌に彼がソロで歌うパートは無く、に同じパートを歌っているだけである。
その他の経歴・『ちっちゃなトーマス』では『可愛い物を好む』という設定が追加され、ぬいぐるみを欲しがっていた。
4-D作品ではハロルドロッキーと一緒に脱線事故を起こしたトーマスを助けた。
木製レールシリーズのオリジナルエピソードではサムローガンと出会い、と友達になった。そして、メインランドに帰る事になったサムローガントーマスパーシーと一緒に見送った。
他キャラクターとの関係・原作絵本ではトーマスと同期だが、長編第10作ではトーマスの先輩になっている。トーマスが配属された際、ノース・ウェスタン鉄道(ソドー鉄道)での作法を教えた。悩み迷いがある時はに健気に打ち明ける等、トーマスとは強い絆で結ばれている。
パーシーノース・ウェスタン鉄道(ソドー鉄道)にやって来た時、に仕事を教えた。あの時以来、パーシーに懐かれるようになり、郵便貨車を託された事もある。
ジェームスはよく彼に皮肉言うけど、根は良い子で、本当は彼を大切に思っている。
ゴードンからはたまに「チビ」「鉄道の恥」「頼りにならない」等と言われるが、実際ゴードンも彼を良き友と思ってる。
ヘンリーとは最初の頃は相性が悪かったが、いつの間にか仲良くなっていた*63
トレバーとは屑鉄置き場で出会い、をスクラップから救う為に引き取り手を探して廻った。あの時以来、トレバーとは心からの親友である*64
バーティーとはトーマスを通じて仲良くなり、訳ありで来られないトーマスの代わりに、トーマスのお客を連れて来てもらったのがきっかけで、更に友情が深まった。
ハロルドとはパーシーを通じて仲良くなり、迷える羊を保護するハロルド褒めた事がある。
・マガジンストーリーにのみ、彼がキャロラインマードックと仲良く会話するエピソードが存在する。
ダックディーゼルの悪巧み不幸に見舞われた際に彼に優しくされたのがきっかけで、彼を慕うようになった。
蒸気機関車のオリバーも彼を慕っており、新しい水車を乗せた貨車を押してゴードンの丘に悪戦苦闘しながら上る際に、アーサーと一緒に応援した。
トビー*65ドナルド*66とは会話する場面や一緒に映っている場面は少ないが、仲は良いらしい。
ダグラスとは失態を起こしたを庇ったのがきっかけで仲良くなった。但し一度だけ、口喧嘩をした事がある。
トードとはダグラスを通じて親しくなり、トード想い出話に興味を抱き、聞きに来た事がある*67
ボコとは出会った当初から仲良しで、ビルベン悪戯を止めたのがきっかけで、更に友情が深まった。また、彼自身もボコに頼る時があり、ボコ迷いを打ち明けて救われた事がある。そして、ボコと同じく人当たりが良く友好的なディーゼル機関車メイビスラスティーとも仲良しである。
・一時スカーロイ鉄道(こうざん鉄道)行きの観光列車を牽引していた時期がある。その為、スカーロイレニアスとは仲が良い。
アーサーも彼に懐いており、新しい水車を乗せた貨車を押してゴードンの丘に悪戦苦闘しながら上る際に、蒸気機関車のオリバーと一緒に応援した。
ステップニーとはナップフォード駅訪問時に歓迎したのがきっかけで親しくなった。
ビルベンとは近所付き合いの仲で、よくビルベンの悪戯を注意したりしている*68
ヘクター雪の日の線路の件で警告した事がある*69
・マガジンストーリーではデイジーデュークファーガステレンスエリザベスジョージディーゼル261デニスと面識があり、ディーゼル261デニスボコメイビスと一緒に彼が幹事を務める宴会に出席していた。
ソルティーが勤務先を石切場からに移したのがきっかけで、ソルティーと親しい間柄になった。
ハーヴィーの事は初対面時に嫌な態度を取った事があったが、善行を認め、仲良くなった。
ビッグ・ミッキー強引に押し倒された事がある*70
ロッキーの事は初対面時に拒絶したが、最終的に和解して、良き友人関係を築く事ができた。
クランキー「役に立たない機関車」と言われ揶揄られた事がある*71
チャーリーは彼の事がお気に入りらしく、仕事中の彼に付きまとい、彼を困惑させた事がある。然し彼自身、チャーリーを拒絶する素振りはない。
ポーターとはソルティーを通じて親しくなった模様。
ヒロとはトーマスを通じて親しくなり、ナップフォード駅雑談する事がある。
スペンサーからしょっちゅう意地悪されている*72
ディーゼル悪巧みの所為でボディを汚され、ディーゼル嫌な顔をした事がある。
クリスマスのオーナメントを盗んだディーゼル10を追跡した事がある。
・密かにハリーバートに対して苦手意識があるらしく、ネビルハリーバートと親密だと思い込み避けていた時期がある。そしてその後、ネビルハリーバートとは一切無関係だと判明してからは、和解して、友情が芽生えた*73
エミリーが苦手と思しき描写も存在する*74*75
ウィフとはトーマスパーシーを通じて親しくなり、に迷いを打ち明け、ウィフ救いの手を差し伸べてもらった事がある。
・何度も壊れたり具合が悪くなったりで世話になっている為か、ビクターケビンとは常連客と経営者・従業員のような関係である。
フリンとは来島時に歓迎したのがきっかけで仲良くなった。でも火事じゃないのに、フリンに水を掛けられた事がある。
長編第10作の中盤でグリンとの想い出話を語る姿から、グリンから可愛がられていたと思われる。
ジャックとはトーマスを通じて仲良くなり、アルフィー重機のオリバーとはジャックを通じて仲良くなった模様*76
マックスモンティのやりたい放題に迷惑している*77
ケリーバイロンネッドイザベラパトリックバスターとは一緒に居る場面は無いが、面識はある模様。
ビクトリアとは同じ鉄道出身だが面識は無く、修理工場修理を受けに行った際に初めて彼女と出会った。また、アルバートヘレナとも面識は無く、ビクトリアからアルバートヘレナとの想い出話を語ってもらった。
セレブリティーとはソドー島訪問時に歓迎したのがきっかけで仲良くなり、セレブリティーイギリス本土に戻る際に汽笛を鳴らしてもらった。
ウィンストンとは若い頃のトップハム・ハット卿の話をしたで親しくなった。
サー・ハンデルピーター・サムダンカンモリーブッチキャプテンロージーベルスティーブンコナーケイトリンティモシーマリオンフローラシドニーパクストンデンダートスタフォードベレスフォードとは会話は無いが、面識はある模様*78
ジュディジェローム彼のお世話になった事がある。
勤務地が同じ為か、レッジと親交があり、歌を唄うのが好きなレッジの為に使用済みの拡声装置持って来た事がある。
サンパーボルダー採石場まで運んだものの、会話はなかったが、代わりに皆にを紹介をした。
いたずら貨車達「やかましい」と言いつつ、良き仕事仲間と認識している。また、いたずら貨車達は彼に頭が上がらないらしい。
フィリップを見ていると新米だった頃のトーマスを想い出すらしい。そして、フィリップの言動に「自分勝手」と優しく指摘した事がある。
ヒューゴの事は初対面時に「仕事を取られる」と誤解し警戒していたが、歓迎パーティーに出席した事で打ち解ける事ができた。
スタンリーとは来島時に歓迎したのがきっかけで仲良くなり、と一緒に歌った事がある。
ノーマンとはパーシーを通じて親しくなったらしく、一緒に歌った事がある。
バッシュダッシュファーディナンドとはトーマスを通じて知り合った。
アシマイギリス本土開催されるレースやコンテストの会場に行く線路を聞かれたが、気付かなかった。
・YouTube限定動画ではアクセルラウルアイヴァンと面識がある。
・YouTube限定動画のみ、ヴィニーと対面した*79
カーリーとは組み立てを手伝った縁で仲良くなった。
ニアとはトーマスを通じて知り合い、ニアティッドマス機関庫の部屋を譲ってあげた事がある。
人間関係トップハム・ハット卿とは親子のような関係で、新米教育係を頼まれたり、誕生日トップハム・ハット卿が乗るお気に入りの客車の牽引を任される等、トップハム・ハット卿から絶大な信頼を寄せられている*80*81。また、彼もトップハム・ハット卿を大事に思っており*82パーシーから「トップハム・ハット卿がソドー島を去る」と聞かされた際は心配した。
ハット卿夫人アリシア・ボッティとは会話は無いが、面識はある模様*83
ローハム・ハット卿の事は初対面時トップハム・ハット卿と勘違いし、ヒゲと子供達と優雅にかくれんぼを楽しむ姿に愕然とした。
トップハム・ハット卿のお母さんとはトップハム・ハット卿を通じて親しくなり、トップハム・ハット卿のお母さんに荷物のバッグを届けた時に、トップハム・ハット卿のお母さんから「私のヒーローよ!!」と言われ讃えられた。
トップハム・ハット卿の付き人と一緒にディーゼル嫌な顔をした事がある。
ウェルズワーズの牧師とは以前から面識があり、信頼もしていたようで、牧師様ならトレバーを引き取ってくれるかもしれない」と確信していた。そして、機関士機関助手と一緒にトレバーを助けてもらうよう、牧師様に嘆願した*84
ウェルズワーズの牧師の息子とはウェルズワーズの牧師を通じて仲良くなった。
トレバーの引き取り手を探して廻ったジェム・コールと親しくなった。
トーマスの機関士とはトーマスを通じて知り合い、トーマスの機関士からはトーマスと同じくらい、大切にされている。
ボコの機関士からボコと同じくらい信頼されており、喧嘩ばかりしているビルベンを仲直りさせる為、ボコの機関士から貨物列車を引かせる許可を貰った。
マッコールさんとも親しく、迷子になったケイティーマッコールさんの農場まで連れて帰った後、マッコールさんから「君はヒーローだよ!!」と言われ讃えられた。
キンドリー夫人とはトーマストップハム・ハット卿を通じて親しくなり、トーマストップハム・ハット卿「キンドリー夫人の為にパーティーを開きたい」と提案した時に賛同した。
トップハム・ハット卿のお母さんからの依頼で、トフィントンさんケーキ届けた事がある。
アリスとは一緒に居る場面はないが、面識はある模様。
アリスのお母さんとはトーマスを通じて親しくなったらしく、アリスのお母さんから土砂崩れで立ち往生したトーマスを助けて欲しいとお願いされた事がある。
アイスクリーム工場長とは一緒に居る場面は無いが、面識はあり、工場長からの依頼でアイスクリーム工場貨車を牽引した事もある。
ソドーブラスバンドの楽団員達は彼のお世話になった事がある。
トレバー前の持ち主とは直接面識は無かったが、前の持ち主トレバー「時代遅れだ」と言って屑鉄置き場に放置した事に対し、「酷い」と呟いていた。
ビッグ・ミッキーの操縦士は間違えて、船のボイラーを彼にぶつけて薙ぎ倒した事がある。
勤務先が同じ為か、ブレンダム港の作業員ウェルズワーズ屑鉄置き場の作業員レッジの操縦士と親交があるらしく、ビッグ・ミッキー強引に押し倒された時はブレンダム港の作業員に助けられた。
アノファ採石場の作業員とはメイビスを通じて親しくなった模様。
ソドー島の市長とは会話がないものの、ジェームスに押し付けられる形でロッホ城で開かれた舞踏会にお連れした事がある。また、ソドー島の市長の住んでいる場所を知っていた。彼曰く、市長はサドリー辺りに住んでいる」模様。
船乗りジョンと直接面識は無いが、船乗りジョントップハム・ハット卿のオフィスの窓ガラスを割った際、後始末を請け負った
大きな帽子を被った女性眼鏡をかけた黒人男性は一度だけ、彼のお世話になった事がある。
・マガジンストーリーではファーマー・コレットソドー動物園の飼育員ソドーおもちゃ工場の責任者と親交があり、ファーマー・コレット動物のトピアリーを創作してお披露目した際はのトピアリーに見惚れ、動物園の飼育員と一緒にカンガルーのホッピーを連れ戻しに行き、おもちゃ工場の責任者警察官と一緒に泥棒を捕まえた彼を表彰している。
・マガジンストーリーではキャロラインの運転手ファーマー・フィニーカレン卿と面識がある。
バブルスさんとは面識がないが、彼がトーマスに放った言葉が原因でトーマスはシャボン液を溢してしまい、バブルスさん災難に見舞われてしまった。
不機嫌な乗客とは会話はないが、マフラーを掲げるを見て、笑顔を振り撒いた事がある。
動物関係迷子ケイティーマッコールさんの元に連れて帰った事がある。
・マガジンストーリーではを調教した事がある。
ソドー動物園からの依頼で、カンガルーのホッピーを連れ戻しに行った事がある。
モデルクラスK2蒸気機関車『ラージャー・シーガル』(ファーネス鉄道
その他・モデル機のクラスK2は1896年に6台、1900年にさらに2台が製造され、計8台が製造された。ファーネス鉄道ロンドン・ミッドランド・アンド・スコティッシュ鉄道へ統合された事に伴い、8台すべてが引き渡されたが、1929年から1931年までに全機廃車され、解体された為、今では現存していない。
・作られた当初はエドワードもモデル機と同じ風貌だったが、ノース・ウェスタン鉄道(ソドー鉄道)に配属された後に何度も改造を繰り返した為、今の姿になったらしい*85
ウィリアム・ミドルトンが描いた挿絵では屋根の色がで、ドームの色が金色で、ラインは黄色で、車台と車輪の色は灰色だった。
玩具プラレール/トラックマスター(2014年7月以降から切り離し可能になる)
カプセルプラレール
トミカ(現在は廃盤)
木製レールシリーズ
トーマスエンジンコレクションシリーズ
トーマスとなかまたち?/新トーマスとなかまたち?/げんきなトーマスとなかまたち/なかよしトーマス
アーテル
Take Along/テイクンプレイ/アドベンチャーズ
英国版CVキース・ウィッカム長編第4作-)
マーク・モラガンA Friendly Farewell?
米国版CVウィリアム・ホープ長編第4作-)
マーク・モラガンA Friendly Farewell?
日本版CV高戸靖広第1シーズン-第8シーズン
佐々木望長編第2作-)
参照画像参照はエドワード/画像
トーマス
ヘンリー





*1 実際、第9シーズンエドワードをすくえ』と第15シーズンエドワードはヒーロー』のゴードンは終始彼に優しかった。
*2 実際第18シーズン長編第10作ではゴードンに一方的にライバル視され困惑していると思しき描写が存在する。
*3 実際、仕事に集中し過ぎて、アシマに線路を聞かれた時に、彼女の存在に気付かなかった事がある。
*4 但し、人形劇の一部エピソードでいたずら貨車達逃げられた事がある。
*5 麻疹にかかって家から出られないクリストファーウィルバート氏は、使われず機関庫から出して貰えない彼の姿を重ねた。
*6 但し一度だけ、態度が悪いゴードンを反省させる為に見捨てようとした事がある。
*7 実際、原作絵本・人形劇・CGアニメ共に年寄り扱いされている。但し原作絵本のキャロラインとは対照的に、年寄り臭い話し方はしていない。
*8 CGアニメではチャーリー「真面目すぎてつまらない」と言われ傷ついた。その後、ジェームスの口癖である「ジェームス参上!!」を真似して弾けた事がある。
*9 但し第11シーズンではパーシーに、第16シーズンではウィフに自身のを打ち明ける場面が登場した事がある。
*10 実際ハロルドと一緒にソドーレスキューセンター仕事をする事になり、ヒーローらしく振る舞うにはどうすれば良いか迷っていた時に勇猛果敢にロッキーを推進するゴードンの姿を見て、ゴードンを見本にしようとした。
*11 但し、雪の吹き溜まりに突っ込んだゴードン急行客車ごと軽々引っ張り出して助けた事がある。
*12 実際、無人走行したジェームスを止めに行った時と公爵夫妻の別荘調度品を載せた貨車を牽引してを上った時は疲労困憊でやつれていた。
*13 因みに、公爵夫妻の別荘調度品を届ける事になった時、彼自身はスペンサーと競争するつもりはないのに、スペンサーから「急げ」「競争にならない」と言われ徴発された。
*14 実際、トップハム・ハット卿から体調不良のトーマス修理工場に連れて行くよう頼まれた時に、心配そうな表情を浮かべていた。そして、パーシー嵐が来る事を教えてあげた。
*15 トーマス失言を許してあげたり、パーシーお願いを聞いてあげたりしているが、トーマス奇抜な煙突に笑ったり、トーマスマックスモンティと競争する姿に呆れていた事がある。
*16 ダック曰くビルベンを大人しくできるのは彼だけ」らしい。
*17 ボコにはビルベンだって本当に悪気があった訳じゃないんだ」と言っている。
*18 実際、トップハム・ハット卿が通販で購入した新しいスピーカーを壊し、古いスピーカーを捨てた件で落胆したのを見て、レッジ古いスピーカーを潰さず大事に取っておいた事を思い出した。
*19 実際、子供達の悪戯が原因で無人走行したジェームスを追いかけている最中に悲鳴に気付いたり、操車場の方までダグラス掛け声が聞こえたと発言していた事がある。
*20 但し、原作第33巻ではトレバーに汽笛で知らせてもらうまで、貨車の不具合には気付かず、TV版第21シーズンでは年の所為か、ソルティーの話を聞き間違える描写がある。
*21 だが、ハーヴィーロッキーに慇懃無礼な態度をお詫びし、「特別な機関車」「優秀なクレーン」と認めて和解した。そして、ケビンレッジには冷徹な態度を執る事はせず、対面時から優しく接している。
*22 実際、トップハム・ハット卿から子供達へのプレゼントを積んだ貨車の牽引を依頼された時に「嬉しいね」と言って喜んでいた。
*23 然し一度だけ、子供達を喜ばせたいという気持ちに負け、寄り道した事がある。
*24 実際、トーマスの所為で悲惨な目に遭ったのに、それを許している。然し、ゴードン失礼な言葉を発せられた時はトーマストーマスの機関士機関助手アニークララベルと共謀して、ゴードンにお仕置きを喰らわした。
*25 実際、ケイトリン機関庫訪問した時に彼女の自由奔放な言動に戸惑い気味の表情を見せていた。その後、ジェームス失態が原因で一時的にティッドマス機関庫を離れた時に度重なる騒音で睡眠不足に陥ってしまった。
*26 実際、ブレンダム港を見つけて大はしゃぎだったトーマスの為に、に纏わる『美しいお話』を語った。
*27 然し、トーマス共々エミリースピリチュアルな発言に唖然とした事がある。
*28 実際、ジェームスと一緒に貨車を運ぶ事になった時、ジェームス「ゆっくり…気をつけて走るんだよ!」と言って警告した。
*29 実際ヘンリーエミリーから地味な仕事を押し付けられた時、ジェームスが自分に仕事を押し付けて仕事放棄しようとした時もとは言わずに引き受けた。
*30 然し、炭水車の中の水がカラになって困っていたジェームス給水塔まで連れて行くよう頼まれたが、断った事がある。でも、ジェームスの為に助っ人を呼んだ。
*31 実際スペンサーと競争するよう促された時に嫌そうな顔をしイギリス本土開催されるレースやコンテストには不参加だった。
*32 でも、スペンサーより先に公爵夫妻の別荘に辿り着いた時は嬉しそうな笑顔で「僕はソドー鉄道の誇りだ」と叫んでいた。その後は少しだけ、他の機関車達みたいに競争好きになろうと努力してみたが、好きにはなれなかったようで、マックスモンティトーマスを競争に誘う姿に呆れていた
*33 その後、彼が事の真相を知る事は無かった模様。
*34 実際、ナップフォード駅のスピーカーを見て、『古くなった物だって役に立ちます』と語っていた事がある。
*35 実際、彼がレッジ大声で話しかけた時に、操縦士作業員が驚いた様子で彼とレッジの元に駆け寄った。
*36 実際、カーク・ローナン分岐点からマッコールさんの農場へ行くにはどの線路が近道になるのか知らないのに、信号手質問せずに逃げてしまったのが原因で脱線事故を起こした。
*37 でも本当は綺麗好きで、ディーゼルボディを汚された時は自身のクリーム塗れのボディに悲観的になっていた。
*38 実際、操車場口喧嘩を止めようとしないビルベンを仲直りさせる為、ボコの機関士から貨物列車を牽かせる許可を貰った。
*39 実際、トーマスが道路修理用のタールの件で不安になっていた時に、バーティーの所に届いているかどうか、機関士に確かめて貰おう」と言ってを安心させている。
*40 実際、修理工場に行く事になったパーシーの代わりに郵便配達をする事になった時、正しい配達のし方が解らず、配達先を間違えた挙げ句脱線事故を起こしてしまった。
*41 TV版ではジェームスヘクター雪の日線路の件で警告し、パーシー雪かきの大切さについて語っていた。
*42 マガジンストーリーでは自身の塗れのボディに戸惑っていたが、の彫刻の綺麗さに見惚れていた事がある。
*43 マガジンストーリーでは動物園の飼育員と一緒にカンガルーのホッピーを連れ戻しに行ったり、を調教した事がある。
*44 年鑑シリーズではサー・ハンデルと一緒にが走る姿を見て和んでいた事がある。
*45 ビッグ・ミッキーの余所見で事故を起こした」「意地悪なディーゼルと同じ機関庫で寝る破目になった」「エミリーに暴言を浴びせられた」ストーカー被害に遭った」オールド・ウィージーにジョビの木を投げつけられた」等。
*46 実際、ゴードン「博物館に行った方がいい」「役立たずの機関車だ」と言われても、ゴードンを怨む事は無かった。
*47 実際トーマススカーロイステップニー路線「素敵」「素晴らしい」ソドー島の市長ロッホ城まで送迎する為の準備で大忙しなジェームス「偉い」と言って褒めている。
*48 但し、エミリー暴言浴びせられた時は激しく落ち込んだ。
*49 実際、『マックスモンティ散々暴力を振るってきた』とトーマスから聞いた時に嫌そうな顔をし、とは違い、変顔ジェームスを罵倒する事は無かった。
*50 マガジンストーリーでは警察官と一緒に泥棒を捕まえ、表彰された事がある。
*51 実際、子供達の悪戯が原因で無人走行したジェームスを止めた後に「おんぼろの僕が…君(ジェームス)を捕まえた訳だね」と言い、体調不良で貨車を動かせない時に「屑鉄にされるかも…」と愚痴を零した。
*52 実際、ディーゼルいたずら貨車達に暴力を振るった時は「貨車を乱暴に扱うのは止めて」と言って怒っていた。
*53 実際、ダグラストレバーとの会話に割り込みされた時に親友スクラップから救った時の話を語っていた事がある。
*54 但し、『仲間に怖いお話を聞かせてあげるのが好き』という設定はフルCGに移行と同時に抹消されたようで、CGアニメではソルティーが話す恐い話に怯え、ヘンリー幽霊と間違えて卒倒した。
*55 エミリー暴言を浴びせられた時、ジェームス皮肉を言われた時、チャーリー嫌味を言われた時、ディーゼルボディを汚された時、ゴードン失礼な言葉を発せられた時、スペンサー意地悪された時等。
*56 トレバーは彼に紹介してもらった仕事をきっかけに、トーマスと知り合った。
*57 因みに、彼はレギュラー機関車の中で唯一殴り合いに巻き込まれなかった。
*58 主にディーゼルハリーバート
*59 然し、ヴィカーズタウン橋を渡ってメインランドに行った理由は最後まで語られる事はなかった。
*60 実は、ジェームスは知ってて知らない振りをした。
*61 但し、本当はトーマスが先に見つけたという事になっている。
*62 余談だが、船乗りジョン財宝を盗む為にトップハム・ハット卿のオフィスの窓ガラスを割った際、彼がジェームスパーシーと一緒に後始末を請け負った。
*63 おそらく、第1シーズンヘンリーだいかつやく』や『ヘンリーのせきたん』で仲良くなったと思われる。
*64 原作第33巻とマガジンストーリーにはの恩返しか、トレバーに助けられるエピソードが存在する。
*65 実際、ヘンリーゴードン牛の家畜貨車1台とブレーキ車紛失した件で彼を罵倒した時にトビーが彼の代理でヘンリーゴードンを説教した。その後、トビーパーシーの為に彼の貨車を押したり、トビーがスクラップにされる」と聞いた時に心配していた事がある。
*66 スペンサー競争中ドナルドにはダグラスと共に未公開シーンで応援してもらった。
*67 但し現時点で、彼がトードを牽引するエピソードは出ていない。
*68 その様子はまるで、先生と生徒又は師匠と弟子のようである。
*69 ヘクターは彼の意見に賛同したが、ジェームスは猛反発していた。
*70 当時、ビッグ・ミッキーに人格は無かった。
*71 だが倒れたショックなのか、クランキーに言い返したりする事は無く、クランキーを怨む事は無かった。その後、あの時の罪滅ぼしか、クランキーは彼を「ちゃんとした仕事をする機関車」と言って褒めていた。
*72 然しマガジンストーリーではマードックが彼の味方をしてくれたお蔭で、スペンサーから意地悪される様子は見られなかった。
*73 一応、マガジンストーリーには彼がハリー又はバートと会話するエピソードが存在している。
*74 但し彼は仕事を手伝ってあげる等してエミリーを邪険にしている訳ではなく、内心は手の掛かる妹の様に見ている様である。
*75 然しマガジンストーリーでは局長からエミリーと一緒に仕事をするよう言い渡され、迷惑そうな顔をするエピソードが登場した。
*76 重機のオリバーとは、マックスモンティの暴力行為で怪我を負った介抱したり、ティッドマス機関庫直してもらった事がある。
*77 実際、マックスモンティトーマス競争に誘って張り合っている事を聞いて呆れていた。
*78 但し年鑑シリーズではサー・ハンデルと、マガジンストーリーではダンカンロージーと仲良く会話するエピソードが存在する。
*79 ヴィニーあのスペンサーとは違い、彼に文句を言う描写は無かった。
*80 但し、第2シーズントップハム・ハット卿が怒り顔を見せた事があり、第9シーズン第14シーズン長編第10作ではトップハム・ハット卿から説教を受ける場面が存在している。
*81 然し、トップハム・ハット卿からの説教後に、すぐにプレゼント運びの仕事を任された。
*82 ジェームストップハム・ハット卿の事を「ふとっちょ重役」と呼んだ時、ジェームスを注意している。
*83 但しマガジンストーリーには、彼がハット卿夫人褒められるエピソードが存在している。
*84 TV版のみ、機関助手牧師様に嘆願する場面が省略されている。
*85 実は、作者挿絵担当の打ち合わせが充分になされなかった為、モデル機とはかけ離れた風貌になったようである。