Top > VK 30.01 (H)

VK 30.01 (H)

Last-modified: 2017-07-17 (月) 20:22:13

VK3001H.png

Tier 5 ドイツ重戦車 Edit

公式紹介ページ

スペック Edit

車体

耐久値600
車体装甲厚(mm)50/50/50
最高速度(km/h)35
重量/最大積載量(t)31.95/33.0
本体価格(シルバー)410,000
修理費(シルバー)

旧車体スペック

...

戦車パッケージ Edit

パッケージ名
(必要経験値/購入シルバー)
VK 36.01 H
(27,000/935,000)
VK 30.02 M
(27,350/915,000)
VK 30.01 H
(13,600/410,000)
VK 30.01(H)b
(5,690/51,770)
VK 30.01(H)(G)a
(13,900/72,430)
VK 30.01(H)(G)b
(13,500/71,810)
VK 30.01(H)(G)b II
(14,700/97,430)
VK 30.01(H)(G)b III
(19,300/62,730)
0-Serie VK 30.01
(2,650/26,570)

詳細 Edit

パッケージ名エンジン武装履帯砲塔
出力弾種貫通力ダメージ総弾数弾代発射速度
照準時間
精度
旋回速度砲塔装甲旋回
速度
視認
範囲
HP通信
範囲
VK 30.01(H)Maybach HL 1167.5 cm KwK 37 L/24VK 30.01 (H)VK-3001-(H)-Standardturm600310
300AP
HEAT
HE
43
87
38
110
110
175
10030
5G
38
15.38
2.29
0.55
2050/50/5042330
VK 30.01(H)bMaybach HL 1907.5 cm KwK 40 L/43VK-3001-(H)-Ketten Ausf. BVK-3001-(H)-Standardturm600415
375AP
APCR
HE
103
139
38
110
110
175
5070
7G
38
13.95
2.29
0.40
2250/50/5042330
0-Serie VK 30.01Maybach HL 1905 cm KwK 39 L/60VK 30.01 (H)VK-3001-(H)-Standardturm600415
375AP
APCR
HE
67
130
25
70
70
90
13030
5G
18
26.09
2.29
0.40
2050/50/5042330
VK 30.01(H)(G)aMaybach HL 15010.5 cm KwK 42 L/28VK-3001-(H)-Ketten Ausf. BVK-3001-(H)-Großturm660710
400AP
HEAT
HE
64
104
53
350
350
450
40120
10G
128
7.50
2.29
0.55
2280/60/6024360
VK 30.01(H)(G)bMaybach HL 1507.5 cm KwK 40 L/48VK-3001-(H)-Ketten Ausf. BVK-3001-(H)-Großturm660710
400AP
APCR
HE
110
158
38
110
110
175
5070
7G
38
15
2.29
0.38
2280/60/6024360
VK 30.01(H)(G)b IIMaybach HL 1507.5 cm KwK 42 L/70VK-3001-(H)-Ketten Ausf. BVK-3001-(H)-Großturm660710
400AP
APCR
HE
150
194
38
135
135
175
40109
7G
98
11.54
2.50
0.34
2280/60/6024360
VK 30.01(H)(G)b IIIMaybach HL 1507.5 cm KwK 41 L/58 KonischVK-3001-(H)-Ketten Ausf. BVK-3001-(H)-Großturm660710
400AP
APCR
157
221
135
135
45186
8G
12
2.50
0.34
2280/60/6024360

旧スペック

...

外観 Edit

1_VK_30.01(H).jpg
VK 30.01 (H) - 7.5 cm KwK 37 L/24
 
2_VK_30.01(H)b.jpg
VK 30.01 (H)b - 7.5 cm KwK 40 L/43
 
3_0-Serie_VK_30.01.jpg
0-Serie VK 30.01 - 5 cm KwK 39 L/60
 
4_VK_30.01(H)(G)a.jpg
VK 30.01 (H)(G)a - 10.5 cm KwK 42 L/28
 
5_VK_30.01(H)(G)b.jpg
VK 30.01 (H)(G)b - 7.5 cm KwK 40 L/48
 
6_VK_30.01(H)(G)b_II.jpg
VK 30.01 (H)(G)b II - 7.5 cm KwK 42 L/70
 
7_VK_30.01(H)(G)b_III.jpg
VK 30.01 (H)(G)b III - 7.5 cm KwK 41 L/58 Konisch

解説 Edit

Durchbruchswagen 2より乗り換えとなるドイツ製中戦車。
アップデート1.3によりTier6 中戦車からTier5 重戦車に大きく変更された。
初期武装である7.5cm KwK 37 L/24はTier7までを相手にするTier5の主砲としては心もとない。
フリー経験値が溜まっているならばVK 30.01(H)パッケージを選択して100mmの装甲を貫通出来る7.5cm KwK 40 L/43に換装して戦力の向上に充てたい。
Tier変更により重戦車になった為、機動力が劣悪になり、VK 30.01(H)(G)aパッケージのMaybach HL 150に換装するまでは味方にすら置いて行かれる状況が続く。
アップデート前までに開発が完了をしていた場合はかなり楽な乗り出しとなるが、一から開発する場合はかなりの苦労を強いられる。
しかし最終パッケージであるVK 30.01(H)(G)b IIIパッケージは榴弾こそ発射出来ないが、高貫通力の7.5cm KwK 41 L/58 Konisch。新型の0752兵器で有名なゲルリッヒ砲である。
Tier5重戦車の中では高貫通力、高精度であり、特に課金弾は貫通力221と破格の性能である為、垂直装甲の重戦車の装甲なら貫通出来る威力を持つが、その反面、ダメージが低いので高Tierの重戦車相手には威力不足ではある。
防御面では全周50mmの垂直装甲というのが一番の問題である。
同Tier帯のPz.Kpfw.IVは垂直ながら正面は80mm。同じくPz.Kpfw.III/IVは傾斜装甲60mmである為、実質正面装甲は約90mm。VK 16.02 Leopardも傾斜装甲50mmである為、実質正面装甲は約80mmと同Tier帯のドイツ製戦車と比較すると重戦車とは呼べない薄さである。
どちらかと言えば、重駆逐戦車として運用するのがもっとも正解かも知れない。
ここでドイツ重戦車の運用に慣れておけばVK 36.01(H)(もっとも初期武装に難有りだが)、Pz.Kpfw.VI Tigerにも共通する事なので諦めずに運用したい。

史実 Edit

1937年1月より始まったPz.Kpfw.IVの後継車両である30t級新型歩兵支援戦車の開発は1940年には33t級新型重戦車へと開発を変更する事となった。
開発コードVK 30.01はヘンシェル社以外にポルシェ、MAN社、ダイムラー・ベンツ社が開発に参加。その中でヘンシェル社がDW2に次いで開発したのが本車両VK 30.01(H)である。 VKはVersuchskonstruktion(実験用車両)の略。
1941年3月にプロトタイプが2両。同年10月に更に2両追加された。
形こそ当時の主力戦車であるPz.Kpfw.IIIやPz.Kpfw.IVに酷似していたが足廻りにその後のドイツ戦車に採用されるオーバーラップ式転輪(千鳥式転輪)をドイツ戦車として初めて取り入れていた。
同時期にクルップ社はVK 30.01用の24口径75mm砲を搭載した油圧旋回砲塔を製作しており、その内の8砲塔をヘンシェル社は受けとりVK 30.01(H)に搭載したが、1941年8月8日と同年11月15日にパーダーボルンのゼンネラーガーで試験を行った際、一部の部品が欠落していた為にヘンシェル社に砲塔ごと送り返された。
またマイバッハもVK 30.01用に18種類のエンジンを製作していた。
しかしこれと並行して36t級新型重戦車であるVK 36.01が兵器局より開発が打診されており、計画はVK 36.01へと移る事となり、VK 30.01の開発は中止となった。
同時期に製作されたVK 30.01(P)はポルシェによるガソリン=電気駆動式を採用した車両だが電気駆動システムが不調であった。
MAN社とダイムラー・ベンツ社は古典的なドイツ戦車だったらしく特に目立った所はなかったという。
最終的にVK 30.01は2両は訓練用車両として、2両は重戦車としての車体を利用し、12.8cm SF L61が搭載された駆逐戦車Pz.Sfl. V(Sturer Emil)として生産され、残りの車両は訓練用や様々な機器を搭載し、テスト用として終戦時まで残る事となる。
余談ではあるが、クルップ社が開発した砲塔の中で7.5cm KwK37 L/24が搭載された物は12個製作されたため、余ったもののうち6つが「大西洋の壁」として有名な2,685kmに及ぶ広範囲な海岸防衛線で固定砲座として使用された。

コメント Edit

最新の5件を表示しています。 コメントページを参照

  • こいつって戦える戦車かな? 買おうか迷ってるんだがチーム内にいても活躍してるのあんまみたことないんだが -- 2014-11-01 (土) 16:32:17
    • 戦えるか戦えないかで言ったら間違いなく戦える戦車。主砲の性能はいいから脆弱な装甲を立ち回りで補ってやれば戦果TOPにはなれる -- 2014-11-02 (日) 21:01:51
  • こいつあんま強くないって聞いてたけどかなり強いね 通常より少し後ろで撃てばいいし貫通もある近接ちょいきびしいけどフランスのティア5重戦車より断然強い・・ -- 2014-12-11 (木) 01:14:51
  • 高精度高貫通のゲルリッヒ砲を搭載できるというこの一点のみにおいてもこの戦車はティア5強戦車の一角であると断言できる。運用としては基本的なドイツ戦車運用が当てはまり、前線より若干後ろからスナイピングし、前線が上がれば同じく距離をとってそれに追従するというスタイルになる。終盤のラッシュにおいては序盤から温存しておいたHPが役に立つだろう。装甲は全周50ミリ垂直装甲であるが、それ故に45度近い深い昼飯との相性がよく、これを癖付けておけば80ミリ前後になると覚えておくといい。精度だけではなく、弾速も非常に速いので結果的にそれが命中率の高さに貢献している。誰が乗っても一定の活躍ができる戦車(KV1やT29等)ではないが、ドイツ戦車に慣れているベテランや、運用方法を理解している者が乗れば凄まじいポテンシャルを発揮するだろう。 -- 2015-01-10 (土) 03:50:52
    • 野良だと前線の壊滅から重戦車の接近が早すぎてなぁ…。 せめて装甲か足回りがもう少しマシだったら強戦車で間違いなかった。 ドイツ戦車特有の格下には強くて格上には無茶苦茶弱いってのも相まって野良運悪いと本当に何もできないんだよね。 -- 2016-02-26 (金) 01:28:49
  • 過剰とも言える高貫通高精度のゲルリッヒ砲を搭載すると英中戦車のファイアフライのようなトップよりミドルボトムの方が活躍出来る大変珍しい重戦車になる。とにかく距離と障害物の確保が重要。 -- 2016-04-26 (火) 18:44:18
    • HPが増えて攻撃力が数段増したDW2がVK30.01Hってとこかな。VKが付いてるから計画車輌なので制式6号戦車までの繋ぎですからその辺は割り切りが。同じVKでもTier6のVK36.01Hは6号に似てますからね~昔は同じTierだったのに格差が付いてしまったもんだ (^_- -- 2016-04-27 (水) 00:23:14
  • 超久し振りに乗ったけど、今乗ると超絶強いわコレ、、、(^p^) ゲルリッヒ砲は史実での性質上HEが無いものの、しつこく撃たれると格7中でも余裕で死ねるAP貫通、APCRなら格7重でも笑えないキチガイ貫通を発揮する、格5では破格の超性能砲が最大の特徴。 重戦車としては砲塔に難ありだが悪くはなく「猛威を振るうゲルリッヒ砲を運べる重戦車」という1点だけでも格5上位の強戦車であると断言できる。 後のTigerでも戦い方のベースになるぞ!! -- アメジスト? 2016-05-08 (日) 02:22:49
    • ちなみにこの重戦車は↑にもあるようにボトム配属の方が活躍出来る珍しい重戦車。虎もそうだけど。 トップ配属でも中距離を強く意識してNoobから順番に確実に撃ち殺していけば雑でも結構勝ててしまう。 距離減衰を最大限に味方として活用できるかがこのルートの戦果を分けるので頑張ろう!! -- アメジスト? 2016-05-08 (日) 02:33:04
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White