Top > ジャック・ベイカー

ジャック・ベイカー

Last-modified: 2019-08-13 (火) 21:16:33

読み:じゃっく・べいかー

製品版 Edit

ゼクス
6/黒/バイオハザード ノスフェラトゥ/8000
[常]【有効】スクエア
  【効果】スクエアにあるすべての相手のカードのカード名を「家族」にし、
      あなたのデュナミスにある表向きの「エヴリン」1枚につき、このカードのパワーを+1000する。
[自]【有効】スクエア【誘発】このカードが登場する。
  【効果】あなたのデュナミスにある表向きの「エヴリン」がある場合、
      ノーマルスクエアにある相手のゼクスを1枚選び、トラッシュに置いてよい。


フレーバーテキスト:
お前も「家族」だ。 ~ジャック・ベイカー~

叛逆の狼煙で登場したゼクス

1つ目の能力は、スクエアにある相手のカードの名称を「家族」にする効果と、表向きのエヴリンの枚数だけパワーが+1000される効果
Aウィルスハザードのアクターレ以来のカード名を変更する効果だが、適用範囲はスクエア限定で種族は変化なしと効果の強力さは劣る。
一方で自分のカードは影響を受けず、ノスフェラトゥのサポートを受けられるという利点もある。

2つ目の能力は、登場した時に表向きのエヴリンがあると、ノーマルスクエアにある相手のゼクストラッシュに置くことができる効果
では貴重な相手のチャージが増えない除去であり、マーガレット・ベイカールーカス・ベイカーと違って登場方法を問わない。

ただし、このカード単体ではコスト6パワー8000でカード名を変更するだけ、と少々扱いづらい。
パワーの上昇や除去のためにはエヴリンを表向きにする必要があるが、エヴリンディンギルウェイカーではないためプレイする必要がある。
エヴリン覚醒条件トラッシュに置き、エヴリンマーガレット・ベイカー効果登場させるのが理想的だろう。
コスト6のノスフェラトゥなので、エヴリンさえ表向きなら誘引の滑走レイバック効果登場させる対象としても優秀。

エヴリンを使わないのであれば、スクエアを埋めつくした上で自軍エリアに配置すればパワーの低さが気になりづらい。
【墓城】は展開力に長けており、黄泉路の案内人カンテラコスト踏み倒しにも対応していることからしばしばこのカードが採用される。

  • 「バイオハザード7 レジデント イービル」に登場する敵キャラクターの1人で、ベイカー家の父。
    廃墟のベイカー邸から脱出しようとする主人公イーサン・ウィンターズを「家族」にするため、幾度となく襲い掛かってくる。
    • 俗称は「ファミパンおじさん」。
      由来は体験版のラストで、背後から襲いかかってきたジャックに『お前も「家族」だ(Welcome to the family, son)』のセリフと共にパンチをお見舞いされるため。
    • 同作の主人公イーサンは顔がハッキリと見える機会がなく、デザイン画なども公表されていないので顔付きがほぼ分からない。
      そのためかジャックが同作の看板キャラクターとして扱われているようで、発売に際したイベントなどではジャックの等身大の立体像が飾られた他、2017年のカプコンの年賀状イラストにもジャックが描かれている。

収録 Edit

関連ページ Edit