Top > 首狩りのクローズライン

首狩りのクローズライン

Last-modified: 2018-11-16 (金) 08:04:15

読み:くびかりのくろーずらいん

製品版 Edit

ゼクス
7/黒/トーチャーズ/10500
[Lv]ウェイカーLv10(あなたのデュナミスに表向きの[ウェイカー]が10枚以上あると有効。)
"[常]【有効】スクエア
   【効果】相手がドローフェイズに引くカードは1枚減る。" 
[Lv]ウェイカーLv10(あなたのデュナミスに表向きの[ウェイカー]が10枚以上あると有効。)
"[自]【有効】スクエア【誘発】このカードが登場する。
   【効果】相手は自分の手札にあるすべてのカードをトラッシュに置く。"


イラスト:長崎祐子
フレーバーテキスト:
対人用の首切りテグス。さらわれたケット・シーたちが唯一被害を免れたトラップである。

叛逆の狼煙で登場したゼクス

1つ目の能力は、相手のドローフェイズドローを1枚減らす効果
トラッシュ利用を助けかねないハンデスの欠点を補いつつ相手の手札を減らせる上に、このカードがスクエアにあるターンが長いほどアドバンテージを得られる。
また、相手は手札の補充が乏しい状態でこのカードに対応しなければならないため、このカードを守りやすい状況を用意できる。
ただし、以外は手札に関係なくウェイカープレイでき、にも引いた1枚から大量にドローされる危険はあるため、過信は禁物。

2つ目の能力は、登場した時に相手の手札をすべてハンデスする効果
手札を問答無用で0枚にしてしまうため、相手は1つ目の能力による影響を大きく受けてしまう。

問題は、究極司令官メガマイトネリウム以来のウェイカーLv10という厳しい条件。
あちらと同じくディンギルを採用できず、ウェイカーを使い切ることになるため、やはり状況に応じた柔軟な対応が難しくなってしまう。
早い段階からウェイカーを次々と表向きにし、高ウェイカーLv能力でアドバンテージを稼ぐ構築が必要となるだろう。

効果が相手の手札破壊に特化しているため、盤面に一切影響を与えないのも難点と言える。
他のカードで盤面に対処しつつ、プレイするだけでなく効果登場させることも考えたい。

収録 Edit

関連ページ Edit