Top > パーシー
HTML convert time to 0.030 sec.


パーシー

Last-modified: 2017-09-24 (日) 16:32:13

「木が倒れてきたら、偉い気分が、嫌な気分になっちゃうよ!」
原作第11巻のパーシーTV版長編第3作のパーシーTV版長編第13作のパーシー

名前パーシー
英名Percy
性別
車体番号6
黄緑色(車体&車輪)+(ライン&バッファービーム&車台)+黄色(ライン&字体)+金色(ドーム)+(屋根&煙突&バッファー)
車軸配置0-4-0
製造年1900年6月12日*1*2
来島年/配属年1925年
所属鉄道グレート・ウェスタン鉄道機関車工場ノース・ウェスタン鉄道
支線トーマスの支線*3
運用・当初は機関車工場での入れ換え用機関車*4だったが、現在はトーマスの支線で働いている。
・基本的な仕事は郵便貨車の牽引*5だが、時折、客車を引いたり、炭鉱採石場等で貨車の入れ替えをする事もある。
・稀に本線客車貨車の牽引を行う時もある。
・また、トビーの支線で後輩であるトビーの仕事を手伝うエピソードも存在する。
・そして、ミルク運搬車スクラップ運搬貨車の牽引を請け負う事もある。
分類蒸気機関車
タンク機関車
原作初登場巻第5巻『やっかいな機関車』第3話「やっかいな機関車
原作初台詞「もちろんです。喜んで働きます」
TV版初登場シーズン第1シーズンきかんこのもめごと
TV初台詞「もちろんです!」
「飛行機が見られるね。すごいや。」神代知衣さん初台詞
「僕のバッファーが壊れちゃう!」※CGアニメ初台詞
一人称
原作・TV版共通の説明・経歴ノース・ウェスタン鉄道(ソドー鉄道)の6号機関車。
トーマスの大親友のの小型タンク機関車
・彼の先輩達であるヘンリーゴードンジェームス客車集めを嫌がって、ストライキを起こし、トップハム・ハット卿機関車工場で彼を購入した。
・また、「パーシー」の名付け親はトップハム・ハット卿である。
トビーほどではないが長距離走行能力が低く、第12巻ロンドンに行く時は大物車に乗って移動していた。
人形劇とCGアニメでは準主人公並びにソドー鉄道の機関車達のサブリーダー的存在として位置付けされている。
長編ではトーマスと並ぶ蒸気機関車のリーダー各として描かれる事が多い。
・原作絵本と人形劇時代は、よく事故やトラブルを起こし、工場送りになる場面が多かったが、CGアニメ以降は、次第に事故やトラブルを起こす場面は少なくなり、事件現場までロッキーを牽引して他の機関車が起こした事故やトラブルの後始末をする描写が増えるようになった。
性格・基本的に親切で仕事熱心だが、実は悪戯が大好きでおっちょこちょい。いたずら貨車達大きな機関車をからかうのが趣味だが、よく仕返しされる。
・面白い事と楽しい事も大好きで*6チャーリーの面白い噺を興味深く聞いていた。
・面白い事が好きな彼だが、トビー「転車台でスピンしたらどう」と聞かれた時は「目が回るだけ」と言って拒否した。
・心優しい性格で、作者のウィルバート・オードリー氏も『心の優しい小さな機関車』と評している。そして、自分のだったにも友好的に接する優しい心を持っている。
・知らない言葉が多く*7、聞き間違いが多い*8。いつも聞き間違いをトーマスエドワードヘンリーに訂正してもらっている*9
・明るく社交的な性格で、誰とでも友達になれる。実際、彼には沢山の友達がいる。
でも機関庫でも明るい笑顔で回りはいつも笑い声が絶えない。
・自分の事を「丸っこくてカッコイイ」*10と思っているらしく、黒蜜でベタベタした車体に乾草が沢山ついた時はかなり恥ずかしがっていた。
第6シーズンで墜落事故を起こしたハロルドの為に助けを呼びに行ったり、長編第5作行方不明になったトーマスを必死に探しに行ったり、長編第8作具合が悪かったヘンリーを気遣ったり、第17シーズンエドワード雪かきを着けたかどうかを聞く等、友達思いである*11
・また、先輩であるジェームスとはは相性が悪く、もっぱらジェームスと口論を行う事が多かったが、制作体制が変わってからは仲良くなっている*12
トーマス以上にアニークララベルを大切にしており、アニークララベルデイジー「ガラクタ」呼ばわりされ悲しんでる時は寝る間も惜しんで慰めた。
・怪談や霊的なものが大の苦手である*13
・そして、臆病な一面があり、ヒロの森の中で怪しい音*14に驚き、トーマスロッキー共々パニックに陥った事もある。
・然し時には勇気を見せて、困っている助けする事がある。
・友情の為に自身を犠牲にする度胸もあり、「グレート・レイルウェイ・ショー」ではトーマスに華を持たせたいソドー島に錦を飾って欲しいという理由でレースを棄権した。
蛍光塗料が塗られたヘンリー幽霊と勘違いして怯えたり、作業員の発言や荷物を運び出す様子を見て、「トップハム・ハット卿がソドー島を去る」と勘違いする等、早とちり癖が激しい面もある。
過去にトップハム・ハット卿の話を聞いてスクラップにされると勘違いした事から、思い込みが激しい一面もある模様。
・初期の頃は、後輩達であるゴードンヘンリーに揶揄われて腹を立ててはいたものの、ゴードンに汽笛を鳴らしすぎる件で注意されて落ち込んだヘンリー「僕は君(ヘンリー)の汽笛が好きさ」と、またトーマスに追い抜かれた事を認めなかったゴードンゴードンはジェットエンジンより遅くてもいい」等と優しくフォローしてあげた事があり、制作体制が変わってからは仲良くなっている。
・退屈が嫌いなようで、刺激を欲しがった事がある。
・仕事が好きな働き者で、汚れ仕事や地味な仕事も誇りを持って請け負っているが*15、稀に仕事中に悪ふざけをして、ゴードントビーに注意されたり説教される事がある。
トーマスディーゼル殴り合いをした時はトーマスに加勢し、貨車達を乱暴に扱ったり、ハロルド競争する等、競争好きで負けず嫌いな面がある。
トーマス同様、かくれんぼが好きで隠れるのが上手*16*17
・待つのはあまり好きではない。
動物好きな一面があり、TV版ではトーマスと共にゴールデンイーグル探しのに出たり、機関庫に沢山の動物お持ち帰りした事がある。マガジンストーリーではが嫌いだったファーガスが、彼のお蔭で嫌いを克服したエピソードが登場している*18
・また、子供好きな一面もあり、子供達と一緒にクリスマスソングを歌った事もある。
・童話や神話に興味があるらしく*19ドナルドダグラスが『悪戯ノームの話』を語った際、真剣な眼差しで聞いていた。そして、誰に聞いたのか不明だが、『3匹の山羊の話』を知っていた。
・ドンクサイ面があり、羊の家畜貨車に穴を空けてしまった事や、が逃げ出した事をマッコールさんに教えられるまで気が付かなかった。
・然し稀に、粉塗れの自分を幽霊と間違えて逃走するトーマスを嘲笑ったり、ビルベンヘンリー恥ずかしい過去暴露したり、墜落事故を起こしたハロルドを揶揄ったり、大きく汽笛を鳴らしてハリーバートを脅かしたり、ボディが石炭だらけになったジェームスゴードンエミリー罵倒する等、他人の不幸を笑うのが好きで、気まぐれな面がある。
・噂を鵜呑みにする*20
局長から信用してもらえないと自分に価値が無いような気になる*21
古い物を大切にしたり再利用したりする、『勿体無い精神』の持ち主。
・責任感が人一倍強く、ハット卿夫人から責任者代理に任命された時は、仲間の手伝いを断ってでも、任された仕事をやり遂げようとしていた。
・よく酷い目に遭う*22
・マガジンストーリーでは芸術的な作品に興味がある一面があり、トーマスエドワードハーヴィーと共にの彫刻に見惚れたり、絵画泥棒を捕まえて美術館の支配人に感謝された事がある。
原作での経歴・1900年6月12日に製造され*23、1925年にソドー島に来島した。
ジンティーパッグ等、メインランドの機関車達と親交があり、交友関係が広い。
第27巻では壊れたり具合が悪くなったヘンリーゴードンに代わって、トーマスダックと合同で急行客車の牽引を行った。彼自身は途中でクタクタになったものの、トーマスダックと互いに励まし合いながら、最後まで成し遂げた。
レジナルド・ダルビーの挿絵ではサドルタンクが楕円形だったが、ガンバーピーター・エドワーズクライヴ・スポングが挿絵を描くようになってからはサドルタンクの形状が変わった。
TV版での経歴・全シーズン登場。
・現在はミルクタンク車郵便列車を引く仕事をしている。特に郵便列車に関してはかなりの知識を持ち合わせており、第11シーズンではエドワードにも伝授している。
・人形劇時代はよく事故を起こしていた*24。また、他の機関車に比べて、工場送りにされる描写が矢鱈と目立つ。
結婚式を羨ましがった事がある。
・一部エピソードを除いて、関連のエピソードでは必ず主役に抜擢される。
第3シーズンではポイント故障で停泊して就寝中にトーマスドラゴンで驚かされた。その後、トビーと共に家鴨デイリー世話に勤しむドナルドを興味深そうに眺めていた。
第8シーズンでは仕事中ゴードンに怒られてひどく落ち込んでしまい、スクラップの危機に陥った事もあったが、トーマスの仲立ちで事なきを得ている。また、長い間客車を引いていなかった為に引き方を忘れてしまい、ゴードン教えてもらった。そして、大きく汽笛を鳴らして、トーマスバーティートレバーを驚かし、トップハム・ハット卿に可也説教された。
第9シーズンではトップハム・ハット卿からの依頼でを描く為にソドー島を訪れた有名な画家のモデル探しを手伝う事になったが、のモデル探しを手伝っている内に有名な画家に気に入られ、自身がモデルに選ばれた。
第14シーズンでは「安全第一」を知らなかったヘンリーロッキーによって、不幸な目に遭った。
第19シーズンではヒロの森立ち往生したトーマスが出した煙に気づいたハロルドに呼ばれ、ロッキーと一緒にトーマスを助けに行った。
・マガジンストーリーでは南瓜を積んだ荷車と衝突し、ボディが南瓜塗れになった。
・中傷は「車輪を付けた緑色の鬼っ子『Little Green goblin on the wheels』」「緑色の子豚『Little green piggy』」
長編作品での経歴長編第1作からボイラー室の下に黒いアンダースタンドが追加された。
長編第5作ではトーマスが消息を絶ったとの知らせを受け、ウィフと一緒にトーマスを探しに行った。
長編第6作ではトーマスに見捨てられたと思い込み、当初、荒れ放題だったヴィカーズタウンディーゼル整備工場に入り浸っていた。然しその後、トーマスと和解して、共に綺麗になったヴィカーズタウンディーゼル整備工場をお祝いした。
長編第8作ではヘンリーの代理でウルフステッド城の工事を手伝い、ウルフステッド城のオープンセレモニーにも出席した。
長編第10作には直接登場していないが、トップハム・ハット卿の言及のみで登場した。
長編第12作では事故を起こしたトーマスの代わりに貨車押し競争に出場する予定だったが、ゴードンの安全弁を届ける為にトーマスが会場に来た際、に譲って欠場した。
その他の経歴・『きかんしゃトーマスとイギリスのたび』ではトーマスを通じてP-Kiesのメンバーのガチャピンとムックと仲良くなり、自分で「人気者と言えば、このパーシーだよね!」と言い仲良くなった。
アーサーマードックバッシュと4人でバルストロードをこらしめた事もある。
木製レールシリーズのオリジナルエピソードではサムローガンと出会い、と友達になった。そして、メインランドに帰る事になったサムローガントーマスエドワードと一緒に見送った。
他キャラクターとの関係トーマスとは良き友で、よく一緒に行動をする*25。また、トーマス共々ジェレミー宇宙船と勘違いした事がある。
ウィフとも仲良しで、トーマス行方不明になった際に探すのを手伝って貰った。
ゲイターとも仲良しで、お互いに会いたがっていた。
トビーと自分の仕事と交換をした事がある。また、ヘンリエッタから可愛がられている。
アニークララベルの事はトーマス以上に大事にしているが、一度だけ、達にからかわれた事がある。
ダックとは本線で一緒に仕事したのがきっかけで仲良くなり、ドナルドダグラスオリバーとはダックを通じて仲良くなった*26。また、ドナルドダグラスソドー島に残してもらえるよう嘆願した事もある。
ハロルドとは競争をして、仲良くなった*27
・ボディが塗れになった際にエリザベスから『ジャックフロストに捕まった』と指摘された事がある。
テレンスバーティージャックメイビスラスティーアーサーチャーリーポーターロッキーとはトーマスを通じて仲良くなった。
マードックとは五月祭で一緒に飾り付けをしたのがきっかけで仲良くなった。
ヘンリーとは初対面時は険悪ムードだったが、次第に和解していき、意気投合するようになった。また、ヘンリー彼とぶつかった事がある。その姿はまるで、年の離れた兄弟のようである。
ファーガスモリーティモシーボコパクストンスカーロイレニアスサー・ハンデルピーター・サムダンカントレバーとは会話はないが、面識はある模様*28
ノース・ウェスタン鉄道(ソドー鉄道)にやって来た時、エドワードに仕事を教えて貰った。あの時以来、エドワードに懐くようになり、郵便貨車を託した事がある。
ジェームスとはたまに助け合う時も有るが、基本的には『騙し騙され罵り合い』の日常である*29
・マガジンストーリーではキャロラインデュークフライング・シスルと面識がある。
キャプテンとはハロルドを通じて仲良くなった。
客車の牽き方を忘れた為、ゴードンから客車の牽き方を教えてもらった事がある。
・知り合った経緯は不明だが、ビルベンと親交が有り、に自身の武勇伝を語り、ヘンリー恥ずかしい過去暴露した事がある。
・基本的にスペンサーとは険悪ムードだが、スペンサーが霧が原因で迷子になった彼を捜索しに来た際は少しだけ、スペンサーを見直した。
ヒロとはトーマスを通じて親しくなり、ハロルドからの依頼でトーマス捜索ヒロ救助を試みた事がある。
アルフィーとはジャックを通じて仲良くなった。
ネルソンとはの夢を叶えた事で友達になった。
マックスモンティのやりたい放題に迷惑している*30
ローリー1から「車輪を付けた緑色の鬼っ子」と言われた事がある。
スクラップ置き場オールド・スローコーチと出会い、彼女をスクラップの定めから救う為に引き取り手を探して廻った。オールド・スローコーチにとって彼は命の恩人である。
セレブリティーとはソドー島訪問時に歓迎したのがきっかけで仲良くなり、セレブリティーと夜遅くまでお喋りを楽しんだ。
・最初の頃はデイジーとは仲が悪かったが働いているうちに、仲良くなった。
ケイトリンとは郵便貨車の牽引を代わってもらったで親しくなった。
ステップニーとはトーマスを通じて親しくなった。その後、貨車を分け合った事で、更に友情が深まった。
・何度も壊れたり具合が悪くなったりで世話になっている為か、ビクターケビンとは常連客と経営者・従業員の様な関係である。
ベルとは彼女の消火活動を手伝ったのがきっかけで仲良くなった。
フリンとはベルを通じて仲良くなった。
・知り合った経緯は不明だが、ブッチと親交がある模様。
バルストロードうっかり貨車を落としてしまった事がある。
ディーゼル261ヴィニーな発言をされた事がある。
ウィンストンのぼやきを親身になって聞いてあげた事がある。
ソルティー真似をして馬鹿にしていたが、エミリーに叱られて謝ってからは良好関係を取り戻せた。
ジョージと不仲で、にボロクソに言われた事がある。
ハリーバートに挑発されたり騙された事がある。
エミリーとはトーマスを通じて親しくなった。然し一度だけ、エミリー説教された事がある。
・災難続きでやつれている時にスティーブンからお守りを貸してもらった事がある。
クランキーとは初対面時は険悪ムードだったが、横倒しになったを助けたのがきっかけで和解した。
シドニーとは新しい車輪をプレゼントした事で友達になった。
ディーゼルとは、初めて仕事をした時は関係が険悪になったが、ダックとは違い、険悪な関係から良好関係を築き合っている。
ディーゼル10に騙された事がある。
スクラフとはウィフを通じて親しくなった模様。また、普段はボディを綺麗にしなくてもいいスクラフの綺麗なボディを自褒めた事があり、「郵便貨車を牽きたい」と言われたが仕事は譲らなかった*31
オーエングリンフィリップとはトーマスを通じて知り合った*32
ヒューゴとは来島時に歓迎したで親しくなり、の為に歓迎パーティーを開いた事で、更に友情が深まった。
クロックス屑鉄置き場にスクラップを運ぶ仕事をしている為、レッジとは元から仲は良かったが、レッジからクリスマスプレゼントを貰った事で更に仲良くなった。
マリオンとは地滑りから助け出された縁で仲良くなった。
・変わった容姿のハーヴィーを見て、郵便貨車は牽かせない」と嫌っていたが、に助けられてからは仲良くする様になった*33
ビリー石炭の貨車と間違えられた事がある。
ジンティーパッグイギリス本土で働いていた頃からの友人。
くまとはヘンリーを通じて親しくなった模様。
サンパーとは面識があるが、会話は無く、によって暴走したボルダーとぶつかりそうになった事がある。
人間関係トップハム・ハット卿からは初対面時に自分の名前を名付けて貰った*34
ハット卿夫人から可愛がられているらしく、彼女から積極的に話しかけられたり、トップハム・ハット卿が急病の時に彼女から責任者代理に任命された事がある。
トップハム・ハット卿のお母さんからひ孫同然に可愛がられている。
ジェニー・パッカードとはジャックアルフィーを通じて親しくなった。
トム・ティッパーとは郵便配達業者同士仲が良い。
キンドリー夫人とはトーマストップハム・ハット卿を通じて親しくなり、キンドリー夫人からの依頼で結婚式の準備を手伝った事がある。
・知り合った経緯は不明だが、ファーマー・フィニーと親交がある模様。
農夫のサムとは直接面識は無かったが、彼はうっかり農夫のサム荷車を破壊した事がある。
マッコールさんとはトーマストビーを通じて親しくなり、からの依頼で、お祭り会場まで連れて来た事がある。
アリシア・ボッティは初めての来島時、トーマスに乗ってコンサート会場に向かう予定だったが、客車の中にがいる事に不満を漏らし、彼に乗り換えた。
有名な画家とはトップハム・ハット卿を通じて知り合い、のモデル探しを手伝ったが、モデル探しを手伝っている内にに気に入られ、有名な画家からのモデルに指名された。
漁師とは会話は無いが、面識はある模様。
・マガジンストーリーではカレン卿と面識がある。
トビーの機関士助手とは会話は無いが、面識はある模様。
トム・ティッパーではない方の郵便配達員とは直接交流や会話は無いが、一応面識はある模様。
美術館の支配人絵画泥棒を捕まえた彼を表彰した。
・マガジンストーリーではファーマー・コレットと仲が良い。
・原作ではウィルバート・オードリー牧師と面識がある。
動物関係にご飯を催促された事があり、家畜貨車に穴が空いている事に気が付かず、逃がしてしまった事がある。
マッコールさんトーマストビー共々トロルと勘違いした事がある。
トビーと一緒に家鴨デイリー世話に勤しむドナルドを興味深く眺めていた事がある。
・年鑑シリーズでは機関士と一緒に怪我をしたを助けた事がある。
モデル1340型蒸気機関車『トロイア』(グレート・ウェスタン鉄道*35
C12形208号機(大井川鐵道
その他ウィルバート・オードリー氏はレジナルド・ダルビー氏が描いたサドルタンクが丸いパーシーを「芋虫だ」と批評した事がある。そして、その逸話がきっかけで『毛虫けむしになったパーシー)』は誕生した。また、レジナルド・ダルビー氏はウィルバート・オードリー氏のその一言が原因で挿絵の制作を止めたらしい。
・パーシーの落成年は1900年と1897年の2つの説が存在する*36
玩具プラレール/トラックマスター
カプセルプラレール
木製レールシリーズ
トーマスエンジンコレクションシリーズ
トーマスとなかまたち?/新トーマスとなかまたち?/げんきなトーマスとなかまたち/なかよしトーマス
アーテル
Take Along/テイクンプレイ/アドベンチャーズ
英国版CVリンダ・バランタイン長編第1作
キース・ウィッカム長編第4作-第18シーズン長編第11作
ナイジェル・ピルキントン第19シーズン-(台詞))
クリストファー・ラグランド長編第12作(歌のみ))
米国版CVリンダ・バランタイン長編第1作
マーティン・シャーマン長編第4作-第18シーズン
クリストファー・ラグランド第19シーズン-)
日本版CV中島千里第1シーズン-第8シーズン
神代知衣長編第2作-)
参照画像参照はパーシー/画像





*1 1897年説もある。
*2 トーマスランドのスタッフはこの日をパーシーの誕生日である事を公認している。
*3 TV版では一時アノファ採石場クロックス屑鉄置き場ソドーセメント工場で働いていた時期がある。
*4 「機関車を作る工場」なので紛らわしいが「工場では汽笛を大きく鳴らさないと聞こえない」等と本人が第5巻3話で言っているので、工場の製品ではなく、そこで働いていた機関車らしい。
*5 いつ頃から始めたのか不明。
*6 然しソルティーの物真似を披露して、エミリーからダメ出しを受けた事がある。
*7 『懸命ってどんな意味?』等。
*8 『リタイア⇔タイヤ』、『代表⇔代償』、『鉄道検査官⇔鉄道検査権』、『威厳⇔えがん』、『邪魔者⇔じゃが者』、『復旧作業⇔腹筋作業』、『自業自得⇔事業料』、『主役⇔女優』、『二度ある事は三度ある⇔喉ある所にご飯ある』、『要人⇔用心棒』等。
*9 然し、『オーバーワーク』や『ストライキ』の意味は知っていたようで、『ストライキ』の意味はゴードン達がそれを実行した際に覚えた模様。
*10 実際カッコイイというか、逆に可愛い子供達から思われているらしい。
*11 基本的にトーマスを大事な友達として扱うが、が特別な仕事を任されて浮かれている際には流石に愛想を尽かしかけ、一度トーマスを本気で見捨てようとした事もある。
*12 その中、長編第9作では彼を揶揄っているジェームスを嫌った事がある。因みに、船乗りジョン財宝を盗む為にトップハム・ハット卿のオフィスの窓ガラスを割った際、彼がエドワードジェームスと一緒に後始末を請け負った。
*13 但し幽霊に成りすましてトーマスを騙した事がある。
*14 怪しい音の正体は、鹿でした。
*15 然しボディが汚れるのは嫌いなようで、自身のボディが黒蜜塗れになった時とチョコレート塗れになった時と果物塗れになった時に恥じらう姿を見せていた。
*16 然し、なかなか見つからず苦戦したトーマスはズルをして彼を見つけたふりをした。何度かやっているうちにズルをしている事がバレてしまい、彼に説教された。
*17 船が到着した時にはトーマスクランキーを利用して彼を見つけた。
*18 因みに、彼は最初からは平気だった模様。
*19 でも、トップハム・ハット卿が『ペガサスの話』を語った際に「が空を飛ぶ訳ない」と言った。
*20 実際『ネビルハリーバート親密だ』と言う噂が流れた時に、ネビルを鬼の形相で見ていた。
*21 ソドー島を去ろうと考えたらしい。
*22 「ジョージに文句を言われる」「ボルダーとぶつかりそうになる」「ボディが塗れになる」「ゴードンに威嚇される」「エミリーの王妃様になりたい願望につき合わされる」「南瓜を轢く」等。
*23 つまり、トーマスよりも13歳年上である。
*24 食べ物の事故も多数起こしている。
*25 最初の頃は彼が石炭で汚れたトーマスを嘲笑ったり、トーマスが『毛虫』と罵ったりと険悪な日々が続いていた。その後、雪に埋もれて身動きが執れない時にトーマスに「休む暇なんて無い」と罵られた事も有る、そしてトーマスチューバ奏者を捜索するのに頭が一杯でブレンダム港で貨車に衝突して旗を破られた際に、に怒った。
*26 但し、原作第18巻ダグラスに説教された事がある。
*27 然したまに罵り合いをする時もあるが、それでも仲良しだったりする。
*28 但しマガジンストーリーには、彼がボコトレバーファーガスと仲良く会話するエピソードが存在する。
*29 因みに、初めての会話も罵り合いだった。
*30 実際、マックスモンティ泥水をかけられた事がある。
*31 但し、初対面時スクラフ「一緒に郵便貨車を牽引しよう」と誘った事が有る。
*32 フィリップに関してはトーマスが紹介するまで『バナナ』と勘違いした事が有る。
*33 一応、ハーヴィークランキーに降ろされる所は見ていた。また、ハーヴィーはまだ一度も郵便貨車を牽引していない。
*34 其の姿は父親と息子の様である。
*35 現在はディトコット鉄道管理センターの管理センター内で稼働している。
*36 1900年説:モデルとされるトロイア No.1350の製造年日。1897年説:モデル機と同い年の製造年。