Top > 武器 > 鬼鉄
HTML convert time to 0.004 sec.


武器/鬼鉄

Last-modified: 2017-12-07 (木) 05:27:26

ハンマーの一種であり、誰もが一度は読み間違うであろう名前の武器。
キテツ」ではない。「オニノクロガネ」である。
ハンターという職業がまだ一般化していない頃にとある老ハンターが愛用していたらしい。

概要・性能 Edit

  • 見た目はアイアンハンマーの色違いで、金色に輝いている。
    初期武器の色違いという点ではオデブクロームレイザーと似たようなポジションの武器であるといえる。
    • ただしMH3以降の作品では、鬼鉄はアイアンハンマーと同じ鉄色になり、
      金色になってからは鬼鉄丸(オニノクロガネマル)の銘を与えられている事が多い。
  • MHP2Gでは貴重な鉱石を大量に用いて作られた重量級のハンマー。
    鬼鉄→大鬼鉄→鬼鉄丸→鬼鉄丸改→鬼鉄ノ命となる。鬼鉄丸以降は麻痺属性を持つが、さほど高くはない。
    ちなみにMH、MHG、MHPでは鬼鉄から麻痺属性をもつ。しかし、性能面できんねこハンマーに完敗している。
    また、途中でテッケンやアイアンインパクトに派生させる事も出来る。
    • 鬼鉄ノ命は鬼鉄を使う老ハンターを上回る実力を持った弟子が使ったとされる。
      ちなみに読みは「オニノクロガネノミコト」である。
  • MHFでは強化先が鬼鉄→鬼鉄丸→鬼鉄丸【怒】→鬼鉄丸【激昂】→鬼鉄丸【憤怒】となっている。
    こちらは雷属性になっており、その属性値はハンマーの中ではトップクラスである。
    • また、黒色版SP武器の「龍鉄丸SP」も存在し、
      鉱物の塊に龍の力を封じ込めたイカツイ龍属性ハンマーとなっている。
  • MH3では、アイアンハンマーと同色のクロガネを強化すると入手できる。見た目はほとんど変化が無い。
    しかしこれ以上の強化先は存在しない。
    無属性だが、その割には斬れ味や攻撃力が若干物足りないためなかなか出番は少ない。
    覚醒を発動させると麻痺属性を得る。スロットが3つあるのは優秀。
  • MHP3では覚醒がないため、ただの2スロの無属性ハンマーとなってしまった。
  • MH3Gでは覚醒復活に伴い、再び麻痺ハンマーとして活躍…と思いきや、
    鬼鉄そのものが削除されてしまった。
  • MH4では復活したものの、覚醒非対応となってしまった。強化先のテッケンは覚醒で雷が出るが…。
    • また、発掘武器で鬼鉄丸が登場。
      当然麻痺が付加されている物もあるので、MH3同様麻痺ハンマーとして運用できる。
      まあそれは発掘武器全てに言える事だが…。
  • MHXでもアイアンハンマーからの派生で続投。
    というか、今作では「鬼鉄」という銘がアイアンハンマーの最終強化形の銘として使われている。
    そのため、金色ではなく灰色の状態での登場。
    • 最終強化で攻撃力230、属性/スロット/会心率なし、斬れ味は緑(匠追加分が青)となる。
      高めの攻撃力を持つが、斬れ味が残念。
      しかし、今作には斬れ味が悪くなる程攻撃力が上がるスキル鈍器使いが存在するため、
      相性はなかなかのもの。御誂え向きにも鬼鉄はゲージの緑が非常に長く相性が良い。
      • MHXXでは限界突破で「大鬼鉄」へと派生。
        攻撃力350、スロットが2つ付き、斬れ味青(匠で白)まで上昇する。
        斬れ味が伸びたことで鈍器の範疇から外れてしまったのが痛く、
        それでいて素のままでは青ゲージ止まりであり、はじかれやすさという点では心もとない。
        純粋な無属性ハンマーになったためライバルが多くなり、埋もれがちな立ち位置となった。
  • 色違いの金色の鬼鉄の方は、「鬼鉄丸」の銘として登場。こちらは別の派生となっている。
    スロットが1つと麻痺属性が付いたが、攻撃力は上記のアイアンハンマー(鬼鉄)より劣る。
    • 最終強化で「鬼鉄ノ命」となる。
      攻撃力190、スロット1、会心0%、麻痺14、緑ゲージ(匠+1で青、匠+2で白)
      過去の麻痺属性が復活してはいるが、相変わらず順調に当てて一度麻痺するかしないか程度なので、
      属性武器としての運用は安定しない、
      匠や鈍器術などで火力を上げた一撃を叩き込むスタイルでの運用が主となるだろう。
      また、同じ金色だからか金火竜の堅殻と古龍の浄血を要求されるため、
      生産難度もやや高めであり、作るならアイテムボックスの中身と相談してからにしたい。
      • MHXXでは限界突破で「大鬼鉄ノ尊」となる。
        攻撃力300、スロット3、会心率0%、麻痺20、青ゲージ(匠追加分は全て白)
        スロ3武器という長所を手にしたが、攻撃力、麻痺値、斬れ味のどれもが平均より一歩劣る。
        G級の最終強化難易度はそれほど高くない方であるが、どっちつかずの性能になってしまった。

余談 Edit

  • 振ったときの独特な音を気に入っている人もいるとかいないとか。
  • MHXのベルナ村の加工屋は、この鬼鉄丸と同形のハンマーを担いでいる。
    今作では装備を作る際に加工屋が槌を振るう演出が無いが、
    恐らく装備を作る際に振るっているのかもしれない。
    装備が穴ぼこだらけになりそうなんですがそれは…
  • モンハンフェスタ'15では、この鬼鉄がデザインされたTシャツ、及びパーカーが会場限定で販売されていた
    その上には気絶状態の時に現れる星マークも浮かんでおり、まるで何かのトロフィーのよう。
    モンハンのTシャツは色々と出ているが、1つの武器をフィーチャーしたデザインは珍しい。
    • ちなみにこのTシャツ・パーカーのデザインを手がけたのは、ロックバンド『ストレイテナー』のドラマー・ナカヤマシンペイ氏。
      モンスターロックハンター*1にレギュラー出演するなど熱心なハンターである(氏自身もハンマー使いである)事と、
      バンドのジャケ写やグッズのデザインも手がける画才の持ち主である事からオファーされたようだ。
      デザイン秘話などはこちらで語られている。

関連項目 Edit

武器/鉱石武器
武器/アイアンハンマー - 色違いの強化元






*1 スペースシャワーTVの人気番組『モンスターロック』内で放送されていた、モンハンとのコラボコーナー。