Top > BGM > アトラル・カ戦闘BGM
HTML convert time to 0.006 sec.


BGM/アトラル・カ戦闘BGM

Last-modified: 2017-10-09 (月) 09:53:27

閣螳螂アトラル・カとの戦闘で流れるBGM群。

概要 Edit

  • 昨今のラスボスの例に漏れず戦闘BGMが複数存在しており、
    本体形態、墟城形態、最終戦にそれぞれ曲が割り当てられている。
    そのため、アトラル・カ戦でのBGMは
    『墟城の魂たる女王(ショートver)』→『蠢く墟城』→『墟城の魂たる女王(フルver)』
    →『蠢く墟城』→『英雄の証 〜 MHXXver.』
    という順に流れる。
    • それぞれの形態が固有BGMを持ち、戦闘中にそれが切り替わるという点は、
      前作のラスボスのBGMにも共通する。
  • シャガルマガラ等と同様、モンスターに発見された時点で戦闘曲がかかり、発覚BGMは一切流れない仕様となっている。

墟城の魂たる女王 Edit

使用作品
MHXX
収録
モンスターハンター 狩猟音楽集XX
  • 第一形態及び第三形態で流れるBGM。
  • 古代エジプトを想起させる独特なメロディが特徴。
    この形態のアトラル・カはアグレッシブに動き回り、大型モンスターとして戦闘を行う。
    その軽快さを表すかのように曲のテンポは早めで、サビに近づくにつれて曲調が激しくなっていく。
    • 古代エジプト風の戦闘BGMには、MHXRのネフ・ガルムドという前例がある。
      あちらは音源化されていないので、聴き比べるのが難しいところだが。
  • 実は第一形態ではサビがカットされた短縮版が流れる。
    ハンター相手にまだ本気を出していないという事だろうか……。
    そのため、完全版が流れるのは第三形態のみである。

蠢く墟城 Edit

使用作品
MHXX
収録
モンスターハンター 狩猟音楽集XX
  • アトラル・カが墟城に乗り込み、超大型モンスター「アトラル・ネセト」となった時の戦闘BGM。
    第二形態と第四形態で流れる。
    • MHXXの集会酒場に存在するアトラル・カ討伐のクエスト名も、この曲名と同じ「蠢く墟城」である。
  • PV第3弾のラストで使用されたイントロに始まり、
    ゆっくりとのしかかるような旋律が続く。
    曲の中盤、ハンターを鼓舞するかのようなパートが流れた後、
    龍識船のテーマ「狩人を乗せて」と龍歴院前集会所のBGMをアレンジしたサビが入る。
    またこのフレーズは遺群嶺汎用戦闘BGMのフレーズの一部と共通しており、またバルファルクの戦闘BGMとも通ずる事からこのフレーズはバルファルクの象徴なのではとする見解もある。
    サビの部分はもの悲しさを感じさせるような曲調であり、物語が終盤であることを思わせる。
    • イントロの後からサビの直前までは、何と四天王BGMのアレンジメドレーとなっている。
      具体的には、:14〜0:21、0:29〜0:38にディノバルドのBGM、0:40〜0:48にライゼクスのBGM
      0:49〜0:56にタマミツネのBGM、0:56〜0:59にガムートのBGMのフレーズが使われている。
      特にディノバルドガムートのものが分かりやすい。
    • さまざまなBGMから寄せ集められたフレーズが曲を構築している様は、
      さながら残骸の寄せ集めから成るアトラル・カの墟城を表しているかのようである。
  • ちなみに、墟城に乗り込むとBGMの音量が僅かに小さくなるという仕様がある。

英雄の証 〜 MHXXver. Edit

使用作品
MHXX
収録
モンスターハンター 狩猟音楽集XX
  • 二度に渡る墟城戦を制すると、カメラが切り替わり、特殊なムービーが挿入される。
    崩壊する墟城に浮かび上がる巨大な車輪。土煙の中から妖しく輝く双眸を睨ませ、一際大きな咆哮を上げる閣螳螂。
    その瞬間にかかるこの音楽はPV・OP・タイトル画面でも流れていた、
    英雄の証のMHXXアレンジなのだ。
    予想を超えたこの演出に、多くのハンターは魅了され、高揚したことだろう。
    • 負ける気がしなくなる良演出ではあるが、最終形態のアトラル・カは
      これまで以上に激しい動きでこちらを追い詰めてくるため、気の緩みは一切許されない。
      ムービーの直後は怒り状態になっているので尚更警戒が必要である。
  • 歴代の英雄の証とは別物と思えるほど曲調が変わっており、
    全体的に勇壮さや高揚感をさらに押し出した雰囲気になっている。
    また、英雄の証としては、初の混声コーラスが入っている。
    ハンターを讃えるような壮大なファンファーレから始まり、
    一旦の静寂を挟んでサビをアレンジしたパートで徐々に曲を盛り上げていく構成となっている。
  • サウンドトラックに収録されているフルバージョンでは途中で一度曲調が落ち着き、静かな雰囲気のパートが挟まれる。
    その間に流れるメロディは、なんと初代英雄の証の間奏フレーズ
    暖かな懐かしさを感じさせる、原曲を強く意識した曲調で収録されている。
    この思いもよらぬファンサービスに、特に古参ハンターは感動を覚えるのではなかろうか。
  • この「英雄の証 〜 MHXXver.」で流れる初代英雄の証の間奏フレーズ
    ゲーム中はおろかYouTubeの試聴動画でも聴くことができず、
    「モンスターハンター 狩猟音楽集XX」でしか聴く事ができない。

関連項目 Edit

モンスター/アトラル・カ