【暗黒の魔手】

Last-modified: 2022-06-26 (日) 03:12:12

DQ11

イベント専用曲のひとつで、主に【魔王ウルノーガ】【六軍王】が登場したときに流れるBGM。
要に前作の「迫る驚異」のような曲調。
世界に異変が起きる前後から【魔道士ウルノーガ】を倒すまでは頻繁に耳にすることになるだろう。

「勇者の行進曲」とも言える【勇者は征く】に対して、こちらは「魔軍の行進曲」と言うべき曲調。
力強くシンプルかつ覚えやすいメロディながら、妙に軽快なイントロが非常に印象に残りやすい。
また、【デルカダール王】が正体を現し、異変へとつながる決定的瞬間に流れるという意味でもインパクトの大きい曲といえる。
 
上記以外で流れる場面は以下。

 
オーケストラの楽譜を見てみると、指示はLento(遅く、のろのろと緩慢に)であり、記載されたBPMも60と極めて遅い。
音符が細かく書かれているので、体感的には倍速のBPM120で、楽譜通りのテンポで演奏すればちゃんとマーチ(行進曲)のリズムに聞こえる…
はずなのだが、【東京都交響楽団】はかなり速く演奏しており、BPMは68。
これだと体感でBPM136に聞こえるため、楽譜に書かれた意図とかけ離れており、極めて忙しない。
これではまるで魔族の運動会である。

DQR

【魔道士ウルノーガ】召喚時に流れる。
原作では戦闘時には【破壊を望みし者】が流れていたがライバルズではこの曲である。