Top > システム > 【幻獣界】


システム/【幻獣界】

Last-modified: 2019-11-17 (日) 09:07:26

地名・地形/【幻獣界】音楽/【幻獣界】


DFFOO Edit

ワールドマップ上で選べるクエストの一つ。
通常のクエストとは違い、挑む際にはSPを消費する必要がある。
召喚獣との契約・強化するための素材を収集したり、強化素材やアーティファクトを集めるためのクエストに挑むことができる。
キャラクターの育成面に大きく関わってくる(特に幻獣界アルティメット)要素であり、やりこみには必須なクエスト。

召喚獣からの試練 Edit

召喚獣との契約・強化をするための素材を収集できるクエスト。
以前までは期間限定イベントとして開催されていたが、その後復刻版が常設されており、いつでもプレイすることが可能。
登場する敵はそこで契約可能な召喚獣で弱点をつくことができるため、編成に組み込めばバトルが楽になる。

幻獣界アルティメット Edit

上記の「召喚獣からの試練」の上位版クエスト。こちらは最初から常設されていつでもプレイできる(ただし期間限定のミッションなどもある)。
それまでの最大レベル20だったものが、最大レベル30にまで強化できるようになる召喚素材を収集可能。
さらに幻獣界アルティメットの特定クエストでのみ獲得できる幻獣ポイントを利用することで、キャラクターの幻獣ボードを解放してステータス上昇や新パッシブの獲得を行える。

  • 幻獣ポイントには、各キャラクターごとに配られるものと全キャラクター共通で使える「ワイルドポイント」の2種類が存在する。
    さらに特別な恩恵や経験値2倍キャンペーンの対象キャラは獲得できる幻獣ポイントもアップする(ワイルドポイントは対象外)。
    また、「修練の恵み」や「修練の極み」などの経験値サポートアイテムを使うと獲得できる幻獣ポイントとワイルドポイントがアップする。

召喚獣強化は勿論のこと、何より重要なのが上記した幻獣ボードによるキャラクター強化。
利用価値の高いパッシブに加え、単純なステータスの底上げが地味に大きく、幻獣ボードなしの状態とマスター状態では能力値に雲泥の差が生じる。
そのため高難易度クエストに挑む際にはボードマスター状態が半ば必須といっても過言ではない。
今日も今日とて幻獣界アルティメットマラソンをするプレイヤーの姿が……。

  • おそらくこのゲームで最も周回要素が大きいクエストだろう(人によってはアーティファクトの方かもしれないが)。
    以前まではボードマスターするための幻獣ポイント集めがかなりきつかったが、現在ではランクボーナスによるプラス補正やワイルドポイントの導入によって結構溜まるようになった。
    また有料だがモーグリパスを利用することで凄まじい勢いで幻獣ポイントが獲得できるようになり、周回要素は大分軽減されたといえる。

幻獣界アルティメットでは対応する召喚獣がボス敵として登場する。
それぞれに特徴的なギミックや攻撃手段があり、難易度cosmosより上では属性耐性なども追加されるため、一筋縄ではいかない強さを持っている。

アーティファクト Edit

キャラクターを強化できるアーティファクトを収集できるクエスト。
以前は期間限定イベントとして開催されていたが、参戦キャラクターが膨大になったこともあり、メダルによる交換式となって常設化された。
集めたアーティファクトメダルは、ホーム画面左下のモーグリアイコンより「アーティファクトメダル交換」から各キャラクターのアーティファクトと交換可能。


人によっては幻獣界アルティメットよりも周回しているかもしれないクエスト。
良いパッシブの組み合わせを得るために、ひたすらポーションをがぶ飲みするプレイヤーも多いことだろう。

幻獣界カーバンクル Edit

現在、幻獣界で唯一期間限定で行われるクエスト。
装備品の強化に必要なパワーオーブ・ガードオーブを効率よく収集できる。
稀にレアモンスターのマジックポットが出現し、獲得報酬が通常の3倍になる。