Top > モンスター > 【はだか】


モンスター/【はだか】

Last-modified: 2019-06-17 (月) 18:22:59




FF6 Edit

FF6に登場するモンスター(?)。サウスフィガロの町にいる。
ロックがサウスフィガロを脱出する際に、商人下級兵士から服を奪うイベントがあるのだが、
その時服を奪うとモンスター名が『はだか』に変化する。
そしてグラフィックもパンツ一丁の男の姿に変わってしまう。かなり哀れである。
もちろん倒しても図鑑には登録されず、獣ヶ原にも出現しない。当り前だが。


服を盗んだときのロックのセリフからもわかるように、商人と下級兵士ではかなり体形が違う。
にもかかわらず、「はだか」というモンスターのグラフィックには痩せっぽっちの一種類しかない。

  • 着ぶくれしていたんだよ、きっと
  • 男なのに胸を隠しているポーズが笑いを誘う。

シナリオ分岐の直前に、バナンの「お前の特技を見込んでの~」という台詞がある。一応このことを指しているのだろうが、ぶっちゃけ分かりづらい。ヘビーアーマーには勝てないから商人から盗みでも・・・という流れでイベントが進んだ人もいるだろう。

  • 町人の中に「下級兵士は弱い上に隙だらけだから服まで盗める」と言う男性がいたはず。
    ……隙だらけまではまあいいが、服まで盗めるとまで断言する一見普通のお兄さん。一体何者なのか。
    • お兄さんではなく男の子です。
      ……子供にすらナメられる兵士って……。

決めゼリフは「ヒ、ヒィーーーー!!」

  • 上記のように悲鳴を上げた直後に逃走する。
    が、商人の場合移動シーンになるとうつ伏せになって倒れている(「参った」と言う)。
    逃げたんじゃなかったのかよという突っ込みはなしである。
    兵士の場合は不明。
    • 多分逃げてる途中でずっこけたんじゃないかな。
    • 逃げようとした⇒つまずいた⇒八方塞がり⇒参った
    • しかも服は着たまま。そのため、ロックが着ている分とで2着に増殖してたりする。
      まぁ普通に倒しても倒れてるから、それの流用なだけなんだけど。
      • きっと全裸で倒れたままなのは忍びないから、上着だけ頂戴して肌着くらいは返してあげてるんじゃないかな……。

「はだか」になった直後間を開けず即刻逃走するので、
商人や兵士は倒せても「はだか」を倒すことはできない。ある意味最強の敵。
だが、数年前にニコ動でこのはだかを倒している動画があった。

  • (最上段) "もちろん倒しても図鑑には登録されず"
    どうやって倒したんだw
    • モグタン将軍バグですり抜けてからでも一度だけ戦う機会が~って商人の項目にあったし、クイック→盗む→攻撃でもやったのかな?
    • ↑クイックorストップ→盗むでははだかにならない。
      2人以上のパーティーで挑み、敵の攻撃の瞬間に1人目盗む、2人目たたかうでA連射すると斬れる。
    • 図鑑に「はだか」という敵を掲載する欄がない。

口を封じろとは言わないが、拘束するなり眠らせるなり閉じ込めるなり通報の危険を避ける手立てを打つべきではないかと思う。

  • 魔法/【サイレス】
  • でもさ、建物の中なり外なり他人がうろついてる場で裸にさせられたらすっかり縮こまっちまうと思うんだ。ドコがとは言いませんけど。
  • 帝国軍の軍法・軍律がどうなっているかは分からないが、"珍"失態を犯そうものなら処刑される恐れもあるかもね。
  • 場所にもよるが、店の人に思いっきり見えてるからなw
    まあそのへんはゲームだから仕方ない

余談だが、装備品の概念のあるゲームにおいて、あえて一切の装備品を身に付けないことや、体装備を付けないことを俗に裸装備とか言ったりする。
一種の縛りプレイとして行われる事が多いが、それとは別に初期のFF作品で女性キャラに裸装備をさせて進めた男の子はそれなりに居るのではなかろうか。

  • FFではあまりないが、道具所持に限りがあり、装備品も道具枠を消費するシステムのゲームであれば
    あえて裸になる事も戦略の一環として充分ありうる選択肢となる場合も。
    古典RPGの代表格であるWizardryなどでは、裸の方が最終的に物理防御が高まる特性のキャラがいたりもする。
    • スーパーモンク「呼んだ?」
      • FF1なら、黒白魔導師はローブを手にいれるまで裸に腕輪だし、FFTでは敵の服を剥ぎ取れるし…

よく考えたら、ロックのコマンドのチュートリアルのためだけに用意されたキャラとも取れなくもない。
「ついでに服も盗んだ!」のメッセージも拍車をかけてるだけに、あまりにも不憫だ。


英語版では「Birthday Suit(生まれたままの姿)」と妙に詩的なネーミングになっている。