Top > 地名・地形 > 【光の世界】


地名・地形/【光の世界】

Last-modified: 2019-06-05 (水) 00:48:50

FF3 Edit

主人公たちが生まれた世界。
闇の世界と互いに引き合っていて、
光の氾濫か闇の氾濫によって光の世界と闇の世界が混じり合ったとき、世界はになってしまう。

FF14 Edit

鏡像世界のひとつ第一世界のこと。
光の戦士たちがありとあらゆる闇を取り払ったため「光の氾濫」が発生している。アシエンも討伐されている模様。
このままだと「無」になるため、光の戦士たちはアシエン・エリディブスと手を組み闇の戦士として原初世界へとたどり着いた。


次の拡張「漆黒のヴィランズ」でのエオルゼアの様相が真っ白になっており、帝国を倒すことで光の氾濫が起きるのではないかと予想されている。

  • ……と思いきや、「漆黒のヴィランズ」の舞台そのものが「光の氾濫」により消滅寸前となっている「第一世界」であった。
  • 第一世界と惑星ハイデリンは次元的に隣接しているため「光の氾濫へと引きづられている」との事。

FFL Edit

FFレジェンズにおいて、クリスタルの破壊によって分断された世界の一つ。ソールたち光の戦士が活躍する。
見た目は元の世界とは変わりは無いが、世界のあちこちが闇に飲み込まれており、
ソールの故郷ルクスも消失していた。
闇に飲み込まれた場所が闇の世界になっているのかは、現時点では不明。

  • ちなみにリーンの町のイベントから、闇の世界とは違い昼も夜も訪れることが分かる。
  • メモリスト編にて、闘技場の東にあった歓楽街が闇に呑まれたという話を聞く事が出来る。
    その歓楽街が踊り子編に登場したため、光の世界から消えた陸地が闇の世界なのはほぼ間違いないと思われる。

光と闇の世界ではフィールドBGMに加えて、通常戦闘BGMも異なる。


帝国関係者(バウガウヴェンとかシドとか)は「光」「闇」両方の世界に出没するので、
少なくとも帝国は2つの世界間を移動することが可能らしい。


ルクスのクリスタルが割れた時、次元変動という物が起きて世界の約半分(?)が闇に飲まれてしまったらしい。
光の世界というよりもこちらがFFレジェンズ本来の世界ということか。