Top > 特技 > 【算術】


特技/【算術】

Last-modified: 2018-05-27 (日) 13:07:45

アビリティ/【算術】


FF12 Edit

わざ」のひとつ。連続して成功するごとに与えるダメージが増加する。
ダメージは博打性が高い上にセーフティで無効化されるので期待できないが、
ヘイトの増加量が地味に高いので、盾が使い続けるとデコイ代わりになる。


リヴァイアサンクリア後に応急処置に代わってタゲ取りの主軸になる技。
チャージは早いが発生が遅いためファーストタッチしづらいという欠点がある。
他の味方がHP=100%の敵→盗むを設定している場合は、ミスしやすくセーフティに効かない算術はハマりやすい。
算術の上にHP=100%の敵→歩数攻撃を設定するとうまくいく。

  • 歩数攻撃は発生が早いためファーストタッチもやりやすい。

ダメージ計算式は「2^(連続成功回数-1)」。2^0=1のため1回目は1となる。
また、ターゲット以外の攻撃範囲内にいる敵についてはダメージがさらに2倍される。
18回目で必ずミスになるため、最高ダメージは65536(周囲の敵には131072)。
命中率は最初は80%程度だが、それ以降は成功回数に反比例して下がっていき、最低で20%以下となる。
この最大級のダメージを生かせる機会は無いに等しいが、セーフティ対象外となったIZJSでは、
初期レベル攻略においてボスを発狂前に一気に倒したいときなどに使い道があるかもしれない。

  • ヘイトコントロールにおいては入手後からクリア後までずっと盾役のメイン技となるので、最大ダメージまでは行かずとも1000以上のダメージであれば中盤くらいまでは割とよく見ることができる。
    序盤であれば敵のHPも少ないため、連続ヒットすると(アタッカーの)盗む→算術 という流れで、おたからを回収しつつつ雑魚を次々に処理でき非常に気持ちがよい。
    終盤~クリア後は、セーフティ持ちの雑魚が多くなるため高ダメージはなかなか見られなくなる。

FF12IZJS Edit

セーフティに対しても有効になり、命中率も上がった。
セーブ&ロードしながら成功回数を増やせば、中盤までのボス・モブなら一撃で葬り去ることができる。
透明武具攻撃破壊リバースの魔片のせいで地味だが、十分バランスブレイカーである。

FF14 Edit

機工城アレキサンダー律動編のボスが使う技。算術ハイト、生命算術、算術味方数が存在。


算術ハイトは、ハイト1か2のどちらかのデバフが付与され、フィールド全体に段差が発生する。
段差の低い方がハイト1、高い方がハイト2となり、算術ハイトの詠唱完了時に、
デバフのハイト値と合計して3になっていればノーダメージとなる、というもの。


生命算術は、対象者が光の輪で囲まれ、その頭上に球体が幾つかランダムで出現する。
生命算術の詠唱完了時に、この頭上に出現した球体の数と同数のプレイヤーが、
光の輪に入っていればノーダメージとなる、というもの。

同じ敵が使う似たような物に生命計算術があり、こちらは残りの生存者数に応じて威力が下がる全体攻撃。
(つまり、生存者が少ないと全滅する)


算術味方数は、一定範囲内にいる味方(プレイヤー側から見ると敵)の数に応じて、
ステータスが強化される、というもの。
この為、一箇所に敵を集め、まとめて範囲攻撃で倒そうとするのは、非常に危険な行為である。