IL2 Sturmovikとは?

Last-modified: 2020-03-06 (金) 04:14:40
日本版パッケージAUS版パッケージ
IL-2 STURMOVIKシリーズとはロシア1C:Maddox Games開発のWW2コンバットフライトシムゲームです。
フロンティアグルーヴ株式会社が日本語マニュアル付き英語版を発売しています。
 

IL-2 Sturmovik 1946

2007年06月現在、最も新しいパッケージがIL-2 Sturmovik 1946です。
WW2が1946年まで続いていたらというコンセプトで、WW2前の複葉機に始まり零戦やスピットファイア、ペーパープランで終わったジェット戦闘機などさまざまな機体が登場します。登場機体は300機種以上(AI専用機含む)で、うちプレイヤーが操縦可能な機体は200機以上。過去に発売された拡張パックとアップデートの全てを含むので普通はこれを買えば大丈夫です。

 

登場機体数はその後の無料公式アップデートでも徐々に増加し、2017年4月公開のver4.13.4mでは389機体(年式違いや武装・用途違いのサブタイプを除外して147機体)、うちプレイヤーが操縦可能な機体が296機体となっている。

 

購入する前に
古くに発売されていたIL-2 COMPLETE EDITIONはPacific Fightersより後のアップデートに一切適合していません。
COMPLETE EDITIONの最終ゲームバージョンは4.04mとなり、現在主流であるIL-2 Sturmovik 1946のDVD-ROM版収録バージョン4.07mやそのアップデートパッチ4.08m~4.14.1mとは互換性が無く、
マルチプレイは事実上できません。
なのでマルチプレイを楽しみたい方は、必ずIL-2 Sturmovik 1946を購入してください。
尚、日本語マニュアル付き英語版と輸入版の中身は同じですので、どちらを購入しても問題ありません。
2013年6月には日本のamazon.co.jpで輸入版が送料込800円~と安かったのですが、2020年には中古であってもかつての新品定価を超えるようなプレミアがついてしまっていますので、これから買うのであればDVD版ではなくSteamやgogでDL販売されているもののほうが安価でお薦めかと思われます。

 

(販売価格がかなり高いのであえて選ぶ人もいないと思われるが)Amazonなどで購入可能な
「IL2 Sturmovik - The Ultimate Edition」というパッケージは、COMPLETE EDITIONとまた異なる構成で、
初代・FB・AEP・PF・1946のすべてが一つに入っているようだ。
ここから別のインストーラを選んでそれぞれどのバージョンをインストールするか操作するようなので、
1946をインストールしてプレイすれば4.07mの状態で初期化され、そこから好きに公式アップデータを
適用し、マルチプレイに参加したりMODを導入したりも可能なるものと思われる。
初代など古いものは今のWindows10などでネイティヴ動作をせず互換モード動作になるようだが、
1946に限っては問題ないんじゃないかな、たぶん。

 

2009年1月現在、STEAMのリージョンロックが解除され、なんと10ドルぽっきりでIL-2 1946がダウンロード購入できるようになりました。
バージョンは現時点でDVD-ROM版にアップデートパッチをあてて最新に近い状態の4.13.4mで、普通にマルチプレイゲームも遊べます。
公式パッチをあてて最新4.14.1mにすることもでき、またベータ版適用でMODが豊富な4.12.2m状態に古くすることもできます。
非公式MODについては4.13.4mまたは4.12.2m動作保証のものは普通に使えます。
(統合MODパック等で、まだどちらにも対応していない少し古いものは動作しません)
Steamではたまに、「期間限定さらに半額セール」とかやってることもあります。

 

またGoGでのダウンロード購入も通常価格9.99ドル、ホリデーシーズン値引きで2.49ドルになる。
DRMフリーで複数バージョンを同居させたりMODを追加する自由度が高いなど最近では人気です。

 

DVD-ROM版とSteam版・GoG版には細かな点で違いがあり、場合によっては不都合が生じることがあるので、
DVD版・Steam版比較ページに差異をまとめました。

 

さらに2011年1月、GamersGateでもIL-2 1946が購入できるようになりました。価格は9.95ドル。
GamersGate版のバージョンはDVD-ROM版と同じく4.07mのようです。
こちらも公式配布の4.08m~4.14.1mアップデートパッチをあてることができます。
GamersGate版についても比較ページに追記しました。

 

getGAMESなどでも通常価格9.99ドル前後でオンライン販売されています。ホリデーシーズンには3ドル切るぐらいまで値引きされることも。
収録バージョンやMODあてかたなどは買った人がいなくて不明なので、買った人DVD版・Steam版比較ページに報告
等をお願いします。

ゲームの特徴

IL-2 Sturmovikは2001年に最初のバージョンが発売されたコンバット・フライト・シミュレーションゲームです。
シリーズの題名になっているイリューシン IL-2 "Sturmovik"は第二次大戦のソ連軍を代表する地上攻撃機であり、このシリーズが東部戦線を主軸にしたゲームを目指していたことを物語っています。

Il2_sturmovik.jpg

機体のより詳しい解説はIL2(Wikipedia)をご覧ください。

 

その後アップデートを重ね、2003年には内容を一新し、ソ連・フィンランド戦争マップと航空機を加えたForgotten Battles、その追加パックとして西部戦線の機体を大幅に追加したAce Expansion Pack、太平洋戦線を追加したPacific Fightersと発売が続き、その後はDL版拡張パックのPe-2、Manchulia(ロシアのみ発売)が発売され、ついに2006年12月に上記の拡張パック及びアップデートを全て含み、現在のゲームエンジンでは最終バージョンになる(とアナウンスされています)IL-2 Sturmovik 1946がリリースされました。

 

ゲームの名前こそ地上攻撃機であるIL-2を冠していますが、地上攻撃はもちろんのこと、戦闘機対戦闘機のドックファイトから、艦船に対する魚雷攻撃、ロケット機による重爆撃機隊に対する迎撃まで多彩な楽しみ方が出来るようになっています。

 

c03_t.jpg c04_t.jpg
このIL-2シリーズの開発チーフは自身が小型機の操縦ライセンスを持っており、その経験と現存する東西のテスト資料を元に製作した緻密なフライトモデル及び3Dモデルにより、シリーズを通じて非常にリアリティ溢れるゲームデザインとなっています。
難易度をフルリアルにすると、レーダーはおろかラベルも表示されず、頼りになるのは自分の眼だけ。索敵を怠れば機体がばらばらに砕け散ったことで攻撃を受けたことに初めて気づき、運良くその前に敵機の接近に気づいたとしても、スティックを乱暴に操作すれば即失速しキリモミ状態でフラフラ浮いてるところを滅多打ち。
…と、非常にハードコアな空中戦を楽しむ事ができます。

 

もっとも、このような状況を楽しめるようになるにはかなりの時間が必要になりますが。

 

もちろん、初心者の方でも難易度を調整することにより無理なく飛行や空中戦を楽しむことができるように配慮されています。コックピット無しの視点や外部視点を使い、弾数や燃料無限等の設定でフライトモデルの難易度を下げることによってエースコンバットのようなシューティング感覚で遊ぶことも可能です。
c02.jpg

 

このように比較的柔軟なゲームデザインと、全347機種、うちフライト可能なもの256機種にも及ぶWW2の空を彩った航空機、繁盛している時間帯には全世界から250人程度が接続し、シングルプレイでは味わえない醍醐味のマルチプレイなど、初代の発売から19年が経過しながら、未だ色あせない魅力を持ったゲームであると言えるでしょう。

 

また、IL-2 Sturmovik 1946発売後も、4.08m、4.09m、4.10.1mとパッチによるアップデート・機種機能追加が継続されています。
2012年1月13日、バージョン4.11mが公開され、AI機挙動の大幅な刷新などが行われました。
2013年にはバージョン4.12m~4.12.2m、2015年には4.13m(RC04)、2016年には4.13.2m、2017年には4.13.3mと.4mが、2019年には4.14mと.1mが公開され、ワイド解像度への対応や6DOFへの対応、新たな操作キー定義、より実機を正しく再現した爆撃照準器などが随時追加されています。
それぞれのバージョンで追加となった内容のうち、執筆者が実プレイで未確認なものについてはパッチ・拡張パックをご覧ください。
実プレイで動作や操作を確認したものについては、基本操作ゲームメニューなどの各ページに、4.10.1mまでとの違いを明記して
記載していますので、各ページをご覧ください。


また、いずれも非公式なものではありますが、MODの作成も有志により活発に行われており、AI専用機のフライアブル化、
まったく新機体の追加、海面や地面の描画精緻化、エンジン音や射撃音のリアル化などさまざまなMODが公開されて
います。
MODを導入すると公式バージョンと互換性がなくなるなど扱いの難しい面もありますが、グラフィック面・サウンド面では
若干古臭い感がいなめないIL-2 Sturmovik 1946をより新しいグラフィックとサウンドで楽しめるといったメリットもあります
ので、自己責任で導入するとよいでしょう。
なお2017年2月2日現在、単体MODは一部が4.13.4m対応になっているものの、MODパックは5つ古い4.12.2m対応が主流となっており、またマルチプレイの機能提供が豊富なUltr@packは4.10.1m対応で止まっています。
単体MODでは、汎用的にすべてのバージョンで使用可能なものもありますが、そうでないものは4.12.2m対応・4.10.1m対応・4.09m対応とバラけており、やはり4.13.4m対応はまだ少数です。

無料体験版

初代のバージョンを元にした無料体験版があります。
購入する前にちょっと試してみたいという方は、まずこちらをお試しください。
飛行特性やゲーム性は現行バージョンとかなり異なり、旧バージョンのほうが若干シビアかつ粗削りです。
また、IL-2 Forgotten Battlesからゲームエンジンが刷新されたため、現行のものより多少見た目が劣ります。

UBI公式FTP(アドレスバーにコピーアンドペーストしてダウンロードしてください)

ftp://ftp.ubisoft.com/games/il2sturmovik/demo/il2demov20.zip

Filefront
CNet.com
3DGamers

ゲーム紹介動画

(YouTubeへのリンク)
http://www.youtube.com/v/Neka58JplAQ
http://www.youtube.com/v/q4SlRz4weMg

スクリーンショット

クリックすると大きな画像が開きます
IL2 STURMOVIKとは? zero21_t_02.jpg zero21_t_03.jpg zero21_t_04.jpg
il2_t_01.jpg fw190d_t.jpg me262_t.jpg ki84_t.jpg
g4m1_t.jpg g4m2._tJPG.jpg il2fbp4701_t.jpg
※以下の画像はMODを使用してプレイしたスクリーンショットです。
製品版そのままではセイバーやMiG-15は登場しませんのでご注意ください
modsc2_t.JPG modsc3_t.JPG modsc0_t.JPG modsc1_t.JPG
modsc4_t.jpg modsc5_t.jpg