Top > カレン卿


カレン卿

Last-modified: 2019-10-01 (火) 09:22:05

「どうしてここへ豚を運んできたんだね、パーシー?私は頼んでないぞ?」
TV版第7シーズンのカレン卿TV版第21シーズンのカレン卿

名前カレン卿
英名Lord Callan
性別
人形劇:(ジャケット&ベスト&帽子)+(シャツ)+朱色藍色の格子柄(キルト)+朱色の格子柄(帽子の帯)
CGアニメ:(ジャケット)(ベスト&帽子)+(シャツ)+朱色藍色灰緑の格子柄(キルト)+朱色の格子柄(帽子の帯)
マガジン1:黄唐茶(ジャケット)+唐茶(肘当て)+紺色(ベスト)+(シャツ)+紅色の格子柄(キルト)
マガジン2:(ジャケット)+薄青紫(ネクタイ)+(ベスト)+(シャツ)+青紫の縦ストライプ(ズボン)
マガジン3:薄黒(ジャケット)+(シャツ&スカーフ)+灰青薄紅色の格子柄(キルト)
TV版初登場シーズン第7シーズンロッホじょうのかいぶつ
TV版初台詞「素晴らしい機関車達だな!」
「やっと到着しましたね!でも、スペンサーはどこです?」※CGアニメ、坂口候一さんの初台詞
一人称
説明赤髪赤髭を生やしたスコットランド出身の紳士で、ロッホ城城主。
・マガジンストーリーにも出ているが、赤髪赤髭ではなく白髪白鬚の初老男性だったり明るい茶髪の青年だったりする場面がある。
・現時点ではキルト姿のみの登場で、私服姿は見られない*1
・人形劇とCGアニメで動物を飼っているか不明だが、マガジンストーリーでは白い犬のドゥーガルを飼っている。
・因みに、原作絵本には登場していない。
トップハム・ハット卿ノランビー伯爵船乗りジョンとは違い、プロモーション画像が制作されていない。
・マガジンストーリーでは結婚しており孫とペットがいるが、TV版では独身男性である。
性格・穏やかで親切で優しい紳士。だが、怒りっぽい。
ヘンリージェームスデイジーハット卿夫人ジェム・コールと同様、綺麗好きで、が寄り付いて来た時にキルトが汚れないか心配していた事がある。
エドワードジェームスと同様、動物に好かれるタイプ*2
・理由は不明だが、を恐れている*3
友人友人の母親と同様、褒める事を心掛けている。
・音楽が大好きで、アリシア・ボッティの歌声にうっとりした事がある。
・マガジンストーリーでは犬好きで、犬のドゥーガルを飼っている。
TV版での経歴第7シーズンで初登場。
この時ロッホ城大事な物を届けたドナルドダグラスの頑張りに賞賛を贈り、と友達になった。
第11シーズンではトップハム・ハット卿と一緒にロッホ城の入口付近で市長の到着を待っていた
第19シーズンで再登場し、三度の災難を乗り越えた公爵夫迎えた
第21シーズンではトップハム・ハット卿新しいスピーカーの所為で、パーシーが運んだに囲まれる災難に見舞われる。その後、パーティーを開く事になったボックスフォード公爵夫の為に、ロッホ城パーティー会場として提供した。
第22シーズンでは言及のみ。
他キャラクターとの関係・同じくスコットランド出身のドナルドダグラスとはロッホ城大事な物を届けてもらった事から仲が良い。
パーシーとはトップハム・ハット卿大失敗がきっかけで親しくなった。
トーマスヘンリージェームスバーティースペンサーエミリーとは会話は無いが、面識はある模様。
・マガジンストーリーではエドワードと面識がある。
ヒューゴに乗った事がある。
人間関係・知り合った経緯は不明だが、トップハム・ハット卿と親交があり、キルトプレゼントした*4
トップハム・ハット卿のお母さんとはトップハム・ハット卿を通じて親しくなり、トップハム・ハット卿のお母さんと一緒にヒューゴを見に行った事がある。
ドナルドの機関士機関助手ダグラスの機関士機関助手とは会話はないが面識はあり、する2の機関車を褒めてあげた事がある。
トップハム・ハット卿の付き人ソドー島の市長とはトップハム・ハット卿を通じて親しくなった模様。
ミスター・パーシバルボックスフォード公爵夫とはトップハム・ハット卿を通じて親しくなり、晩餐会に招待したり、共にヒューゴに乗った事がある。
・知り合った経緯は不明だが、マッコールさんソドーブラスバンドと親交がある模様。
アリシア・ボッティのコンサートを鑑賞した事がある。
英米版CVキース・ウィッカム第19シーズン-第21シーズン
日本版CV川津泰彦第7シーズン
坂口候一第19シーズン第21シーズン
金光宣明第20シーズン
参照画像参照はカレン卿/画像





*1 但し、マガジンストーリーの一部エピソードではキルトではなく、ズボンを履いている姿が見られる。
*2 マガジンストーリーではを飼っており、愛犬には大事にされている模様。
*3 実際、の大群に囲まれた時に嫌そうな顔をしていた。
*4 だが、トップハム・ハット卿購入した拡声装置の所為で、酷い目に遭ってしまう。