Top > 無印からの変更点


無印からの変更点

Last-modified: 2018-12-22 (土) 22:18:58

新規キャラクター Edit

  • 今作では、物語の鍵を握るであろう、様々な武将が追加される。
    • 完全新規キャラクター
      • 玉藻前
      • 応龍
      • 哪吒(人型)
      • 九尾の狐
      • 渾沌
    • 新規コラボキャラクター
      • かすみ
      • ステルケンブルク・クラナッハ(ステルク)
      • ソフィーティア・アレクサンドル(ソフィーティア)
    • 真・三國無双シリーズのキャラクター
      • 徐庶
  • Special・Hyperで追加された4名も使用できる
    • レイチェル
    • 安倍晴明
    • 神農
    • 紅葉
  • 戦国無双 Chronicle 2ndで追加された藤堂高虎・井伊直虎・柳生宗矩はいない。
  • 真・三國無双6 Empiresから徐庶が追加されたがそれはあくまで三國6からの流用であり、
    三國7での新武将や新モーションの追加は無く既存武将は前作・無双OROCHI2のままである。
  • 理由は不明だが作り込む時間が取れたのか、これらキャラはOROCHI2無印のオリジナル・コラボキャラと違い、
    しっかり無双乱舞・奥義・皆伝の演出が原作のそれとほぼ同じになっている。

新モード Edit

  • ストーリー(フリー)モードに後日談やIF要素などの新章・新ステージが追加された。
    • 最終決戦の4章の後故に同じ難易度という点が気になるかもしれないが、
      相手特定武将が常時ハイパーアーマー、あるいはそれの上位に当たるウルトラアーマー持ち、
      4章以前とステータスが若干違うと言った要素で差別化、高難易度化が為されている。
  • 新モード

新アクション Edit

  • 全武将に空中タイプアクションが追加。
  • テクニックタイプに、被弾時に×ボタンを押すとステップで抜け出せる「回避ステップ」が追加。
  • トリプルラッシュ:3人の武将が切り替わりながら連続して攻撃を叩き込む三位一体のアクション。
    組み合わせによっては、特別なトリプルラッシュを繰り出せる。
  • 真・三國無双7にて搭載された自動馬乗り機能が新たに追加。
    • ただ十字キーの上を押しっぱなしにしないといけないため、初採用の三國7と比べると扱いにくい。
  • 真・無双バースト:戦闘スタイルチェンジで3人が共闘中、最大3人同時に真・無双乱舞(無双秘奥義)。
    • 周囲の友好度が高いNPC無双武将とも行える(最大6人)。

新システム Edit

  • 戦闘スタイルチェンジ:戦闘中に控え武将をNPCとして戦闘に参加させられる。
  • 転生・成長玉
    • 転生:レベル100になったキャラクターをレベル1に戻すことで、様々な特典が得られる。
      • 武将1人につき3回(ver1.05からは9回)まで可能。
    • 成長玉:転生後、レベルが1上がるごとに1つ手に入るステータス成長アイテム。
      • 玉1つにつき任意のステータスを2成長させられる。

カラーエディット Edit

ストーリーモード、フリーモード、真・無双の戦場 --- 8章・小田原城決戦クリアで解放
アンリミテッドモード --- 最初から可能

その他・細部 Edit

  • バランス調整が施されている。
  • トロフィーも完全新規のものになっている。
  • 新ドロップアイテム「開眼の書」が追加。
    • 30秒間、撃破した兵士がすべて巻物(経験値+300)をドロップする、まさしくフィーバー状態。
    • これにより、純然たる武将数増加と転生によるレベルリセットの負担が大幅に緩和されている。
  • 渾沌がプレイアブルキャラとなったので袁紹をヨイショする妖魔の名は「魍魎」になった
    (その他のシナリオでも渾沌から魍魎に変更されている)
    • 無印の追加シナリオ(DLC)「厳島撃退戦」にてプレイアブルキャラの渾沌が出現する
      清盛の手前に配置されているので一度会ってみては?