グラフと統計 (Graphs And Statistics)

Last-modified: 2016-12-23 (金) 08:29:30

原文 = http://ankisrs.net/docs/dev/manual.html#stats


目次



カードの情報

ブラウザーの使用中に、ツールバーの 情報 (Info) ボタンを押すことでカードの情報を表示することができます。ほとんどの情報は見れば一目瞭然です。いくつか解説します:

位置 (Position)
カードが新規カードの場合のみ表示されます。カードが表示される順序(他の新規カードとの相対順序)を表します。位置はブラウザーで変更できます。
間隔 (Interval)
ある復習から次回の復習までのディレイです。(訳注:以降は英語版に特有の説明。)時間の単位の表記は省略されています。"0s, 1m, 3h, 4d, 5mo, 6y" はそれぞれ 秒、分、時間、日、月、年を表します。
易しさ (Ease)
復習カードに "普通" ボタンを回答した場合の間隔のおよその増加量です。

統計

統計ウィンドウは、メインウィンドウの右上のグラフアイコンをクリックするか、Shift + S キーを押すことで利用できます。現在選択されている単語帳とサブ単語帳の統計情報が表示されます。左下の "コレクション" (collection) をクリックすると、代わりにコレクション全体についての統計が表示されます。

デフォルトでは前月の統計が表示されます。ウィンドウ下部で、一年間や全期間にわたる統計に変更できます。(冒頭の統計項目 "今日 (today)" は当然この選択の影響を受けません。)

画像として保存 (Save Image) をクリックすると統計の画像をデスクトップのファイルに保存し、他人と統計を簡単に共有できます。

ノート

ノートを削除する場合、削除されたカードの履歴も Anki に保持されます。単語帳を指定した統計を見る場合、削除されたカードの履歴は含まれません(Anki は削除されたカードがどの単語帳に所属していたかを知ることができないためです)が、コレクション全体についての統計を確認する場合には含まれます。

カードの種類 (Types of Cards)

統計ウィンドウの用語には、見慣れないものがあるかもしれません:

熟知 (Mature)
熟知したカードは 21 日以上の間隔のカードです。
未熟 (Young)
未熟なカードは 21 日よりも短い間隔で、かつ学習中でないカードです。
学習中 (learning)
学習中のカードはまだ学習モードにあるカードです(単語帳オプションで定義したどんな学習ステップでも)
再学習 (Relearn)
再学習中のカードは復習モードで間違ったため、再び学習モードに戻ったカードです。
新規 (Unseen)
新規 (unseen) カードはコレクションには追加されたものの、まだ学習モードに入っていないカードです。unseen カードは "新規" (new) カードと呼ばれることもあります(特に最初に表示されるための "新規" キューに入っている場合)。

今日

統計ウィンドウの上部には、今日に行った学習についてのテキストの短い統計情報が出ています。ここでの1回の "学習" とは、カードに対する1回の解答を指し、何度も復習する必要のあるカードは複数回カウントされ、回答した学習中のカードも同様にカウントされます。統計の中には、その意味がすぐにわからないものもあります:

忘却回数 (Again count)
これは解答に失敗した復習の回数(即ち、もう一回 (Again) を押した回数)です。その次に記載されている正解割合は、失敗しなかったカードの数を学習した全カード数で割った値です。
学習 (Learn), 復習 (Review), 再学習 (Relearn), フィルター (Filtered)
学習カード、復習カード、再学習カードを学習した回数と、期限切れでないカードをフィルター単語帳で学習した回数です。

ある日の統計は、学習プロセス全体についての良い指標ではありません。誰にでも良い日と悪い日があり、特定の日の正答率が低い値であったからといって心配する必要はありません。もし学習のやり方やスケジュール設定の変更を考えているのであれば、長期間にわたっての統計により有用な情報が含まれています。

今日 (today) の統計は、ウィンドウ下部で選択した期間には影響されません。

グラフ

予測 (Forecast)
このグラフは新規カードの学習や解答間違いがなかった場合に、ある日に期限切れとなる復習の推測数を示します。棒グラフと左軸はそれぞれの日に全てのカードを学習した場合に期限切れとなるカードの数を示し、折れ線グラフと右軸はまったく学習をしなかった場合に期限切れとなるカードの数を示します。注意点として、予測グラフでは現在既に期限切れとなっている復習はカウントされず、溜め込んだ復習が大きい場合にはその分のカードは表示されません。
復習した回数 (Review Count)
このグラフは過去に復習したカードの数を表します。画面の下部で選択した期間により、棒グラフは日、週、月を表します。色分けされたブロックは熟知、未熟、再学習、学び中のカードに回答した回数を示します。期限切れでないカードにフィルター/詰め込み学習帳で回答した学習も別グループとして示されます。折れ線グラフと右軸は種類別の累積的な復習数の時間発展を示します。(0 日では、グラフに表示された全期間にわたる復習数を示します。)
学習した時間 (Review Time)
このグラフは 復習カウント と同じように働きます。ただし答えたカードの数ではなく、カードに費やした時間を示します。
間隔 (Intervals)
このグラフはある間隔(復習間のディレイ)をもつカードの数を表します。折れ線グラフと右軸はある期間以下の間隔をもつカードが全体に占める割合を示します。このグラフの期間は他のグラフとは異なった効果をもちます:どのカードや期間が含まれるかを変更するというより、表示される間隔の最大値を制限します。(よって 14 ヶ月の間隔は 1年 のグラフには全く表示されません)。
時間ごとの分析 (Hourly Breakdown)
このグラフは時間帯ごとの思い出せた率(Again 以外を押した率)を表します。太くて黒い棒グラフと左軸は成功率です。細くて白い棒グラフと右軸はその時間帯に行った復習の数です。(よって結果がどれほど有意義であったのかを確認することができます。)
答えたボタン (Answer Buttons)
このグラフは、学び中/新規、未熟、熟知カードを学習する際に Again、Hard、Good、Easy ボタンを何回押したかを表します。またカードの種類ごとに、正解率も表示します。
カードの種類 (Cards Types)
この円グラフは単語帳やコレクションの何パーセントが熟知、unseen、未熟/学び中、保留 カードによって占められているかを表します。より正確なパーセンテージを計算したい場合は、グラフの凡例にカードの正確な数と、グラフの脇にカードの合計枚数が表示されています。

手動での分析

もし Anki が提供する以外の独自の統計から情報を取得するのに興味があるのであれば、いくつかの選択肢があります。

一つは 統計ウィンドウに別のグラフや更なる詳細を追加する アドオンを書く ことです。AnkiWeb には既にこの種のアドオンがいくつかあり、この種のアドオンがどのように動作するかについて知ることができるでしょう。

より協力でより複雑な方法は、Anki のデータベースから直接復習ログ情報を展開し、外部プログラムで分析することです。Anki は SQLite と呼ばれるデータベースフォーマットを使っています。SQLite データベース用のツールは数多くあります。使い始めるのが簡単なソフトの一つに SQLite Browser というものがあり、データベースの内容を確認したり、他のプログラムに入力するためにテーブルを CSV で出力することができます。

統計に関して最も重要なテーブルは 'revlog' テーブルであり、ユーザーが行ったそれぞれの復習の情報をもっています。コラムは次のようになっています:

id
復習が行われた時間であり、数字は1970年1月1日午前0時 (UTC) からのミリ秒での経過時間。(秒単位で表されたこの時間は "Unix時間" と呼ばれます。)
cid
復習されたカードのID。カードの詳細情報を入手するために cards テーブルのIDフィールドからこの数字を参照することができます。revlog エントリーが記録されたときと、情報を参照するときの間に、カードが変更されている場合があることに注意してください。これはミリ秒単位のカード生成時間になっています。
usn
復習の同期状態を追跡するのに使われ、分析時には有効な情報を提供しません。
ease
最後の復習のでどのボタンを押したか(1:もう一回、4:簡単)。
ivl
復習後に更新された新しい間隔。正の値は日で、負の値は秒(学習カード)です。
lastIvl
カードの復習までの間隔。最初に導入されたカードはもう一回 (Again) の遅延に等しい間隔をもちます。
factor
カードの100分率(n/1000)の易しさ倍率 (ease factor) 。この値が2500なら、次に普通 "Good" を押したときに学習間隔が2.5倍されます。
time
難易度ボタンを押す前にカードの質問と回答の面に費やした時間をミリ秒で示します。
type
学習カードは0、復習カードは1、再学習カードは2、詰め込み学習カードは3(期限切れではないがフィルター単語帳で学習しているカード)。