剣神天叢雲剣

Last-modified: 2020-10-28 (水) 18:01:14

武夜御鳴神のステータスを全てにおいて一回りパワーアップ。
元々高い火力がさらに上昇。必殺武器の必要気力は120のまま。空適応がB→Aに上昇。
最大射程や移動力も伸びたがマップ兵器が無くなってしまった点が痛い。

 

パイロット

  • 来栖川姫子
    SP:信頼, 1, 集中, 8, 幸運, 14, 癒し, 21, 覚醒, 28, 愛, 40
  • 大神ソウマ
    SP:ド根性, 1, 気合, 1, 必中, 5, 熱血, 10, 忍耐, 17, 激励, 28
  • 姫宮千歌音
    SP:鉄壁, 1, 心眼, 9, 熱血, 18, 気迫, 26, 決意, 36, 復活, 40

アップグレード

武夜御鳴神

剣神天叢雲剣

運用

装甲が2000とスーパー系の中ではかなり高い方なので、より堅牢なユニットに変化。
射程4の光芒(ビーム砲)が追加され遠距離に対しての反撃もできるようになり使いやすさが上がった。
また、移動力5になっているため移動後の実質射程自体は変わっていないので気にする事はないが1-2P武装を失っている。
必要気力と消費ENからほぼ使えなかったMAP兵器も無くなっており、少しだけ使い勝手は変化している。

 

アップグレード前からの最大の変化として、換装によってメインパイロットをソウマか千歌音にするか選べるようになっている。
ソウマ、千歌音どちらにも利点と弱点がそれぞれ存在している……が、基本的に好みで使っていいだろう。
ちなみにどちらをメインにしても「火力SPを覚えるメインと覚醒を覚えるサブ」という組み合わせになっているため、ボスに対して非常に強い。

 
  • ソウマで運用する場合
    以前の最大火力は接属性だったのに対して剣神天叢雲剣の最大火力は武属性なのでボス戦などでは切り払われる危険性がある。
    それ以外はアップグレード前と似た感覚で使える。不屈を持っており、切り払いレベルはこちらが上なのでSPを使わない前提で考えるならこちらがしぶとい。
    また、千歌音と比べると気軽に撃てるSPが多いため結果的に継戦能力が高くなっている。
     
  • 千歌音で運用する場合
    ダメージのない縛属性の武装が増え、ENが50上がる。一応ながら機体画像も変化する。
    千歌音は格闘と回避がソウマに比べて低いが、その他は上回っている。
    一見、射撃値は格闘特化機である剣神天叢雲剣には無意味に思えるかもしれないが、唯一の射撃武装である光芒が初期威力2100とわりと高めな数値のため、雑魚相手に意外と洒落にならないダメージを出せるため地味に有用な結果になっている。
    こちらを選ぶ最大の目玉は「千歌音が決意を覚える事」である。
    千歌音運用時の本機は決意と覚醒を両立かつメインサブで分担可能な機体の中で唯一のスーパー系となっている。
    そのため初期威力3500という破格すぎる火力を持つため硬いボスのHPを一機で削り取るというボスキラーの役割能力は、ロボダン実装機ではズバ抜けて優秀。
    実はもう一機だけ同条件で初期威力3500の最強技持ちの機体は存在しているのだが、あちらはC属性があるため連発できない事から考えなくてもいいだろう。
    また、最大火力の攻撃は武属性が消えて光属性に変化しているため切り払われる心配はなく、一部の敵にダメージが上がる。
    ただし千歌音の格闘値の都合上、決意を使わない場合はソウマより微妙に威力は落ちる事には注意。
    千歌音を選んだ時の最大の弱点は、最大の目玉でもある千歌音のSPそのもの。
    決意だけではなくそれ以外も有用な物を取りそろえている……と言えば間違いなく利点ではあるのだが、問題なのはそれら全てが一つ残らず消費が重い事である。
    具体的には鉄壁が気軽に使えないくらいに重い。
     

パーツ

基本的には好きなものを付けて問題ない。
相変わらず必殺技の燃費が悪いためジェネレーター系やENチップ、またはソーラーパネルを付けると良い。
千歌音の場合はSP消費が比較的多いので、ひとみのペンダントか光の勲章を付けておくと良いだろう。
無ければ使い捨てのSP回復系も選択肢に入る。

備考

原作漫画では、ソウマが姫子と共に搭乗。
アニメ版では、最終的に姫子と千歌音により運用され、ソウマが強化された武夜御鳴神に乗り換える事になる。