Top > AMX 50 Foch

AMX 50 Foch

Last-modified: 2018-06-09 (土) 13:01:11

france-amx50foch.png

Tier 9 フランス 駆逐戦車 Edit

公式紹介ページ

スペック Edit

HP1,550
車体装甲厚(mm)180/50/50
最高速度(km/h)50
重量/最大積載量(t)50.1/59.56
本体価格(シルバー)3,670,000
修理費(シルバー)

戦車パッケージ Edit

パッケージ名
(必要経験値/購入シルバー)
AMX50F155
(290,000/6,100,000)
AMX50Foch
(178,250/3,670,000)
Foch bis
(49,200/163,800)

詳細 Edit

パッケージ名エンジン武装履帯砲塔
出力弾種貫通力ダメージ総弾数弾代発射速度
照準時間
精度
旋回速度砲塔装甲旋回速度視認範囲HP通信範囲
AMX50FochMaybach HL 295120 mm AC SA46AMX 50 FochAMX 50 Foch1,550400
850*
*
*
*
*
*
*
*
*
64*
*G
*
6.45
*
*
26--/--/--26390
Foch bisSaurer120 mm AC SA46AMX 50 Foch bisAMX 50 Foch--
1,000*
*
*
257
325
65
400
400
515
**
*G
*
6.45
2.29
0.33
28--/--/--26390

解説 Edit

史実 Edit

1946年より研究が続けられてきた重対戦車自走砲の研究成果を基に1950年に、AMX-50の車体をベースにした戦車駆逐車として120mm対戦車自走砲が作られ、最初の試作車が完成の翌年に追加生産されました。
試作車は、IV号駆逐戦車のようなシンプルな形状の車体に120mm SA46を装備し、車体前面上部の機銃塔には20mm MG151機関砲が据えられていました。
この車両は、フランスの名将と謳われたフェルディナン・フォッシュから名前を取り、Canon Automoteur AMX 50 Foch(AMX50フォッシュ自走砲)と名付けられ、部隊配備された本車は、同年の戦勝記念軍事パレードに参加しましたが、さらに翌年の1952年から1953にかけての期間に全車両が退役したようです。
これは、AMX-50(100mm砲搭載)戦車に長距離からの砲撃支援を提供する目的で開発されたのですが、肝心のAMX-50自体が120mm砲の搭載を達成したため、同じ120mm砲を搭載する対戦車車両の必要性が失われたせいだとも、EDC(ヨーロッパ防衛共同体)構想に基づく、加盟国の兵器共通化計画が動き出したのが原因であるとも、あるいはその両方が原因であるとも言われていますが、ともあれ、本車が少数の試作車両以降、全く生産されなかったことだけは確かなようです。

フェルデナン・フォッシュは、第一次大戦で活躍したフランス陸軍元帥であり、イギリス陸軍元帥であり、ポーランド元帥も叙勲する、連合国軍人のトップに位置した人物で、大戦後は、ドイツ非武装監視委員会会長勤めた経歴を持っています。
「戦争の原則」や「戦時統帥論」などの著作を記していて、数多くの名語録を残しています。
特に、第二次大戦までの戦間期は20年の停戦であると述べ、これがまさに20年後にドイツのポーランド侵攻を当てた事で、かのチャーチルの回顧録に引用されるほどの名語録となりました。

コメント Edit

コメントはありません。 AMX 50 Foch/コメント?

お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White