Top > E 25

E 25

Last-modified: 2017-11-21 (火) 19:41:39

G48_E-25.png

Tier 7 ドイツ 駆逐戦車(課金戦車) Edit

公式紹介ページ

スペック Edit

車体

HP830
車体装甲厚(mm)50/30/30
最高速度(km/h)65
重量/最大積載量(t)26.23/29.0
本体価格(ゴールド)6,700
修理費(シルバー)

戦車パッケージ Edit

E 25
(6,700G)

詳細 Edit

パッケージ名エンジン武装履帯砲塔
出力弾種貫通力ダメージ総弾数弾代発射速度
照準時間
精度
旋回速度砲塔装甲旋回速度視認範囲HP通信範囲
E 25Maybach HL 230 TRM P307.5 cm Pak 42 L70E-25 KettenE-25830710
700AP
APCR
HE
150
194
38
135
135
175
60109
7G
98
20
1.50
0.30-0.34
44--/--/--44360

解説 Edit

時期は不明だが、名称が「E-25」から「E 25」に変更された。

史実 Edit

E-5、E-10、E-25、E-50、E-75、E-100は既存の戦車と置き換えつつも、各種構成部品を共通化し、生産性、メンテナンス性を統一し、また重量毎に戦車の標準化を行う計画、E(Entwicklung=ドイツ語で開発)計画と命名された。
本車両E-25はPz.Kpfw.III及びPz.Kpfw.IVと置き換えされる予定であった。

本車両はドイツ戦車には珍しく航空機メーカーであるアルグス社に開発が打診された。
E10とコンポーネントを共通化してあり、片側5輪の千鳥型転輪を持ち、後輪駆動で、エンジンは当初Maybach HL101(700馬力)を搭載予定であったが、技術的に問題があった為にアルグス社の新型エンジンを搭載する計画だったが、こちらも開発が遅れ、航空機用エンジンをパワーダウンさせて使用する計画に変更となった。
車体デザインはHetzerに酷似しており全方位にわたって装甲版が傾斜し、避弾径始を考慮されていた。
主砲には7.5cm PaK 39 L/48が選ばれたが、後にStuG IV/70(V)と同じ7.5cm Pak 42 L/70に変更され、最終的には開発中であった対装甲目標用の10.5cm砲が装備される事になった。
エンジンに関してはアルグス社のエンジンも間に合わない事からMaybach HL 230 TRM P30が採用された。
サスペンションは縦置きコイルスプリングで、履帯はパンターのものを使用する事になっていた。
開発に関わった会社はアルグス社の他にアルケット社、アドラー社、ポルシェも関わったと言う。
1945年にアルケット社によって試作車両が5台生産される予定であったが、そのまま終戦を迎え、工場には試作車両の組立中の車体があったと言う。 装甲板3両分が切り出されたのみだったと言う説もある。
カテゴリーは駆逐戦車だが、ドイツ軍が本車両に求めたのは偵察装甲車、弾薬運搬車としての役割もあった。
E-25の名前が示す通り重量は25t~50tの間である。

コメント Edit

コメントはありません。 E 25/コメント?

お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White