Top > M8A1

M8A1

Last-modified: 2017-10-18 (水) 01:08:19

usa.m8a1.png

Tier 4 アメリカ 駆逐戦車 Edit

公式紹介ページ

スペック Edit

車体

HP250
車体装甲厚(mm)29/29/25
最高速度(km/h)58
重量/最大積載量(t)14.92/16.2
本体価格(シルバー)130,000
修理費(シルバー)

戦車パッケージ Edit

パッケージ名
(必要経験値/購入シルバー)
T67
(10,500/400,000)
M8A1
(3,350/130,000)
T47E2
(3,200/35,850)
M8A1(57)GMC
(5,200/54,530)
M8A1(76)GMC
(5,100/55,030)

詳細 Edit

パッケージ名エンジン武装履帯砲塔
出力弾種貫通力ダメージ総弾数弾代発射速度
照準時間
精度
旋回速度砲塔装甲旋回速度視認範囲HP通信範囲
M8A1Twin Cadillac, Series 4275 mm AT Howitzer M3VVS T16M8A1250325
320HE
HEAT
38
91.4
175
110
4656
7G
16.22
1.89
0.52-0.51
3538/25/2518320
T47E2Twin Cadillac, Series 4275 mm AT Gun M3 L/37T36 E6M8A1250325
320AP
APCR
HE
92
127
38
110
110
175
4656
7G
56
14.29
1.89
0.43
4038/25/2518320
M8A1(57)GMCContinental R-975-C157 mm Gun M1 L/50T36 E6T87265420
350AP
APCR
HE
110
180
29
75
75
95
6650
7G
28
24
1.70
0.38
4038/25/2518320
M8A1(76)GMCContinental R-975-C176 mm AT Gun M7 L/50T36 E6T87265750
350AP
APCR
HE
101
157
38
110
110
175
4656
7G
56
14.29
1.70
0.43
4038/25/2518320

解説 Edit

史実 Edit

米陸軍が軽戦車ベースの75mm砲搭載の自走砲を数種発注した内、牽引式75mm榴弾砲(M1A1パックハウザー)を車載型に改良したM2もしくはその部分改良型M3をM7砲架に搭載したオープントップ砲塔をM5軽戦車の車体に搭載した自走榴弾砲の中で唯一制式化されたのがM8自走砲です。
1942年初めに陸軍が近接支援用自走砲の要求を出し、取り敢えずM3ハーフトラックに75mm榴弾砲を載せてT30HMCにしたのですが、全装軌車両を使った方が良いということでM5スチュアート軽戦車をベースとして流用され、砲塔を外して75mm榴弾砲を載せたT41を計画、試作されたT41は75mm砲をオープントップの車体に載せただけのものでしたが、乗員の防護が不完全という問題点が指摘されたため、モックアップのみが作られますが、そのまま新型のオープトップ全周囲砲塔に75mm砲を搭載したT47が提案されたため、T41はキャンセルとなります。
1942年4月にプロトタイプが完成、翌5月にはM8自走砲として正式化が決定し、そのまま9月から本格的なテストを行い、細部改修を加えて量産を開始、1944年1月まで1,778両が生産されました。
基本的に、M5軽戦車の車体に大型砲塔を載せた形になったため、車体はターレットリングが大きくなった関係で上面前部の操縦手・副操縦手用ハッチを設ける余裕がなくなったので、車体前面に大型の視察ドアが2枚新たに設けられました、ハッチがオミットされたのはオープントップなので良しとされた為の処置だそうです。
砲塔には、75mmM2短砲身およびM3で、砲弾は46発が車内に搭載、砲を挟んで右側に装填手、左側に砲手がつくことになっていました。
後期生産型には、車体側面にスカートが標準装備され、砲塔側面にはグローサー取り付け用ラックも装着されました。
砲架には駐退機が組み込まれており、後座長が165mmしかありません。俯仰角はマイナス20度からプラス40度、搭載弾数46発。発射可能弾はM41A1榴弾、M48榴弾、M64黄燐発煙弾、M66成形炸薬弾(装甲貫徹力91mm)など。照準器は砲右のM56・M70・M70D直接照準器、M12A5間接照準器、M1象限儀を装備しています。
1942年9月から1944年1月までにGM社キャデラック部門で1778両が生産。当初は中戦車大隊の中隊本部に装備される予定だったのですが、105mm榴弾砲搭載M4が登場したので、歩兵の近接支援用や市街戦用に使用されました。
M8自走砲はアメリカ軍以外ではイギリス軍や自由フランス軍部隊でも使用され、イギリス軍では米墨戦争の英雄であるウィンフィールド・スコット将軍に因んで「ジェネラル・スコット」と称されました。
自由フランス軍にも供与されたものは、インドシナ紛争に投入され、南ベトナム軍にも引き継がれて1960年代前半まで使用されていました。

ゲーム中に登場するM8A1は、主砲をシャーマンと同型の75mm砲に交換したものですが、試作のみで終わっています。

全長4.98m、全幅2.32m、全高1.87m、戦闘重量15.7t。装甲厚は車体前面上部29mm45度、下部44mm18度、側面29mm0度、後面25mm0度、上面13mm、砲塔防楯38mm0~60度、前面38mm0~63度、側後面25mm20度。エンジンはキャデラック社製シリーズ42水冷ディーゼルエンジン(110馬力)2基で、最大速度58km/h、燃料搭載量337リットル、航続距離160km。乗員4名。

コメント Edit

最新の5件を表示しています。 コメントページを参照

  • 小ちゃいヘルにゃんみたいな感じ。最終砲は貫通手数の57mmか、バランスの76mmか迷うが自分は56mmをお勧めします。 確かに攻撃力は低いけどそれを手数で補えるし、貫通力76mmと比べて「9」しか違うが、その9が大きい。低装甲、高機動AT2と思えばよろし -- 2014-10-23 (木) 14:02:28
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White