Top > せんし
HTML convert time to 0.007 sec.


せんし

Last-modified: 2017-10-05 (木) 11:38:34

せんし(戦士) Edit

おのれの にくたいと きたえられた ぶぐをたよりに たたかう せんし。
ぼうけんしゃのなかで もっとも じんこうがおおい しょくぎょう。

初期性能 Edit

スキル武器(剣)防具(鎧)その他(兜)隠しパラメータ
こうげききんりょく+10さいだいHP+50ぎりょう+10きゅうしょかいひ
ガードせんせいこうげき+40%けいげん+10%さいだいHP+50メッキ
せんぷうけんかいりき


こうげききんりょく依存の攻撃スキル 威力100CD0
ガード1T持続のけいげん(+50%)を付与CD1
せんぷうけんきんりょく依存・低命中率の攻撃スキル 威力800CD5


かいりき命中の低いスキルの威力がアップ(約1.5倍)
 
更新履歴(Ver1.4.3)
余談

評価 Edit

3/5 ★★★☆☆
10Fまでの攻略 3/5 ★★★☆☆
11F以降の攻略 3/5 ★★★☆☆

おすすめダンジョン:「ふうか」(メッキ所持でダンジョンのリスクを無効化)

命中率さえしっかり稼げば中盤まで安定 Edit

せんぷうけんの火力がひたすら強く、それさえ当てられれば8Fまでのボスは瞬殺可能。
きんりょくが伸び悩んでも、せんぷうけんの倍率のおかげでそこまで火力で困らない。
しかも「わざあり」の追加で命中を上げるついでにクリティカルを出しやすくなっているので、
準備さえ整えばトップクラスの瞬間火力を出せるようになる。
また、きゅうしょかいひを持っているのででんりゅう部屋では通常攻撃を受け付けなくなる。
これらの点を押さえておけば有利にゲームを進めることが出来るだろう。

後半が厳しい Edit

「かいひ」や「うけながし」をデフォで持たないので、後半ボスの超火力を凌ぐ術が乏しい。
きゅうしょかいひを利用したでんりゅう部屋戦法も状態異常に対してはそのままでは無力である。
また、火力をせんぷうけんに依存していると雑魚もタフになってきて雑魚連戦で息切れしやすくなる。
バリアを大量に持っている敵に対する対策も必須だろう。

対戦では工夫が必要 Edit

カルマの殿堂ではレベルアップしないので、HPを回復するにはきゅうそく部屋を引くかHP回復スキル、吸血効果を使うしかない。
頼みの綱のせんぷうけんも連発できるものではないのでカルマに挑むならハイヒーリングくらいは持っておきたい。

 

特徴 Edit

さいだいHPが2つにけいげん、職業特性できゅうしょかいひ。Ver1.4.3で新たにメッキも追加された。
直接攻撃と状態異常の両方に強く、単純な打たれ強さは全職業の中でも上位に位置する。
スキルもいわゆる「たたかう」と「ぼうぎょ」、必殺技とシンプルで分かりやすい。始めたばかりの人におすすめ。

ある程度進んだなら、ラボで筋力+30程付けておくと、開始直後の敵をこうげき1発で倒せるため安定する。

 

戦士という名の職業だが、素の攻撃力(きんりょく等)が特に高いということはない。
他の職業と一緒なので誤解しないように。強いのは能力値ではなくスキルである。
Ver1.4.0ではかいりきが実装され、低命中率スキルのエキスパートという個性がつけられた。
(と同時に、「せんしは力持ち」という設定面での補強もなされた)

 

短所は切り札のはずのせんぷうけんが、命中率が低く思うように当たらない点。
これをどう扱えばいいか考えさせるところまでを含めて初心者向け……なのかも知れない。
ver1.4.0で追加されたかいりきは威力アップのみで命中へのフォローはなし。
その分一発当てれば全て引っ繰り返せるので、いかにして当てるかが重要。

 

シンプル過ぎる故にプレイヤーの経験や技術が最も反映される職業でもあるので、
ゲームに慣れたプレイヤーにとっても腕試しに使うにはうってつけである。

オススメスキル、装備効果 Edit

イーグルアイ、フォーカス Edit

「いかにせんぷうけんを当てるか」の答えのひとつ。
特にフォーカスの相性が良い。

じどうついび Edit

かいひ、うけながし持ち対策。
+1以上で命中率自体も大きく上がり、せんぷうけんの補佐にもなる。いくせいで狙うのも手。

そげきしゅ Edit

「いかにせんぷうけんを当てるか」の答えのひとつ。必中という意味ではむしろ完全正解。
せんしは補助効果への依存度が比較的低い職業なので、ターン無消費スキルが無消費でなくなるデメリットにも強い。
他にも命中率の低い攻撃スキルを集め、防御面はシールド付与や回復などのスキルでまかなえばなかなか安定して戦えるようになる。
ただし下記のわざありとの併用は不可。

わざあり Edit

めいちゅうに比例してきゅうしょも上がる装備効果。
フォーカスを使えば確実にクリティカルを出せるようになるので積極的に狙っておきたいところ。
そげきしゅでは効果が無いので注意。

チャージ Edit

先制使用スキル。戦闘開始時に攻撃を仕掛けてダメージを与えることが可能なのでそれだけでも強力だが、
2ターンで再使用可能になるので回復・防御手段が充実しているなら通常攻撃手段としても使える。
てぎわのよさがあれば更に使い勝手が向上。

にんじゅつ Edit

クールタイムをすべてに1追加し、全スキルを一ターンに使える装備効果(※1)。
一見スキルの回転が遅くなりそうだが、実は無限スキル使用を防止するためのクールタイム追加であり、実質的には回転は上がると言える(※2)。
フルチャージ、きようらんと相性がよく、にんじゅつをつけるならどちらかはほぼ必須と言える。
クールタイム0のスキルをぼうぎょや様子を見ると交換し、活用すること。

※1・・・・・・この装備効果を付ける場合、結構なリロールが必要になるが、大抵5階までしつこく無理リロールをすると出てくる
※2・・・・・・スロー効果やうっかり沼などのマス目に入った時は早く終わる事を天に祈ろう。また反射を持つ敵に会ったら、HPがきょうらんなどで上がったいない限り、素直に逃げる事。きょうめんも効果的である。

ショットガン Edit

フルプレートメイルを着てショットガンを持った男になる。
ただしせんしの弱点であるバリア持ちに対してのメタになるのでネタ性だけでなく実用性も非常に高い。
かんつうのまのけいやくを所持していなければアミュレットを持ち込んでおくのも有りだろう。

HP回復系(ヒーリングなど) Edit

最大HPが高いので、最大HP依存で回復量が決まるHP回復スキルと相性が良い。


最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 揃うまで面倒だが、スキルせんぷうけんの他すべてクールタイム無しにして、忍術→狂乱→フルチャージでスキルを取ると60階はまあかたい。なお吸血+10以上の模様。(説明:忍術は結局全スキル使うので狂乱がノーリスク化。フルチャージはせんぷうけんを出し得技にする為) 例攻撃×2、つらぬきのやり、強化、せんぷうけんで -- 匿名? 2017-05-21 (日) 23:12:03
  • 追記:ラボで開発出来ない場合はとにかく忍術+クールタイム無しスキルで組むとまあまあ行ける。注意点は反射が天敵なのと、沼などのマス目が致命的。 -- 2017-05-21 (日) 23:18:05
  • 追記の追記:オススメの伝説の武器は、嵐の剣、安定して征伐のワンターンキルも可能になる。 -- 2017-05-21 (日) 23:20:31
  • 追記の追記の追記:つーか嵐の剣がなくとも忍術狂乱フルチャージで征伐とかは余裕で倒せる -- 2017-05-21 (日) 23:53:32
  • 微妙に痒い所に手が届かないが使ってて一番楽しい。 -- 2017-06-02 (金) 16:29:29
  • ラボで吸血+20%無信仰付ければ難度3以下は無双できるねこれ まさに初心者向け… -- 2017-07-05 (水) 21:54:25
  • この方、石化しないの? -- 2017-08-23 (水) 23:10:07
  • 鎧にショットガンは草 -- 2017-08-28 (月) 19:20:10
  • もしかしてぎりょうよりのほうがつよい? -- 2017-09-22 (金) 19:13:02
  • もちつけ ぎりょう寄りのスキルはきんりょく依存のスキルのような低命中スキルがなく、固有能力を生かせない あくまでサブ程度に考えるんだ -- 2017-10-07 (土) 10:08:05
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White